肉のとり過ぎは命を縮める

肉のとり過ぎは命を縮める

肉をとり過ぎると胃腸で分解・吸収が完全にしきれず、腸内で腐敗し、大量の毒素(硫化水素・インドール・メタンガス・アンモニア・ヒスタミン・ニトロソアミン等)を作り出してしまいます。また、肉を食べ過ぎて食物繊維が不足すると、便の量が減り、便秘や停滞便の原因となります。やがて大腸ガンなどの生活習慣病を引き寄せるのです。また、肉に含まれる飽和脂肪はとり過ぎると高血圧・動脈硬化につながり、心臓病や脳梗塞など、死へとつながる大変危険な病気の原因となります。

肉類のとり過ぎは、高血圧や心臓病、脳卒中やガンを惹き起こす

戦後私たちの食生活は大きく変わりましたが、その大きな変化の一つに肉類を多くとるようになったことがあげられます。 […]…

肉食、脂肪のとり過ぎは要注意

■過食が破壊のエネルギーを産む 私たちの身の廻りには、 ・マクドナルドのハンバーガーやケンタッキーフライドチキ […]…

肉のとり過ぎはガンなど生活習慣病を引き寄せる

●日本での肉食の始まりは『薬食い(くすりぐい)』 日本ではもともと肉食の習慣は一般的ではありませんでした。 日 […]…

タンパク質のとり過ぎは腸内腐敗の大元!

■タンパク質とカルシウム 食物で摂取されたタンパク質は、腸で酵素や細菌により単純なアミノ酸にまで分解され、この […]…

人間より体温の高い動物の肉は血を汚す(2)

食物繊維とは、人間の消化エンザイムで分解することの出来ない難消化物のことで、代表的なものとしては、 ・植物に含 […]…

人間より体温の高い動物の肉は血を汚す(1)

新谷食事健康法では、穀物と野菜中心の食事をし、肉、魚、乳製品、卵などの動物性の食物はなるべく少なく(全体の15 […]…

脂肪はあなたを早く老化させる

グルメ番組がもてはやされています。 ゴールデンの時間帯に美味しそうな食べ物やそのお店が紹介されます。 石ちゃん […]…

タンパク質は不足していない–ガン・心臓病の最大の原因とは?

食生活が豊かになって、お魚やお肉が毎日の食卓に載らない日は本当に少なくなりました。 小さい頃からお魚はお肉を食 […]…

タンパク質は植物性がベター(4) 動物性蛋白質は獣性をとり込む…

今の私たちは、白いご飯、白いパンを食べているので、あまり植物性のタンパク質が取れていません。 その分を肉や卵な […]…

タンパク質は植物性がベター(3) 玄米は栄養と生命力の宝庫

長い間にわたり、人間は主に米、小麦、大麦、とうもろこしなどの穀類からタンパク質をとってきました。 しかし、私た […]…


スポンサード・リンク

■猛烈に毒だしする砂療法

砂療法の絶大な毒だし効果


砂の中に首だけ出して、ただ入っているだけで、猛烈な毒素が出て素晴らしい効果をもたらします。


結核やガンなどで治りにくいものでも、大変効果があります。 その他、
・神経痛、リウマチ、腰や肩の痛み 
特に皮膚病にも効果てきめんです。 どんな病気でもよくないというものはなく、非常に安全な療法です。


■断食は究極のデトックス!

断食は体本来の自然治癒力を呼び覚ます


現代人は悪い食事や環境汚染によって多くの有害物質が体内に蓄積しています。


解毒・排泄の仕事を担当する腸や肝臓などの臓器はオーバーワークを繰り返して疲労困憊の様相を呈しています。


断食することによってリセットされた内臓は、確実に機能がアップします。 解毒力が向上し栄養素の吸収力も高まっていきます。


オーストラリアFX