「よく噛むこと」は健康・美容・長生きの秘訣!(1)

毎日の食事、よく噛んで頂いていますか?

忙しい朝は、食事を胃袋にかき込み、スタートダッシュしていませんか?

『よく噛む』ということについては、実は、思いがけない効用があるのです。

がんを予防するためには、食事をするときにゆっくりと良く噛むことが大切なのです。

約30回(30秒)で、毒性が1~2割に薄まるといわれます。

がんの患者さんに対する食事指導として、一口200回噛むことが上げられています。

ナチの捕虜収容所で非常に貧しい食事の中、よく噛んだ方二人だけが生き残った、という逸話もあります。

『よく噛む』ことには

1. がんを予防する
2. 暴飲暴食を防ぎ、肥満予防となる
3. 内臓の働きを助ける
4. 大脳の働きを活発にする
5. 精神が安定する
6. 良い歯を作る
7. 姿勢が正しくなる
8. 視力が回復してくる

など、驚くほどの効用があります。

一口30回~50回噛むようにしましょう。健康・美容・長生きの秘訣の一つです。

daeki-sen01

・http://www.zeria.co.jp/all/all03_03.html より

各項目についてご説明致しましょう。

1. がんを予防する

噛むことに専念してがんや病気が治ったという話を聞きます。

現在、日本の死亡率のトップを占めるのはがんで死因の30%余りを占めています。

その原因ははっきり究明されていませんが、色々な発がん物質と呼ばれているものは解ってきています。

その発がん物質の毒性に唾液を加えるとほとんど消えてしまったという実験結果を出した研究チームがあります。

唾液の中の約15種類の酵素郡が毒性を消す働きをしているらしいとわかって来たのです。

唾液は、正常では一日1~1.5リットル程度(安静時唾液で700~800ミリリットル程度)分泌されます。

その成分の99%以上が水分であり、残りの1%に殺菌・抗菌作用もつ

・リゾチーム、ラクトフェリン、免疫グロブリンのIgA
・ヒスタチン、ペルオキシダーゼ、アグルチニン、ディフェンシン
・でん粉を分解するβアミラーゼ

などが含まれます。

唾液に含まれるペルオキシダーゼには、がんの引き金となる活性酸素を抑制する効果があるとされ、またがんだけでなく、

・心筋梗塞、脳卒中、動脈硬化、糖尿病

などの生活習慣病にも有効だといわれています。

がんを予防するためには、食事をするときにゆっくりと良く噛むことが大切なのです。

約30回(30秒)で、毒性が1~2割に薄まるといわれます。

がんの患者さんに対する食事指導として、一口200回噛むことが上げられています。

また、噛むことにより重病を克服し、フレッチャーイズムという健康法を提唱したフレッチャー氏は、ネギ一切れを700回も噛む徹底ぶりだったそうです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサード・リンク



カテゴリー

『カイテキオリゴ』(赤ちゃんページ)

断食は究極のデトックス!

  1. 7. 「糖質を制限してケトン体エネルギーへ」の問題点

    間違った糖質制限食によるケトン体エネルギー産生は非常に危険な行為である。糖質で悪いのは、「ブドウ糖」…
  2. 6. ファスティング(断食)で産生される注目のエネルギー「ケトン体」

    ファスティング(断食)で産生される「ケトン体」3-ヒドロキシ酪酸は血液脳関門を通り、脳のエネルギーに…
  3. 5. ファスティング(断食)中のエネルギー源は何か?

    水しか飲まないファスティング(断食)をした場合、エネルギー源は炭水化物を代謝する解糖系からタンパク質…
  4. 3. ファスティングの人体への作用と医療効果|⑥ ファスティングによる様々な有効作用

    ファスティング(断食)には、a. 活性酸素の減少 b. ミトコンドリア系エネルギーの産生 c. ガン…
  5. 3. ファスティングの人体への作用と医療効果|⑤ ファスティング中の宿便と好転反応

    ファスティングすると、細胞便秘(毒素細胞=脂肪細胞や重金属、糖化物その他)がアポトーシスして崩壊物と…

ピックアップ記事

  1. 食品添加物と全く縁のない生活は現実的には無理。その危険性を少しでも少なくするための6つのポイントは …
  2. 今は食品添加物に無関係ではおられない私たちの食生活...。でもやっぱし添加物の危険性は避けたいです。…
  3. 食品添加物の平均摂取量、分類、安全性検査上の問題点、食品添加物の危険性・毒性(発ガン性、アレルギーや…
  4. 味の素の成分はグルタミン酸ナトリウム(MSG)という化学物質で、これは天然のものにも多く含まれていま…
  5. 二年ほど前、福岡県内の養豚農家で起きた事件。母豚のお産で死産が相次いだのだ。やっと生まれたと思ったら…
ページ上部へ戻る