化粧品に含まれる有害化学物質とその弊害|PG、グリセリン、塩化ベンザルコウム

プロピレングリコール(PG)は、保湿剤や乳化剤として広く日用品に使われています。多くの日用品などに使用されているのは、プロピレングリコールの有害性が低く、安全な化学物質だと一般的に認められているからです。しかし、過敏症状を起こしたり、染色体異常、過剰摂取による赤血球の減少や内臓、脳への障害も懸念されています。

プロピレングリコール(PG)は、その界面活性作用と低分子量によって角質層をくぐり抜け、皮膚細胞に浸透しやすいという特徴があります。浸透を助けるということは、有害化学物質も容易に体内に浸透させることにもなります。以下、「経皮毒がまるごとわかる本」(p85~) 竹内久米司/稲津数久著 ”これだけは覚えておきたい!化粧品に含まれる「経皮毒」”よりご紹介します。

④ プロピレングリコール

殆どの化粧品、洗剤に使用されていて、保湿効果、浸透作用、乳化作用のために使用されています。経皮毒として作用し、接触性皮膚炎を起こすことがあります。経口吸収すると腎臓障害を起こしたり、吸い込むことで中枢神経を抑制する働きをします。いずれにせよ、アレルギー性物質であることに変わりはありません。

●使用している製品
・歯磨き剤、化粧水、クリーム、乳液、リップクリーム
・口紅、ファンデーション、マスカラ、シャンプー
・リンス、養毛剤、アフターシェーブローション
・制汗剤、ウェットティッシュ など。

hamigakiko02

⑤ グリセリン

保湿剤や湿潤剤としてリンスなどに使用されています。大量に長く使うと、目や皮膚や呼吸器などの刺激とか消化吸収により吐き気や腎臓障害を起こすことがあります。さらに、アレルゲンとなることもあります。

●使用している商品
・化粧石鹸、乳液、クリーム、歯磨き剤
・シャンプー、リンス、リップクリーム
・口紅、シェービングクリーム、アフターシェーブローション など。

⑥ 塩化ベンザルコウム

界面活性剤として石鹸などに使用されています。手指の殺菌・消毒だけでなく、医療器具の消毒にも使用されています。殺菌効果は、一般細菌や真菌には有効ですが、緑膿菌や結核菌、ウィルスには効果がありません。目薬にも使用されていますが、アレルギー性結膜炎を起こす可能性もあります。

授乳中の母親の乳首を消毒する洗浄綿や、赤ちゃんのお尻を消毒するシートなどにも含まれていますが、皮膚障害が沢山報告されているので、注意が必要です。また、赤ちゃんの口からも体内に入ってしまうので、危険度は増します。乳首や赤ちゃんのお尻を拭くときには、減菌精製水で作られた清浄綿もあるので、こちらの方が安心して使えるでしょう。

●使用している製品
・シャンプー、リンス、石鹸、歯磨き剤
・マウスウォッシュ など

【出典】経皮毒がまるごとわかる本 竹内久米司/稲津数久著

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサード・リンク



カテゴリー

『カイテキオリゴ』(赤ちゃんページ)

断食は究極のデトックス!

  1. 7. 「糖質を制限してケトン体エネルギーへ」の問題点

    間違った糖質制限食によるケトン体エネルギー産生は非常に危険な行為である。糖質で悪いのは、「ブドウ糖」…
  2. 6. ファスティング(断食)で産生される注目のエネルギー「ケトン体」

    ファスティング(断食)で産生される「ケトン体」3-ヒドロキシ酪酸は血液脳関門を通り、脳のエネルギーに…
  3. 5. ファスティング(断食)中のエネルギー源は何か?

    水しか飲まないファスティング(断食)をした場合、エネルギー源は炭水化物を代謝する解糖系からタンパク質…
  4. 4. 酵素入りファスティング法

    鶴見隆史先生が薦めるファスティングは、最初の6~8日間は「梅干しファスティング」、その後は「梅干し+…
  5. 3. ファスティングの人体への作用と医療効果|⑥ ファスティングによる様々な有効作用

    ファスティング(断食)には、a. 活性酸素の減少 b. ミトコンドリア系エネルギーの産生 c. ガン…

ピックアップ記事

  1. 小児喘息の子供さんが自然療法で治った方の治癒体験談。子の病の根は親にある。…
  2. 関節リウマチは、自己の免疫が主に手足の関節を侵し、これにより関節痛、関節の変形が生じる代表的な膠原病…
  3. 脳卒中が自然療法で治った方の治癒体験談。脳卒中で倒れた時は、豆腐パスターをすれば後遺症なく治ります。…
  4. 糖尿病、狭心症が自然療法で治った方の治癒体験談。苦しみは深いほど、人生は深く心を養う。…
  5. 有害化学物質であるホルムアルデヒドや有機フッ素化合物、有機塩素系殺虫剤等の弊害について簡単にまとめま…
ページ上部へ戻る