1. 2018/5/6

    毒素を入れない食生活、一日一食で20歳若返り

    一日一食への第4ステップ、 夕食だけにする

  2. 2014/6/20

    皮膚から侵入する経皮毒素

    殺虫剤や防虫剤の毒性は低いと言うけれど、幼児の脳が心配&…

  3. 2018/2/10

    玄米食のメリット・デメリット

    玄米食の利点と欠点⑩|酵素阻害剤は何故人間や動物にとって…

  4. 2017/9/2

    砂糖は現代の麻薬!

    砂糖ゼロ、肉類ゼロで暴走族が良い青年に!

最近の記事過去の記事

PR記事

ガンは治る?!革新的な毒血症理論過去の記事

2014/2/10

ガンに至る病気の第7段階/7段階、ガン(慢性でもとに戻れない組織の退化…

私たちの病気は「風邪」のような単純なものから始まり、様々な病気の形態をとりながら、組織を傷…

気付かない?身近にある毒素過去の記事

2019/1/19

化粧品は経皮毒で一杯!|ヘアカラー、パーマも命がけ!?

パーマ、ヘアカラーはどちらも毒物。少なくとも近い将来子供を産む予定がある人は、子供の将来の…

ランキング

毒だし・デトックス食材色々過去の記事

2018/12/18

ブラックジンガー玄米の抜群の毒だし・デトックス力

黒炒り玄米は無農薬の玄米を黒く炒ったもので、玄神とか玄心とか呼ばれています。細胞に活力をつ…
  • 『カイテキオリゴ』

スポンサード・リンク



カテゴリー

スポンサード・リンク



断食は究極のデトックス!

  1. 7. 「糖質を制限してケトン体エネルギーへ」の問題点

    間違った糖質制限食によるケトン体エネルギー産生は非常に危険な行為である。糖質で悪いのは、「ブドウ糖」…
  2. 6. ファスティング(断食)で産生される注目のエネルギー「ケトン体」

    ファスティング(断食)で産生される「ケトン体」3-ヒドロキシ酪酸は血液脳関門を通り、脳のエネルギーに…
  3. 5. ファスティング(断食)中のエネルギー源は何か?

    水しか飲まないファスティング(断食)をした場合、エネルギー源は炭水化物を代謝する解糖系からタンパク質…
  4. 4. 酵素入りファスティング法

    鶴見隆史先生が薦めるファスティングは、最初の6~8日間は「梅干しファスティング」、その後は「梅干し+…
  5. 3. ファスティングの人体への作用と医療効果|⑥ ファスティングによる様々な有効作用

    ファスティング(断食)には、a. 活性酸素の減少 b. ミトコンドリア系エネルギーの産生 c. ガン…

ピックアップ記事

  1. パーマ、ヘアカラーはどちらも毒物。少なくとも近い将来子供を産む予定がある人は、子供の将来のためにもし…
  2. よく噛むことは、全身を活性化させるのに大変重要な働きをしています。このよく噛むことの効用について、学…
  3. 新建材や家具、壁紙、接着剤にはホルムアルデヒド、トルエン、キシレン、メチルベンゼン、木材の保存には有…
  4. アルミニウム調理器具は、西ドイツ、フランス、ベルギー、イギリス、スイス、ハンガリー、ブラジルなどで販…
  5. 口の中の粘膜吸収は経皮吸収のなんと約13倍もの毒物を吸収する。ラウリル硫酸ナトリウムやプロピレングリ…
ページ上部へ戻る