マクロビオティック食養生といえば、まず、玄米です。何故、玄米なのか。それは栄養に富みバランスがあり、しかもエネルギー・生命力があるからです。そんな玄米のパワーを再認識せずにはおられない逸話があります。

NPO法人日本綜合医学会理事である井上明さん(株式会社玄米酵素講師)が、「原爆(放射能)に勝った玄米と味噌汁」という記事を発表されました。「玄米」、「発酵食品」(伝統的な醸造法によるお味噌)という伝統的な日本食の底力を感じずにはいられない内容です。是非、ご一読下さい。


—————————————————-

■原爆(放射能)に勝った玄米と味噌汁

長崎の原爆投下直後から、献身的に被災者の救護・治療に活躍された、聖フランシスコ病院の秋月辰一郎医師は、「昭和20年8月9日の原子爆弾は長崎市内を大半灰燼にし、数万の人々を殺した。

爆心地より1.8キロメートルの私の病院は、死の灰の中に廃墟として残った。私と私の病院の仲間は、焼け出された患者を治療しながら働きつづけた。私たちの病院は、長崎市内の味噌・醤油の倉庫にもなっていた。玄米と味噌は豊富であった。さらに、わかめもたくさん保存していたのである。

その時私と一緒に、患者の救助、付近の人びとの治療に当たった従業員に、いわゆる原爆症が出なかった原因の一つは、「わかめの味噌汁」であったと、私は確信している。」と、著書「体質と食物」(クリエー出版)に書かれている。

「わかめの味噌汁と玄米食」で自分の結核を克服したと信じていた秋月医師は、スタッフ全員に「わかめの味噌汁と玄米食」を勧めていた。また砂糖(甘い物)は避けるように指示した。そのおかげで、医師・看護師らは獅子奮迅の働きで多くの命を救い、原爆症を発症したスタッフは一人もいなかったという。

味噌(大豆)のたんぱく質やビタミン・ミネラル、わかめのミネラル(ヨウ素やカルシウムなど)・繊維、玄米のビタミン・ミネラル・ファイトケミカル(フィチン酸・フェルラ酸など)等々の総合力によって放射能の害を抑えたとしか考えられない。

広島の原爆では、9歳で被爆した少女が玄米食で奇跡的に回復し、その後結婚されて7人もの子宝に恵まれた。

佐和子さんは外で遊んでいる時にピカドンの爆風で飛ばされ、屋根から転がり落ちて我に帰った。足の裏まで焼けた全身やけど(髪の毛も眉毛も黒こげ)のなか、必死の思いで母親を見つけ出した。全身に水をかけられ病院に運ばれ即入院。

奇跡的に一命を取りとめたものの、ケロイド(やけどの傷跡)は切っても切っても盛り上がり、夏場はその傷口からウジがわいて、そのウジを取って暮らすのが辛かったという。高校生になるまで、母親は佐和子さんに鏡は一切使わせなかった。

こんな醜い顔では結婚もできない。原爆症で白血球も肝機能も低下し、生きる支えはただ一つ、勉強して研究者になり原爆・放射能の研究をしようという思いだった。彼女は猛勉強をして広島大学工学部に入学、放射能の研究一筋の生活に入った。

そして玄米食をしていた平賀先生と巡り合う。先生は暇さえあれば佐和子さんを山へ連れ出し、山菜や薬草を取りに行き、「玄米を食べて治らない病気はない。身体の浄化作用をするのは玄米の働きだから、玄米を食べれば原爆症だって治る」と言って玄米食を勧めた。

その言葉を信じて玄米食を始めた佐和子さんの身体に、数カ月で変化が起きた。あの焼けただれたケロイドの皮膚がポロポロと剥がれ落ちてきたのだ。髪の毛も眉毛も元通りに戻った。そして平賀先生と結婚、なんと7人の子供を生み育てたのだ。これも命ある玄米や野菜・海藻の総合力以外の何物でもない。


——————————————————————–

最後に秋月医師の著書より。

「日本人は米・麦が主食で、副食として何が一番優れているかを考察すべきである。米・麦飯には、やはり何といっても、油揚、わかめの味噌汁が傑作である。」

食生活は種々の食物の総合力であることは明らかだ。普段から野菜・海藻多めの日本食で主食は玄米に努めることは勿論だが、原発の事故により放射能が放出されている非常事態の今こそ、玄米・大豆(味噌など)・野菜・海藻の総合力によって多くの人々が何としても自らの生命と健康を守っていただきたいと思う。

