●日本での肉食の始まりは『薬食い(くすりぐい)』

日本ではもともと肉食の習慣は一般的ではありませんでした。日本では、牛肉を食用としたのは、牛が持ち込まれた縄文時代から弥生時代頃と言われています。牛肉が伝えられた経路は、ユーラシア大陸から朝鮮半島を経てのようです。

しかし、飛鳥時代以降は仏教の影響か「肉食禁止令」が発令され、牛肉をはじめとする肉食が禁じられるようになりました。それからしばらくの間、牛は農耕や運搬にのみ使われるようになったそうです。戦国~江戸時代になると、外国人の影響を受けるとともに健康回復や病人の養生の為のいわゆる「薬喰い(くすりぐい)」として肉食が始まりました。

最も牛肉忌避の強かった江戸時代にも、牛肉は「滋養強壮の薬」として比較的広く食べられていたようで、江戸市中には「獣肉屋」「ももんじい屋」と呼ばれる獣肉専門店があり、けっこう繁盛したそうです。大正時代では日常的に食されるようになり、現在ではわれわれ日本人にとって欠かせない食材となっています。

戦後日本では、GHQ(連合軍司令部)の思惑と、アメリカ風の生活を進歩と見る風潮が重なり合って、食生活の改善(実は、改悪)が奨励されてきました。米を主食とする日本の伝統食は、欧米の食事に比較して栄養的に問題があるとされ、また、欧米人並みの体位への向上を図るため、動物性タンパク質を多くとる食生活のスタイルが植えつけられていきました。そのため、肉や卵、牛乳やバターといった高タンパク質食品が急速に普及してきます。

なかでも、肉の消費量は驚異的な勢いで増加していくことになります。
・1,955年  20万トン足らず
・1,965年 100万トン(小麦食が定着) 10年間で5倍増
・2,002年 560万トン        50年間で30倍増 何と、50年間で30倍にも増えたのです。

beef07

●肉のとり過ぎは心臓病や脳梗塞を引き寄せる

しかし、現在では、西洋でも多くのベジタリアンを生むほど、肉食の問題点が明らかになりつつあります。ガンや糖尿病、動脈硬化や脳梗塞、痛風や関節炎、脂肪肝など、肉のとり過ぎに関係があるとされる疾病は枚挙にいとまがありません。

肉は確かに美味しいです。肉が美味しいのは、そこに脂肪が含まれているためです。肉の主成分はタンパク質と脂肪ですが、分子構造上、高分子のタンパク質には味が無く、低分子の脂肪は味があるので美味しく感じる訳です。牛肉でも豚肉でも、ロースの方がモモ肉よりも美味しく感じるのは脂肪が多いからです。

しかし、実はこの脂肪が曲者なのです。

牛や豚や鳥の体温は、人間より高い38.5~40℃、鶏の体温はされよりもさらに高い41.5℃です。こうした人間より高い体温の動物の脂は、その温度でもっとも安定な状態にあるということです。つまり、それよりも体温の低い人間の体内に入ったときにはベタッと固まってしまうのです。

この脂のベタツキが、血液をドロドロにしてしまうのです。ドロドロになった血液は、流れが悪くなり血管の中で停滞したり詰まったりします。そのため肉をとり過ぎると高血圧や動脈硬化につながり、心臓病や脳梗塞など、死へとつながる大変危険な病気の原因となります。

・脳梗塞を早く見つけるためのポイント
nou-kousoku01
・http://no-kosoku.net/sign/index.html より

●肉のとり過ぎは血を汚す

肉をとり過ぎると胃腸で分解・吸収が完全にし切れず、不完全な消化物(残渣)は悪玉菌(ウエルシュ菌や大腸菌など)によって腸内で腐敗し、大量の毒素(硫化水素・インドール・メタンガス・アンモニア・ヒスタミン・ニトロソアミン等)を作り出してしまいます。

