ガンに至る病気の第1段階/7段階、細胞の衰弱

■病気は長年の不注意なライフスタイルの結果として現れる

「病気に見舞われる」という言葉があるように、私たちは病気に突然襲われるような感覚、考えを持っています。そして、世間で不知とされている病気に見舞われますと、自分の不幸、不運を嘆きます。しかし、どんな病気も長年の間の不注意なライフスタイルの結果として現れてくるもので、突然襲ってくるものではないのです。

これは、朗報です。確かに長い間慣れ親しんだライフスタイルを変えていくことは、ちょっと大変です。しかし、手遅れにならなければ、ライフスタイルを変えることによって、不治と思われた病気からも解放され、それ以前よりずっと健康に慣れるのですから…

以下、「ガンに至る病気の七段階レベル」について、「50代からの超健康革命」松田麻美子著よりご紹介したいと思います。



どんな病気も、長年の間の不注意なライフスタイルの結果として現れてくるもので、突然襲ってくるものではありません。

二十世紀始めに活躍したナチュラル・ハイジーンの医師ジョン・H・ティルデン医学博士が、病気は第一段階から最後の第七段階(ガン)に至るまで、非常に長い年月をかけて漸進的に進行していくと、その画期的な著書『毒血症が語るもの』に記しています。

最終段階に至る前であれば、どの段階でも病気の根本原因(誤った食習慣やライフスタイル)が取り除かれると、痛みや苦痛は止まり、病気の進行を止めることができます。この七つの段階とその警告サインについて精通すれば、あなたは自分の健康を意のままにコントロールすることが出来るようになり、肥満や病気に苦しむようなことはありません。

病気の原因を取り除かず、不快な症状を抑えるために薬が用いられると、たとえ症状が消え病気が治ったように見えても、病気は進行し続け、容赦なく次の段階へと進んでいくことになります。

■ガンに至る病気の第1段階

病気はまず『細胞の衰弱』から始まります。体のエネルギーが低下してしまうと、体はノーマルな作業をすることが出来なくなります。衰弱の最大の要因は睡眠不足です。

睡眠が不足すると、神経エネルギー(体の全ての機能をコントロールしている脳のエネルギー)が十分に作られなくなるため、体は食べ物の消化や代謝機能が低下し、食欲不振や疲労を感じるようになります。老廃物の排泄、血液循環などが円滑に行なわれなくなるため、有害物質が排泄されるよりも、作られるスピードの方が早くなってしまいます。

これらの老廃物が円滑に捨てられないと、毒素となって体内に堆積し、病気は次の段階へと進展していきます。

【出典】「50代からの超健康革命」松田麻美子著

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサード・リンク



カテゴリー

『カイテキオリゴ』

断食は究極のデトックス!

  1. 7. 「糖質を制限してケトン体エネルギーへ」の問題点

    間違った糖質制限食によるケトン体エネルギー産生は非常に危険な行為である。糖質で悪いのは、「ブドウ糖」…
  2. 6. ファスティング(断食)で産生される注目のエネルギー「ケトン体」

    ファスティング(断食)で産生される「ケトン体」3-ヒドロキシ酪酸は血液脳関門を通り、脳のエネルギーに…
  3. 5. ファスティング(断食)中のエネルギー源は何か?

    水しか飲まないファスティング(断食)をした場合、エネルギー源は炭水化物を代謝する解糖系からタンパク質…
  4. 4. 酵素入りファスティング法

    鶴見隆史先生が薦めるファスティングは、最初の6~8日間は「梅干しファスティング」、その後は「梅干し+…
  5. 3. ファスティングの人体への作用と医療効果|⑥ ファスティングによる様々な有効作用

    ファスティング(断食)には、a. 活性酸素の減少 b. ミトコンドリア系エネルギーの産生 c. ガン…

ピックアップ記事

  1. パーマ、ヘアカラーはどちらも毒物。少なくとも近い将来子供を産む予定がある人は、子供の将来のためにもし…
  2. よく噛むことは、全身を活性化させるのに大変重要な働きをしています。このよく噛むことの効用について、学…
  3. 新建材や家具、壁紙、接着剤にはホルムアルデヒド、トルエン、キシレン、メチルベンゼン、木材の保存には有…
  4. アルミニウム調理器具は、西ドイツ、フランス、ベルギー、イギリス、スイス、ハンガリー、ブラジルなどで販…
  5. 口の中の粘膜吸収は経皮吸収のなんと約13倍もの毒物を吸収する。ラウリル硫酸ナトリウムやプロピレングリ…
ページ上部へ戻る