経皮毒をデトックスするには? 自己防衛は「買わない、使わない」が第一原則

経皮毒とは、湿布薬や化粧品のように皮膚から体内に侵入する毒素です。「まさかこんなものまでも…」と耳を疑ってしまうほど、私たちの身の廻りには、有害物質が溢れています。

大きな問題点は、モラルハザードを起こしている企業が非常に多いことです。また、TVなどのマスコミが広告商品の内容を吟味することなく、ただお金に釣られて、宣伝に流してしまうことです。自己防衛は、「買わない、使わない」が第一です。

以下、経皮毒がまるごとわかる本(p138~) 竹内久米司/稲津数久著 “「経皮毒」から健康と家族を守るには” よりご紹介します。

経皮毒については既に何らかの症状が現れている方もいれば、全く現れていない方もいらっしゃるでしょう。たとえ今が健康であっても、自分には全く無関係であると考えない方が賢明です。人にはそれぞれ有害物質を受け入れる「コップ」があって、その「コップ」が一杯になった時、初めてその症状が現れるからです。人によってその「コップ」の大きさが違うので、家族の中でも反応してしまう方と、反応しない方が出てきます。

keihi_doku01

その「コップ」の大きさがどれくらいなのか、またいつ一杯にってしまうのかは、誰にも予測できません。確実にいえることは、化学物質の氾濫によって、誰しもがその「コップ」に有害物質を満たしつつある、ということです。化学物質の氾濫は、今や地球上に生活する全ての人に共通する問題です。今、こうしてる間にも、有害物質は私たちの体の中に、そして地球上のあらゆる生物に蓄積されています。

■「買わない」「使わない」が基本原則

日用品、文房具、食品、住居、車などあらゆる処に使用されている有害化学物質。今まで大して気にもせずに使っていたシャンプーやリンス、洗剤などの使用成分を良く見ましょう。変てこなカタカタ、アルファベットの多いものは要注意です。

世の中には、キチンとした考え方で、健康に害のない製品を作っている良心的な企業も沢山あります。ちょっとお値段は高いかも知れませんが、値段の安さやTVなどのイメージ広告に騙されないようにしましょう。

TVコマーシャルなどでお金をかけて宣伝している商品は、それほどまでにしないと売れない代物(ガラクタ)と考えた方が無難でしょう。まず、有害化学物質が入っている製品は、「絶対に買わない」「絶対に使わない」から始めましょう。

【出典】経皮毒がまるごとわかる本 竹内久米司/稲津数久著

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサード・リンク



カテゴリー

『カイテキオリゴ』

断食は究極のデトックス!

  1. 7. 「糖質を制限してケトン体エネルギーへ」の問題点

    間違った糖質制限食によるケトン体エネルギー産生は非常に危険な行為である。糖質で悪いのは、「ブドウ糖」…
  2. 6. ファスティング(断食)で産生される注目のエネルギー「ケトン体」

    ファスティング(断食)で産生される「ケトン体」3-ヒドロキシ酪酸は血液脳関門を通り、脳のエネルギーに…
  3. 5. ファスティング(断食)中のエネルギー源は何か?

    水しか飲まないファスティング(断食)をした場合、エネルギー源は炭水化物を代謝する解糖系からタンパク質…
  4. 4. 酵素入りファスティング法

    鶴見隆史先生が薦めるファスティングは、最初の6~8日間は「梅干しファスティング」、その後は「梅干し+…
  5. 3. ファスティングの人体への作用と医療効果|⑥ ファスティングによる様々な有効作用

    ファスティング(断食)には、a. 活性酸素の減少 b. ミトコンドリア系エネルギーの産生 c. ガン…

ピックアップ記事

  1. 小児喘息の子供さんが自然療法で治った方の治癒体験談。子の病の根は親にある。…
  2. 関節リウマチは、自己の免疫が主に手足の関節を侵し、これにより関節痛、関節の変形が生じる代表的な膠原病…
  3. 脳卒中が自然療法で治った方の治癒体験談。脳卒中で倒れた時は、豆腐パスターをすれば後遺症なく治ります。…
  4. 糖尿病、狭心症が自然療法で治った方の治癒体験談。苦しみは深いほど、人生は深く心を養う。…
  5. 有害化学物質であるホルムアルデヒドや有機フッ素化合物、有機塩素系殺虫剤等の弊害について簡単にまとめま…
ページ上部へ戻る