◎疲れた時や病気の時は、肝臓、腎臓をコンニャクで温めます

コンニャク二丁を水から入れ、熱湯で約十分間煮て、熱くしたコンニャクをタオル二~三枚にくるんで肝臓を三十分(子供は十五分)当てます。

コンニャクは一時間は温かいので腎臓も三十分温めます。

この時、脾臓は十分冷やします。

熱のある時は二十分冷やしますが、熱が高い時は、脾臓に芋パスターを貼ります。

これらの手当ても、その時の体力によって異なります。

弱った病人などは、体力に応じて取捨選択し、時間も短めにしましょう。

こうした配分は、看護する人の思いやりです。

失敗しながら体験を積んでいくと体で判るようになりますから、応用がきくようになってきます。

コンニャクは安いものではなくかっちりした質の良い、ある程度高いコンニャクでないと効きません。

コンニャクはタッパーに入れ水をはり、冷蔵庫に保存すれば、数回は使えます。

konnyaku-shippu07

【出典】自然療法が「体」を変える 東城 百合子著

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサード・リンク



カテゴリー

『カイテキオリゴ』(赤ちゃんページ)

断食は究極のデトックス!

  1. 7. 「糖質を制限してケトン体エネルギーへ」の問題点

    間違った糖質制限食によるケトン体エネルギー産生は非常に危険な行為である。糖質で悪いのは、「ブドウ糖」…
  2. 6. ファスティング(断食)で産生される注目のエネルギー「ケトン体」

    ファスティング(断食)で産生される「ケトン体」3-ヒドロキシ酪酸は血液脳関門を通り、脳のエネルギーに…
  3. 5. ファスティング(断食)中のエネルギー源は何か?

    水しか飲まないファスティング(断食)をした場合、エネルギー源は炭水化物を代謝する解糖系からタンパク質…
  4. 3. ファスティングの人体への作用と医療効果|⑥ ファスティングによる様々な有効作用

    ファスティング(断食)には、a. 活性酸素の減少 b. ミトコンドリア系エネルギーの産生 c. ガン…
  5. 3. ファスティングの人体への作用と医療効果|⑤ ファスティング中の宿便と好転反応

    ファスティングすると、細胞便秘(毒素細胞=脂肪細胞や重金属、糖化物その他)がアポトーシスして崩壊物と…

ピックアップ記事

  1. 日本人は1日10g、年間にすると一人当たり3,650g(約4㎏)もの食品添加物の体内にとり込んでいる…
  2. マーガリン、ショートニング、ファットスプレッド等に含まれるトランス脂肪酸は殆んどプラスティックと同様…
  3. コーヒー浣腸など腸洗浄を薦めないのは、酵素阻害剤以上に大量の酵素を失い、その為寿命が縮む。全身のビタ…
  4. タバコの病気へのリスクというのは、直接煙を吸引する肺が機能低下したり、血流を阻害するだけでなく、一番…
  5. アブシジン酸などの酵素阻害物質は膵臓を過度に働かせ、その結果膵臓は疲弊し、やがてガン化していく。膵臓…
ページ上部へ戻る