皮膚から侵入する経皮毒素

皮膚から侵入する経皮毒素

見過ごしていませんか?経皮毒の怖さを。 私たちが毎日使うシャンプーやリンス、石鹸、化粧品には有害化学物質の含まれているものが結構多いのです。 皮膚から経皮吸収された有害化学物質は、血液やリンパ液に乗って肝臓やなどの消化器、脳、骨など体中に運ばれることとなります。

化粧品に含まれる有害化学物質とその弊害(3) BHAとBHT、タール系色素、カドミウム

BHA(ブチルヒドロキシアニソール)は、発がん性が確認された為厚生省は使用を禁止しようとしたが、欧米からの圧力 […]…

化粧品に含まれる有害化学物質とその弊害(2) PG、グリセリン、塩化ベンザルコウム

プロピレングリコール(PG)は、保湿剤や乳化剤として広く日用品に使われています。 多くの日用品などに使用されて […]…

化粧品に含まれる有害化学物質とその弊害(1) CMに惑わされるな、ガラクタ化粧品が多い

テレビなどで流される一流化粧品メーカーのシャンプーやリンス、クリーム、リップスティックなどの化粧品。 日本のト […]…

化粧品は経皮毒で一杯!(3) 『落ちない口紅』に御用心!

今は、使われている原材料への不信感から流行が下火になっているかも知れませんが、「落ちない口紅」の抱える問題点に […]…

化粧品は経皮毒で一杯!(2) 乳液やクリームは、アレルギーや化学物質化敏症等の不安が

肌を美しくするためには、体の中からきれいにすることが最善の道だと思われます。 マクロビオティックが身についた女 […]…

化粧品は経皮毒で一杯!(1) ヘアカラー、パーマも命がけ!?

私たち日本人の黒髪、非常に美しいと私は感じるのですが、髪の色を染める方が非常に多くなってきました。 でもヘアー […]…

抗菌加工製品、抗菌剤で発疹やめまいの怖れが…

随分前のことになりますが、以前勤めていた会社で、物流倉庫の建設の携わったことがあります。 製品保管用の棚を搬入 […]…

殺虫剤や防虫剤の毒性は低いと言うけれど、幼児の脳が心配…

真夏の夜の定番品、蚊取り線香。 私は、除虫菊から作られた蚊取り線香が好きです。 電気蚊取りマットを一時使用しか […]…

新建材や家具、壁紙などシックハウス症候群に要注意!

身の回りに存在する極微量の化学物質に反応して、身体及び精神に様々な障害が引き起こされる症状を化学物質過敏症(C […]…

味がわからない、味覚破壊・味覚異常の若者急増の原因は『歯磨き剤』!?

口の中で使う歯磨き剤は経皮吸収というよりも粘膜吸収されると言った方がよいでしょう。 粘膜には角質層がないのでバ […]…


スポンサード・リンク

■猛烈に毒だしする砂療法

砂療法の絶大な毒だし効果


砂の中に首だけ出して、ただ入っているだけで、猛烈な毒素が出て素晴らしい効果をもたらします。


結核やガンなどで治りにくいものでも、大変効果があります。 その他、
・神経痛、リウマチ、腰や肩の痛み 
特に皮膚病にも効果てきめんです。 どんな病気でもよくないというものはなく、非常に安全な療法です。


■断食は究極のデトックス!

断食は体本来の自然治癒力を呼び覚ます


現代人は悪い食事や環境汚染によって多くの有害物質が体内に蓄積しています。


解毒・排泄の仕事を担当する腸や肝臓などの臓器はオーバーワークを繰り返して疲労困憊の様相を呈しています。


断食することによってリセットされた内臓は、確実に機能がアップします。 解毒力が向上し栄養素の吸収力も高まっていきます。


オーストラリアFX