お腹の赤ちゃんが心配『フケ・かゆみ止めシャンプー』(1)

毒出し・デトックス健康法.com > 気付かない?身近にある毒素 > 皮膚から侵入する経皮毒素 > お腹の赤ちゃんが心配『フケ・かゆみ止めシャンプー』(1)

お腹の赤ちゃんが心配『フケ・かゆみ止めシャンプー』(1)

シャンプーには、プロピレングリコール(PG)やラウリル硫酸ナトリウム(SLS)、フケ取り成分のジンクピリチオンが含まれているものが多くあります。

それらの成分の有害性についてご紹介します。

●プロピレングリコール(PG)の有害性

保湿剤として、

・シャンプーやはみがき、化粧品、洗剤、育毛剤

などに幅広く使われていますが、肌を保湿するものではありません。

製品を固まらないようにするために使われているものです。

他にも、

・ウェットティッシュ、赤ちゃんのお尻拭き、コンビニのおにぎり

など色々なものに使われてきたようです。

元々は

・エンジンオイル、作業油の不凍液、産業用凍結防止剤

などとして使われていたものです。

アメリカFDA(日本の厚生省にあたる機関)は、

・皮膚炎、染色体異常、赤血球の減少、肝臓や腎臓、心臓や脳への障害

を報告しています。

ドイツなどでは、日用品への使用が禁止されている発ガン性物質です。

●ラウリル硫酸ナトリウム(SLS)の有害性

合成界面活性剤として、

・シャンプーや歯磨き、化粧品、洗剤

などの日用品に幅広く使われています。

元々は、

・エンジンやガレージの洗浄剤や潤滑剤、不凍液

などとして使われていた猛毒扱いの合成化学物質です。

「食品・化粧品危険度チェックブック」によると、

・脂肪を除くので皮膚が乾燥して荒れる
・目に悪影響をおよぼし障害を招く
・アレルギーを引き起こす
・動物実験では受精卵死亡の報告がある
・トリエタノールアミンには動物実験で発ガンが見られた

工場では、防護服を着て扱う危険な合成化学物質ですが、

「厚生省の基準どおり薄めているから大丈夫」

というようなことで平気でしようしているようです。

一体全体、厚生省、化粧品メーカーどういう神経をしているのでしょうか?

以下、「経皮毒がまるごとわかる本」竹内久米司/稲津数久著よりジンクピリチオン(ZPT,M-Zpt)の有害性についてご紹介します。

merit01

シャンプーは、台所で使う合成洗剤よりも合成化学物質を多く含んでいるのをご存知ですか?

その中には有害性のものが入っているだけではなく、有害物質の侵入を助けるプロピレングリコール(PG)などが、必ずと言っていいほど入っているので、危険性はますます高くなります。

シャンプーの合成界面活性剤には、ラウリル硫酸ナトリウム(SLS)やラウリルエーテル硫酸塩(SLES)が使用されています。

頭皮は角質層が薄くなっているので、シャンプー・リンスの使用頻度を考えると、有害化学物質を吸収しやすいところといえます。

また、30年以上も前から、頭皮のフケ・かゆみをなくすため、『ジンクピリチオン』を配合したシャンプーが出廻っています。

成分表記には『ZPT』とか『M-Zpt』と書かれています。

確かにこれが入っているシャンプーを使うと、フケ・かゆみがウソのようになくなります。

フケ・かゆみが出るのは、頭皮にいる常在菌が原因だ、という考えによるものですが、常在菌は皮膚にとっては必要なものです。

その菌をジンクピリチオンで根こそぎなくしてしまったら、頭皮はまさにあれた砂漠状態になってしまいます。

ジンクピリチオンは有機亜鉛化合物で、

工業用では、

・塗料や殺菌剤
・インクジェットプリンター用インクの防カビ剤

家庭用では、

・台所用スポンジの抗菌、防カビ剤

として使用されています。

船底用の防汚剤として有機スズが世界的に使用されていましたが、魚介類の被害の深刻さから、1,997年に使用禁止となりました。

そこで注目を集めたのが、亜酸化銅とジンクピリチオンですが、ジンクピリチオンの有毒性には、嘔吐・麻痺・胎児への影響などもあると言われています。

【出典】経皮毒がまるごとわかる本 竹内久米司/稲津数久著

スポンサード・リンク



関連情報

  1. 化粧品に含まれる有害化学物質とその弊害(3) BHAとBHT、タール系色素、カドミウム
  2. 化粧品に含まれる有害化学物質とその弊害(2) PG、グリセリン、塩化ベンザルコウム
  3. 化粧品に含まれる有害化学物質とその弊害(1) CMに惑わされるな、ガラクタ化粧品が多い
  4. 化粧品は経皮毒で一杯!(3) 『落ちない口紅』に御用心!
  5. 化粧品は経皮毒で一杯!(2) 乳液やクリームは、アレルギーや化学物質化敏症等の不安が
  6. 化粧品は経皮毒で一杯!(1) ヘアカラー、パーマも命がけ!?
  7. 抗菌加工製品、抗菌剤で発疹やめまいの怖れが…
  8. 殺虫剤や防虫剤の毒性は低いと言うけれど、幼児の脳が心配…
  9. 新建材や家具、壁紙などシックハウス症候群に要注意!
  10. 味がわからない、味覚破壊・味覚異常の若者急増の原因は『歯磨き剤』!?


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

■猛烈に毒だしする砂療法

砂療法の絶大な毒だし効果


砂の中に首だけ出して、ただ入っているだけで、猛烈な毒素が出て素晴らしい効果をもたらします。


結核やガンなどで治りにくいものでも、大変効果があります。 その他、
・神経痛、リウマチ、腰や肩の痛み 
特に皮膚病にも効果てきめんです。 どんな病気でもよくないというものはなく、非常に安全な療法です。


■断食は究極のデトックス!

断食は体本来の自然治癒力を呼び覚ます


現代人は悪い食事や環境汚染によって多くの有害物質が体内に蓄積しています。


解毒・排泄の仕事を担当する腸や肝臓などの臓器はオーバーワークを繰り返して疲労困憊の様相を呈しています。


断食することによってリセットされた内臓は、確実に機能がアップします。 解毒力が向上し栄養素の吸収力も高まっていきます。


オーストラリアFX