合成界面活性剤は人間の体にもっとも危険な化学物質、内臓破壊、妊娠率低下、催奇形性など

合成界面活性剤などの入ったシャンプーや石鹸、ボディソープで洗髪したり体を洗ったりしていると、合成界面活性剤が皮膚などから浸透していきます。合成界面活性剤の浸透力は恐ろしく、赤ちゃんを育てる胎盤にまで浸透し、子宮に蓄積されると言われています。

合成界面活性剤使用のシャンプーは、頭皮から侵入し血液を通り子宮にまで届くと言われ、ある妊婦さんはお産の時の羊水の色がブルーだったということも耳にします。赤ちゃんは合成界面活性剤入り羊水にいることにより、アトピー性皮膚炎、アレルギー、喘息になってしまうリスクが高まります。

以下、〝知られざる「合成洗剤」 体への打撃〝よりご紹介します。

合成洗剤(洗濯用、台所用、合成シャンプーを総称して)には、一体何が配合されているのでしょうか?まず、主剤である合成界面活性剤があります。実は、これこそが人間の体にもっとも危険な化学物質と言われています。

その理由を説明する前に、私たちが普段なにげなく行っている洗濯などの「洗浄」について知っておく必要があります。「洗浄」すなわち、汚れをとるには、水に溶ける汚れだけなら水で十分なのです。

kawanai-sengen01


しかし、殆どの汚れは水に溶けにくい油との複雑な複合した汚れであり、水だけでは十分に汚れが落ちません。そこで、水と油のように本来なじまないもの同士をなじませる働きを持つ物質、界面活性剤を使用することで洗浄効果を高めようとした商品が石鹸であり、合成洗剤なのです。従って、界面活性剤が配合されない洗剤はあり得ないのです。

でも、石鹸と合成洗剤では体に与える打撃が大きく違ってきます。同じ界面活性剤の働きがありながら、石鹸は天然の原材料から作りだした界面活性剤そのものです。一方、殆どの合成洗剤は石油分解ガスから化学的に合成した界面活性剤を配合したものです。

各メーカーの合成洗剤は、1~2000種類あるとされる合成界面活性剤を混合して洗浄効果を競い合っているわけです。天然原材料から作る界面活性剤と違い、合成界面活性剤は人体に及ぼす影響が大変危険です。

1. 合成界面活性剤は、皮膚への浸透作用が強い

ひとつは皮膚への浸透作用が強い点です。人間の防御作用を越えて、合成界面活性剤の浸透作用が及ぶため、皮膚に付着すると、衣類や食器の油をはぎ取るように皮膚の皮脂膜をはぎ取り、細胞間のすき間を開き、皮膚の細胞膜を溶かし細胞を破壊します。皮膚障害、肌荒れ、ひび荒れ、ハゲ、白髪の原因になるのです。

2. 合成界面活性剤は、いつまでも分解されずに残留する

もうひとつ怖いのは、合成界面活性剤は、いつまでも分解されずに残留することです。皮下に浸透した合成界面活性剤は、強力な界面活性作用を保ちつづけたまま、あなたの内臓に残留し、内臓破壊、妊娠率低下、催奇形性など計り知れない危険を人体に及ぼします。

しかも結果がすぐ出ないところに合成洗剤の怖さがあります。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサード・リンク



カテゴリー

カイテキオリゴ
ページ上部へ戻る