ガスや毒素は、腸内環境を悪くするだけでなく、更に大腸の粘膜から血中に入り、身体に悪影響を及ぼします。血液が汚れると、血行障害やリンパ腺の鬱滞を起こします。血液の流れが悪くなると、皮膚から心臓血管まであらゆる身体の機能を低下させ、新陳代謝がスムーズに行なわれなくなります。

すると、最初にその人の生まれつき持っている遺伝的に弱い臓器や組織が刺激を受け、これが様々な炎症や病気の発生原因となったり、ガンを引き起こすと考えられます。

●肉食を続けると腸相は悪化し、ガンなど様々な生活習慣病を引き寄せる

肉には食物繊維がなく脂肪やコレステロールを大量に含んでいる為、肉食を続けると腸相が悪くなります。肉を沢山食べて食物繊維が不足すると、便の量が減り、便秘や停滞便の原因となります。

keishitu01

少ない便を排出するために、腸が必要以上に蠕動しなければならなくなります。そして、過剰な蠕動運動により腸壁の大部分を構成する筋肉が鍛えられて厚く大きくなり、固く短くなっていきます。腸壁が厚くなると内腔は狭くなり、腸内の圧力が高くなると、中から外に向かって粘膜が押し出されるという現象が起こります。この現象が「憩室」と呼ばれるポケット状の窪みを作り出し、ただでさえ量の少ない便は腸の中を進むのが難しくなります。

その結果、腸の中に長く停滞する「停滞便(宿便)」が溜まっていきます。その停滞便は腸壁のこびりつくように溜まるのですが、そこに憩室があれば、そのポケット状の窪みに停滞便が入り込み、さらに排出されにくくなります。憩室やひだの間に溜まった停滞便は毒素を発生し、その部分の細胞に遺伝子変化を起こさせ、ポリープを作り出します。そしてポリープが成長し、ガン化していくのです。

実際には腸相の悪い人の多くが、子宮筋腫、高血圧、動脈硬化、心臓病、肥満、乳ガン、前立腺ガン、糖尿病などいわゆる「生活習慣病」を発病しているのです。

(参考) 「病気にならない生き方」新谷 弘美著 「肉食が地球を滅ぼす」中村 三郎著

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサード・リンク



カテゴリー

カイテキオリゴ

断食は究極のデトックス!

  1. 7. 「糖質を制限してケトン体エネルギーへ」の問題点

    間違った糖質制限食によるケトン体エネルギー産生は非常に危険な行為である。糖質で悪いのは、「ブドウ糖」…
  2. 6. ファスティング(断食)で産生される注目のエネルギー「ケトン体」

    ファスティング(断食)で産生される「ケトン体」3-ヒドロキシ酪酸は血液脳関門を通り、脳のエネルギーに…
  3. 5. ファスティング(断食)中のエネルギー源は何か?

    水しか飲まないファスティング(断食)をした場合、エネルギー源は炭水化物を代謝する解糖系からタンパク質…
  4. 4. 酵素入りファスティング法

    鶴見隆史先生が薦めるファスティングは、最初の6~8日間は「梅干しファスティング」、その後は「梅干し+…
  5. 3. ファスティングの人体への作用と医療効果|⑥ ファスティングによる様々な有効作用

    ファスティング(断食)には、a. 活性酸素の減少 b. ミトコンドリア系エネルギーの産生 c. ガン…

ピックアップ記事

  1. 興奮毒性とは、グルタミン酸ナトリウムやアスパルテームなどの興奮性のある神経伝達物質による過剰な刺激に…
  2. 果菜であるキュウリ、ピーマン、トマト、ナス、オクラ、カボチャの下ごしらえのポイントについて簡単にまと…
  3. 下ごしらえによる毒だし・デトックスの方法(アク抜き、アク取り、さらす、板ずり)、効果について簡単にま…
  4. TBZ(チアベンダゾール)は、海外から輸入されるグレープフルーツ、レモン、オレンジ、バナナなどの輸入…
  5. 青梅の絞り汁を濃縮した梅肉エキスは、消化器いっさいの妙薬です。強力な働きをもっており、昔からの家庭薬…
ページ上部へ戻る