カテゴリー:砂糖は現代の麻薬!

  • 甘い物のとり過ぎと減塩食品は最悪の組み合わせ!

    白砂糖の過多と自然海塩過少の組合せは最悪であり、血液の正常な組成を狂わせ、新陳代謝機能を滅茶苦茶にして、私たちを病苦に苦しませ、社会生活を大きく狂わせてしまう。
  • 砂糖中毒・砂糖依存症に御用心|砂糖は現代の麻薬!

    砂糖の甘さは大変刺激的です。その砂糖が曲者なのです。砂糖をとり過ぎると、女性性は劣化し、血液は酸性化しあらゆる病気の温床となり、心も蝕まれてきます。そして何よりも怖いことに、研究により動物実験で、砂糖に麻薬なみの依存性があることが明らかにもなってきました。砂糖(白砂糖など単糖類・二糖類)は正に『現代の魔薬』なのです。
  • 砂糖の代替品で砂糖離れを!

    白砂糖の過剰はビタミン不足、ミネラル不足と共に、細胞にも神経にもマイナスになる。殊に、カルシウムが不足すると、神経をイラつかせ、感情のアンバランスを起こしやすく、また、骨や爪等が脆くなる。砂糖代替糖の黒砂糖やハチミツ、羅漢果糖で砂糖中毒を回避しよう。
  • 砂糖中毒・依存症は深刻|腸内腐敗や内臓下垂、スタマック・リアクション等

    砂糖中毒・砂糖依存症の弊害は低血糖症や骨粗鬆症、女性性の劣化に止まりません。胃腸内で真菌が増殖し、胃炎、腸炎、大腸炎、食道炎といった消化器系が強い炎症を起こし、腸内腐敗が進み、全身に悪影響をもたらします。また、組織は緩みに緩み、胃腸管は緩みに緩み、胃も腸も下垂を起こします。
  • 砂糖中毒・依存症は深刻|腸壁のバリアーを壊し、アレルギーを引き起こす

    砂糖も腸壁を膨張させ、透過性を高めてアレルゲン物質を血液中に引き込みやすくする。腸管の透過性が増大し、食べ物が大きな分子のまま吸収されてしまう。牛乳や卵に大量の砂糖を加えたケーキやクッキーなどのお菓子類は、最もアレルギーを悪化させる食品の一つである。
  • 砂糖中毒・依存症は深刻|骨粗鬆症、肥満、めまい・浮腫、シミ・ソバカス

    砂糖中毒・砂糖依存症の大きな弊害の一つに骨粗鬆症がある。血液は酸性サイドに傾くと細菌・ウィルスの繁殖の土壌となり、様々な疾患に結びつく。そこで恒常性が働き、骨や爪、歯からカルシムを動員し、血液を弱アルカリサイドに戻そうとする。この為、爪は割れやすく、骨が脆くなっていく。
  • 砂糖中毒・依存症は深刻|低血糖症の弊害は致命的

    低血糖症によって細胞へのブドウ糖の供給が不足し、脳と体のエネルギーショック状態が引き起こされる。低血糖の影響は全身に及びますが、特に心臓・神経・脳への影響は重大。イライラ、癇癪、神経過敏、不安感、集中力欠如などの症状が現れる。大きな社会問題となっている子供や青少年の心身の異常さは、「低血糖症」が大きく関わっていると思われる。
  • 砂糖中毒・依存症は深刻|女性性が非常に劣化する

    砂糖中毒・砂糖依存症による弊害は深刻です。女性性が非常に劣化します。 母胎への弊害として、① 子宮、卵巣の発育不良 ② 子宮の収縮力減退 ③ 妊娠期間の延長 ④ 羊水過少症の発現 ⑤ 流産、早産の激増 等が挙げられます。
  • 砂糖中毒・依存症は深刻|砂糖の過食で起こる可能性のある疾患

    砂糖の過食には強酸性として害と極陰性としての害あり、砂糖の過食で起こる可能性のある疾患は、糖尿病・低血糖症 ・ひどい便秘 ・膠原病(リウマチ、SLEその他)・肥満 ・高脂血症・脂肪肝・心臓病 ・ 浮腫・ 子宮筋腫 ・月経困難 ・不妊 ・婦人科疾患 ・冷え性 ・流産 ・めまい ・メニエール氏病・子宮内膜症 ・湿しん(アトピー)・奇形児出現 ・全ての皮膚病 ・アルツハイマー ・老年痴呆・腎臓病、腎障害 ・肝障害、肝炎 ・アレルギー性鼻炎 ・胃炎、腸炎、膵炎、肺炎、胆肝炎・癌・脳卒中・痔・脱疽・高血圧症・関節炎その他全ての痛み・脱毛、白髪・膀胱炎・腎盂炎・胆石、腎石・骨粗鬆症・白内障・緑内障・気管支炎・菌血症・易感染症・水虫(白癬)・歯槽膿漏、虫歯・蓄膿症・中耳炎・外耳炎・耳鳴り・難聴・あらゆる神経疾患・パーキンソン氏病など数え切れない
  • 砂糖中毒・依存症による恐怖の体験談 “シュガーブルース”

    「シュガーブルース」は、著者ダフティが自分自身の体験から、砂糖のとり過ぎ・中毒によって引き起こされる様々な精神的・肉体的苦痛の実体と原因を述べた書籍。砂糖中毒・依存症にかかり、どんなひどい苦しみを味わってきたかを告白てしているものだけに、大変な説得力がある。

スポンサード・リンク



カテゴリー

スポンサード・リンク



断食は究極のデトックス!

  1. 7. 「糖質を制限してケトン体エネルギーへ」の問題点

    間違った糖質制限食によるケトン体エネルギー産生は非常に危険な行為である。糖質で悪いのは、「ブドウ糖」…
  2. 6. ファスティング(断食)で産生される注目のエネルギー「ケトン体」

    ファスティング(断食)で産生される「ケトン体」3-ヒドロキシ酪酸は血液脳関門を通り、脳のエネルギーに…
  3. 5. ファスティング(断食)中のエネルギー源は何か?

    水しか飲まないファスティング(断食)をした場合、エネルギー源は炭水化物を代謝する解糖系からタンパク質…
  4. 4. 酵素入りファスティング法

    鶴見隆史先生が薦めるファスティングは、最初の6~8日間は「梅干しファスティング」、その後は「梅干し+…
  5. 3. ファスティングの人体への作用と医療効果|⑥ ファスティングによる様々な有効作用

    ファスティング(断食)には、a. 活性酸素の減少 b. ミトコンドリア系エネルギーの産生 c. ガン…

ピックアップ記事

  1. 興奮毒性とは、グルタミン酸ナトリウムやアスパルテームなどの興奮性のある神経伝達物質による過剰な刺激に…
  2. 果菜であるキュウリ、ピーマン、トマト、ナス、オクラ、カボチャの下ごしらえのポイントについて簡単にまと…
  3. 下ごしらえによる毒だし・デトックスの方法(アク抜き、アク取り、さらす、板ずり)、効果について簡単にま…
  4. TBZ(チアベンダゾール)は、海外から輸入されるグレープフルーツ、レモン、オレンジ、バナナなどの輸入…
  5. 青梅の絞り汁を濃縮した梅肉エキスは、消化器いっさいの妙薬です。強力な働きをもっており、昔からの家庭薬…
ページ上部へ戻る