砂糖は現代の麻薬!

砂糖は現代の麻薬!

砂糖のとり過ぎで起こる可能性のある疾患を列記すると次のようになります。 糖尿病・低血糖症 ・ひどい便秘 ・膠原病(リウマチ、SLEその他) ・肥満 ・高脂血症 ・脂肪肝 ・心臓病 ・ 浮腫・ 子宮筋腫 ・月経困難 ・不妊 ・婦人科疾患 ・冷え性 ・流産 ・めまい ・メニエール氏病 ・子宮内膜症 ・湿しん(アトピー) ・奇形児出現 ・全ての皮膚病 ・アルツハイマー ・老年痴呆 ・腎臓病、腎障害 ・肝障害、肝炎 ・アレルギー性鼻炎 ・胃炎、腸炎、膵炎、肺炎、胆肝炎 ・癌 など非常に広範囲で多岐に渡ります。正に砂糖は現代の麻薬と言っても過言ではないでしょう。

砂糖やお菓子など甘いもののとり過ぎは毒

砂糖をとると、ブドウ糖が血液中に供給されるので、血糖値が一気に上昇して、大量のエネルギーが発生しますが、この高 […]…

砂糖のとり過ぎは毒、心身の歪みを生む(5)

近年、青少年の犯罪が増加し、低年齢化していく傾向にあります。 また、子供の肥満・メタボリックシンドロームも増加 […]…

砂糖のとり過ぎは毒、心身の歪みを生む(4) シミ、ソバカス

砂糖や単糖類・二糖類の取り過ぎ、それは肌にも現れてきます。 シミやほくろ、そばかすの多い女性が近頃多いのですが […]…

砂糖のとり過ぎは毒、心身の歪みを生む (3) ストマック・リアクション

砂糖は、実は、胃にも良くありません。 皆さんは「ストマック・リアクション」という言葉をお聞きになったことがあり […]…

砂糖のとり過ぎは毒、心身の歪みを生む(2) 低血糖症になりやすい

砂糖が身体にあまりよくないのは、第一には多糖類ではないからです。 糖分は大まかにいって、単糖類、二糖類、多糖類 […]…

砂糖のとり過ぎは毒、心身の歪みを生む(1)

最近の食生活では砂糖がふんだんに使われています。 特に、女性などは甘いお菓子に目がありませんし、料理の味付けに […]…

砂糖は現代の麻薬 砂糖病(3)

白砂糖のとり過ぎによる弊害は、残念ながら余り公にはされてません。 肥満児の増加、犯罪の低年齢化、青少年の非行の […]…

砂糖は現代の麻薬 砂糖病(2)

●砂糖は脳を狂わせる 頭脳は、人体の中で最もデリケートな器官であり、砂糖によって最も大きな打撃を受けるものであ […]…

砂糖は現代の麻薬 砂糖病(1)

めったに新聞やマスコミ、雑誌などでとり上げられることはありませんが、精製された砂糖のとり過ぎには大変な弊害があ […]…

甘い物のとり過ぎと減塩食品は最悪の組み合わせ!(2) 白砂糖とり過ぎの害

砂糖特に白砂糖は殆ど良いところがない、殆どありとあらゆる疾患を引き起こす可能性のある悪しき物質といっても過言で […]…


スポンサード・リンク

■猛烈に毒だしする砂療法

砂療法の絶大な毒だし効果


砂の中に首だけ出して、ただ入っているだけで、猛烈な毒素が出て素晴らしい効果をもたらします。


結核やガンなどで治りにくいものでも、大変効果があります。 その他、
・神経痛、リウマチ、腰や肩の痛み 
特に皮膚病にも効果てきめんです。 どんな病気でもよくないというものはなく、非常に安全な療法です。


■断食は究極のデトックス!

断食は体本来の自然治癒力を呼び覚ます


現代人は悪い食事や環境汚染によって多くの有害物質が体内に蓄積しています。


解毒・排泄の仕事を担当する腸や肝臓などの臓器はオーバーワークを繰り返して疲労困憊の様相を呈しています。


断食することによってリセットされた内臓は、確実に機能がアップします。 解毒力が向上し栄養素の吸収力も高まっていきます。


オーストラリアFX