生活習慣や自覚症状から毒素人間度をチェックしてみませんか?

体の中に毒がたまってると言われても、ピンとこない人は多いはず。

しかし、ちょっとした自覚症状、あるいは、日々の何気ない生活習慣から、毒素がどのくらい蓄積されているのかの目安は読み取れるのです。

設問を読んで、あてはまるものをチェックしてみませんか。

●生活習慣について●

□毎日の生活で、比較的ストレスが多いほうだ

□運動が苦手で、積極的にはしない

□紫外線を浴びる機会を避けられない

□睡眠不足が慢性的で、いつも眠気がつきまとう

□油っこいものが好物

□毎日のようにアルコールを飲む

□眠れないことは珍しくない

□いつも空調のきいた部屋で快適に過ごしている

□あまり水分を取らないほうだ

□家の水道水は浄水していない

□魚介類は、調理するより生で食べる方が好き

□スナック菓子をつい買ってしまう

□野菜を積極的に取っていないと思う

□歯に金属の詰め物がアル

□たばこを吸う

□早食いが身についている

□夜おそく食事をすることが多い

□近くに喫煙する人がいる

生活習慣病発症のイメージ図

seikatu01

・http://www.saikokuhoren.or.jp/pages/02_0902.html より

●自覚症状について●

□何についてもイライラしやすい

□キレやすいほうだ

□集中力が続くことがなく、気持ちが散漫になることが多い

□落ち込みやすい

□しびれることがある

□シミが増えた

□舌がうまく回らない

□抜け毛が多い

□慢性的に頭痛がある

□肩こりが頻繁だ

□目が疲れやすい

□めまいをよく起こす

□倦怠感がある

□食欲不振ぎみだ

□冷え性である

□むくみやすい

□肌荒れがひどい

□ニキビに悩まされている

□便秘がちだ

□下痢しやすい

□筋肉痛がある

□関節痛に悩んでいる

□腰痛もちだ

□風邪をひきやすい

neck pain


☆診断してみよう☆

2つの診断表をそれぞれチェックしたら、その合計数を計算します。

それが、「毒素人間度」を知る手がかりになります。

また、「自覚症状」と「生活習慣」のどちらかにチェックが偏る場合は、生活の見直しをするようにしましょう。

■0~5■毒素人間度40%未満

あなたの体はとてもコンディションがよく、体内もきれいに浄化されています。

日頃から健康に対する意識が確立されており、きちんと実践されていると思われるので、この状態を保ち、ヘルシーライフを続けましょう。

■6~15■毒素人間度40%~80%

まだ重大な問題にはなっていませんが、体内は確実に汚染が始まっています。

今の生活を続けていれば、いつか体は赤信号を発することになるでしょう。

この結果を十分に自覚し、デトックスで体内から改善していきましょう。

■16以上■毒素人間度80%以上

体内汚染はかなり進んでいると思われます。

今の状況を見直さなければ、いつ生活習慣病になってもおかしくない状況です。

でもまだ遅くはありません。

今すぐ毒消し生活を実践すれば、少しずつ体内浄化されるはずです。

(出典)デトックス完全マニュアル 大森隆史著 より抜粋

karuizawa01

・http://dacapo.magazineworld.jp/lifestyle/beauty/28739/ より

関連記事

コメント

    • あーみん
    • 2017年 6月 12日

    私は、おならが止まらなくて、勝手に出て、我慢もできません。
    おまけにクサイし、本当に止まらなくて。
    みんな迷惑だと思います。
    あるところで、腸内に毒素が溜まってるとのことです、
    どの記事に載ってますか?

      • detox88
      • 2017年 7月 12日

      コメントありがとうございます。ご返事遅くなってすみません。酷く臭いおならの主要な原因として、動物性の肉類、油ものやアルコールをよくとるようになり、消化に負担がかかり腸内環境が悪化することがあげられます。おなら、体臭・口臭が異常に臭い関連する記事をPR記事の処にあつめてみました。ご参考になれば幸いです。関連する記事は、http://www.benpi-qq.com/?cat=17 によくまとめられているようです。以上、お役に立てば幸いです。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサード・リンク



カテゴリー

『カイテキオリゴ』(赤ちゃんページ)

断食は究極のデトックス!

  1. 7. 「糖質を制限してケトン体エネルギーへ」の問題点

    間違った糖質制限食によるケトン体エネルギー産生は非常に危険な行為である。糖質で悪いのは、「ブドウ糖」…
  2. 6. ファスティング(断食)で産生される注目のエネルギー「ケトン体」

    ファスティング(断食)で産生される「ケトン体」3-ヒドロキシ酪酸は血液脳関門を通り、脳のエネルギーに…
  3. 5. ファスティング(断食)中のエネルギー源は何か?

    水しか飲まないファスティング(断食)をした場合、エネルギー源は炭水化物を代謝する解糖系からタンパク質…
  4. 3. ファスティングの人体への作用と医療効果|⑥ ファスティングによる様々な有効作用

    ファスティング(断食)には、a. 活性酸素の減少 b. ミトコンドリア系エネルギーの産生 c. ガン…
  5. 3. ファスティングの人体への作用と医療効果|⑤ ファスティング中の宿便と好転反応

    ファスティングすると、細胞便秘(毒素細胞=脂肪細胞や重金属、糖化物その他)がアポトーシスして崩壊物と…

ピックアップ記事

  1. 本マグロの可食部はせいぜい60%程度で、脂が一番多くのっているトロは少ないのが普通。最高級のクロマグ…
  2. 殆どのコーヒーフレッシュが菜種油などの植物性油脂を主原料としたもので、決して本物のミルクではないもの…
  3. 食品添加物が増加すると共にガン患者も相当な勢いで増加している。データとグラフで説明。薬品の複合使用は…
  4. 沖縄県民が長寿だった頃は、大豆食品の摂取量は世界一であり、そのためか乳ガン、前立腺ガン、大腸ガン、卵…
  5. BHA(ブチルヒドロキシアニソール)とBHT(ブチルヒドロキシトルエン)は、油脂、バター、魚介乾製品…
ページ上部へ戻る