テレビのコマーシャルを見ていると、台所用の合成洗剤などは、爽やかで明るいイメージを感じさせるものが多いようです。

しかし、私たちが受ける爽やかなイメージとは裏腹に台所の合成洗剤は環境を破壊する最悪なものなのです。

また台所のゴキブリには殺虫剤よりも台所用の合成洗剤の方が効き目があるようです。

合成洗剤にメインで配合されているものに合成界面活性剤があります。

実は、これこそが人間の体にもっとも危険な化学物質といわれています。

天然原材料から作る界面活性剤と違い、合成界面活性剤は人体に及ぼす影響が大変危険です。

まず第一に怖いのは皮膚への浸透作用が強い点です。

人間の防御作用を越えて、合成界面活性剤の浸透作用が及ぶため、皮膚に付着すると、衣類や食器の油をはぎ取るように皮膚の皮脂膜をはぎ取り、細胞間の隙間を開き、皮膚の細胞膜を溶かし細胞を破壊します。

肌荒れ、ひび荒れ、皮膚障害、ハゲ、白髪の原因になるのです。

もう一つ怖いのは、合成界面活性剤は、いつまでも分解されずに残留するということです。

皮下に浸透した合成界面活性剤は、強力な界面活性作用を保ちつづけたまま、私たちの内臓に残留し、内臓破壊、妊娠率低下、催奇形性など計り知れない危険を及ぼします。

しかも結果がすぐ出ないところに合成洗剤の怖さがあります。

以下、「経皮毒がまるごとわかる本」竹内久米司/稲津数久著よりご紹介します。

shimanto04


レモンやシトラスの香りなどで爽やかさを作り出した台所用合成洗剤は、かなりの種類が発売されています。

洗浄力が強いので、家庭はもとよりレストラン、学校などでも必需品になっています。

台所用合成洗剤には何種類もの合成界面活性剤が使用されており、有害性も確認されています。

台所用合成洗剤の有害性を、ラットを使って実験している研究者は沢山います。

いずれの研究でも皮膚障害を起こしたり、肝臓や腎臓の障害を起こして死亡したりと、同じような結果が得られています。

これは、洗剤に含まれている化学物質の中でも、「直鎖アルキルベンゼンスルホン酸ナトリウム(LAS)」によるもので、中枢神経に作用したり胎児への影響があったりと、毒性が強いものです。

よく、台所にゴキブリが出ると、殺虫剤ではなく台所用合成洗剤をかける方がいますが、実際、殺虫剤よりも台所用合成洗剤をかけた方が、すぐに死んでしまいます。

それだけ、生き物に対する毒性が強いのでしょう。

そのような毒性の強いものを、毎日使っているのですから、障害が現れない方が不思議なくらいです。

さらに、台所用合成洗剤使用後の排水は、環境にとって最悪なものです。

直鎖アルキルベンゼンスルホン酸ナトリウムだけでなく、その他の化学物質も、環境中に放出されると分解されにくい、という性質があります。

したがって、河川にこれらの物質が流れ込んでしまうと、自然環境に有益な微生物が死滅するだけでなく、海に流れ込むことでプランクトンなどが死んでしまいます。

家庭用排水は環境破壊の元凶となっています。

有害物質を含まない洗剤に変えるだけで、環境はクリーン、人は健康になっていきます。

【出典】経皮毒がまるごとわかる本 竹内久米司/稲津数久著

関連記事

コメント

    • 沖 秀二
    • 2016年 11月 19日

    最近は処理場も多くなってきたようですが、合成洗剤が登場し(そのころ稲作への有機リン系殺虫剤ともあいまって)過去数十年にわたり河川に糞尿以外は家庭排水として流され多くの生物の絶滅にもかかわってきたと思います 上流での家庭排水は下流の上水道として市民は洗剤入り・農薬入りの水を飲まされ誰も考える余地はなかったように思います

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサード・リンク



カテゴリー

カイテキオリゴ

断食は究極のデトックス!

  1. 7. 「糖質を制限してケトン体エネルギーへ」の問題点

    間違った糖質制限食によるケトン体エネルギー産生は非常に危険な行為である。糖質で悪いのは、「ブドウ糖」…
  2. 6. ファスティング(断食)で産生される注目のエネルギー「ケトン体」

    ファスティング(断食)で産生される「ケトン体」3-ヒドロキシ酪酸は血液脳関門を通り、脳のエネルギーに…
  3. 5. ファスティング(断食)中のエネルギー源は何か?

    水しか飲まないファスティング(断食)をした場合、エネルギー源は炭水化物を代謝する解糖系からタンパク質…
  4. 3. ファスティングの人体への作用と医療効果|⑥ ファスティングによる様々な有効作用

    ファスティング(断食)には、a. 活性酸素の減少 b. ミトコンドリア系エネルギーの産生 c. ガン…
  5. 3. ファスティングの人体への作用と医療効果|⑤ ファスティング中の宿便と好転反応

    ファスティングすると、細胞便秘(毒素細胞=脂肪細胞や重金属、糖化物その他)がアポトーシスして崩壊物と…

ピックアップ記事

  1. 本マグロの可食部はせいぜい60%程度で、脂が一番多くのっているトロは少ないのが普通。最高級のクロマグ…
  2. 殆どのコーヒーフレッシュが菜種油などの植物性油脂を主原料としたもので、決して本物のミルクではないもの…
  3. 食品添加物が増加すると共にガン患者も相当な勢いで増加している。データとグラフで説明。薬品の複合使用は…
  4. 沖縄県民が長寿だった頃は、大豆食品の摂取量は世界一であり、そのためか乳ガン、前立腺ガン、大腸ガン、卵…
  5. BHA(ブチルヒドロキシアニソール)とBHT(ブチルヒドロキシトルエン)は、油脂、バター、魚介乾製品…
ページ上部へ戻る