【著者】NPO法人 日本総合医学会 理事 井上 明氏

■玄米食のメリット・デメリット

日本人が白米を食べ始めたのは明治以降と聞いていたのですが、実は、そうではなかったようです。日本に稲作が伝来したのは、今から約5,000年前頃の縄文時代と言われていますが、伝来した当初から実は白米を食べていたようです。

玄米には、アブシジン酸という酵素阻害剤やミネラルを吸着して排出するフィチン酸があり、また普通の圧力鍋で炊くとアクリルアミドという最悪の糖化物質が出来ます。だから、正しい調理法で玄米を調理しないと、アブシジン酸やフィチン酸、アクリルアミドや発芽させた場合は発芽毒が体内にとり込まれることとなり消化不良を起こすのです。

これらのことは最近分ってきたようで、玄米が根本的に持つ消化不良が人々に無意識に拒否反応を起こさせたから、大昔から白米を主食とし、玄米食が根付かなったのではないでしょうか。

玄米は白米と比較して栄養のバランスがとれ生命力があるのですが、正しい調理法で調理しないで食べると消火不良を起こします。

何故、稲作伝来当初から白米を食べていたと考えられるか、歴史的な背景を踏まえ、アブシジン酸やフィチン酸の毒を解除し、発芽毒やアクリルアミドの毒性を避け、玄米の持つ良さを生かすにはどう正しい調理すればよいのか、などをまとめました。

玄米食の利点と欠点①|穀物が人間の主食になった理由
玄米食の利点と欠点②|玄米は高エネルギー食品
玄米食の利点と欠点③|稲作の起源
玄米食の利点と欠点④|食べていたのは最初から白米だった!
玄米食の利点と欠点⑤|玄米飯には毒(アブシジン酸)がある
玄米食の利点と欠点⑥|脚気は白米飯に原因があった
玄米食の利点と欠点⑦|何故、玄米が根付かなかったのか
玄米食の利点と欠点⑧|玄米飯の欠点を解除する方法
玄米食の利点と欠点⑨|玄米焙煎粉について
玄米食の利点と欠点⑩|酵素阻害剤は何故人間や動物にとって毒なのか

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサード・リンク



カテゴリー

『カイテキオリゴ』

断食は究極のデトックス!

  1. 7. 「糖質を制限してケトン体エネルギーへ」の問題点

    間違った糖質制限食によるケトン体エネルギー産生は非常に危険な行為である。糖質で悪いのは、「ブドウ糖」…
  2. 6. ファスティング(断食)で産生される注目のエネルギー「ケトン体」

    ファスティング(断食)で産生される「ケトン体」3-ヒドロキシ酪酸は血液脳関門を通り、脳のエネルギーに…
  3. 5. ファスティング(断食)中のエネルギー源は何か?

    水しか飲まないファスティング(断食)をした場合、エネルギー源は炭水化物を代謝する解糖系からタンパク質…
  4. 4. 酵素入りファスティング法

    鶴見隆史先生が薦めるファスティングは、最初の6~8日間は「梅干しファスティング」、その後は「梅干し+…
  5. 3. ファスティングの人体への作用と医療効果|⑥ ファスティングによる様々な有効作用

    ファスティング(断食)には、a. 活性酸素の減少 b. ミトコンドリア系エネルギーの産生 c. ガン…

ピックアップ記事

  1. 小児喘息の子供さんが自然療法で治った方の治癒体験談。子の病の根は親にある。…
  2. 関節リウマチは、自己の免疫が主に手足の関節を侵し、これにより関節痛、関節の変形が生じる代表的な膠原病…
  3. 脳卒中が自然療法で治った方の治癒体験談。脳卒中で倒れた時は、豆腐パスターをすれば後遺症なく治ります。…
  4. 糖尿病、狭心症が自然療法で治った方の治癒体験談。苦しみは深いほど、人生は深く心を養う。…
  5. 有害化学物質であるホルムアルデヒドや有機フッ素化合物、有機塩素系殺虫剤等の弊害について簡単にまとめま…
ページ上部へ戻る