煙草やお酒で毒血症に…

煙草やお酒で毒血症に…

酒とタバコが最悪なものといえる最大の理由は、習慣性が強く、毎日飲まず(吸わず)にはいられなくなることが多いからです。毛細血管が収縮するため、細胞に酸素や栄養が補給されなくなる上、老廃物や腐敗物を排泄することが出来なくなるからです。細胞レベルでの新陳代謝不良により、様々な疾患を招くことになるのです。

酒とタバコは最悪の習慣である(1)

タバコをのむ人の肺は真っ黒だといわれます。 肺にタールが溜まるためです。 お酒も飲み過ぎると様々な健康被害を及 […]…

酒とタバコは最悪の習慣である(2)

タバコの害というと「肺」にタールが溜まることばかりが注目を集めていますが、それと同じくらい深刻なのが、全身の毛 […]…


スポンサード・リンク

■猛烈に毒だしする砂療法

砂療法の絶大な毒だし効果


砂の中に首だけ出して、ただ入っているだけで、猛烈な毒素が出て素晴らしい効果をもたらします。


結核やガンなどで治りにくいものでも、大変効果があります。 その他、
・神経痛、リウマチ、腰や肩の痛み 
特に皮膚病にも効果てきめんです。 どんな病気でもよくないというものはなく、非常に安全な療法です。


■断食は究極のデトックス!

断食は体本来の自然治癒力を呼び覚ます


現代人は悪い食事や環境汚染によって多くの有害物質が体内に蓄積しています。


解毒・排泄の仕事を担当する腸や肝臓などの臓器はオーバーワークを繰り返して疲労困憊の様相を呈しています。


断食することによってリセットされた内臓は、確実に機能がアップします。 解毒力が向上し栄養素の吸収力も高まっていきます。


オーストラリアFX