玄米はどんな体質の人でも、体質改善の効果がある

玄米はどんな体質の人が、どの季節に食べても、体質改善の効果を確実に現わします。慢性病や病的症状は、体質の偏りによって生まれるので、どんな障害も生命力に満ち溢れた玄米を食べることで快方に向かうのは当然で、公害も流してくれます。

玄米がどれほど素晴らしい力を持っているかは、白米と比較してみれば解ることです。玄米と白米を成分的に比較してみると、下図のようになります。

玄米の果皮と種皮は、脂肪、タンパク質、セルロース(繊維素)などの大切な成分を含有しています。

特にセルロースは、それ自体では消化しにくい成分ですが、他の食物の消化吸収を助け、腸の働きを促進し、便秘を解消します。しかも、セルロースの一部は腸内細菌の作用を助け、ビタミンA、B1、B2、B12などに生合成されるという大きな効果があり、整腸作用を助け、病気を予防します。

また、糊粉層と胚芽には脂肪、タンパク質、ビタミン類、ミネラル、カリウム、マグネシウムなどが含まれています。特に胚芽は、米の生命が宿っている最も重要な部分で、ビタミンA、B1、B2、B12、ニコチン酸、パントテン酸、ビタミンEなどを含む天然の栄養素の宝庫です。

genmai-hakumai-hikaku051

これにひきかえ白米は、大切な果皮も種皮も糊粉層も胚芽も除かれてしまい、ただカロリーがあるだけの胚乳がその主成分となっています。胚乳は殆どデンプンですが、ミネラルもビタミンも持っていませんから、燃焼した後、消化分解しない部分が残り、焦性ブドウ酸や乳酸という中間代謝物を出します。これらはこのままでは体に害を与える物質で、血液を酸性化し、色々な障害を起こします

ところがこれらの焦性ブドウ酸や乳酸は、玄米の果皮、種皮、糊粉層、胚芽などに含まれる色々な成分の作用を受けると、水と二酸化炭素に変えられてしまいます。玄米が健康的な食品で、白米とは本質的に違うという一つの理由がここにある訳です。

【出典】食生活が人生を変える 東城百合子著

■玄米食のメリット・デメリット

日本人が白米を食べ始めたのは明治以降と聞いていたのですが、実は、そうではなかったようです。日本に稲作が伝来したのは、今から約5,000年前頃の縄文時代と言われていますが、伝来した当初から実は白米を食べていたようです。

玄米には、アブシジン酸という酵素阻害剤やミネラルを吸着して排出するフィチン酸があり、また普通の圧力鍋で炊くとアクリルアミドという最悪の糖化物質が出来ます。

だから、正しい調理法で玄米を調理しないと、アブシジン酸やフィチン酸、アクリルアミドや発芽させた場合は発芽毒が体内にとり込まれることとなり消化不良を起こすのです。

これらのことは最近分ってきたようで、玄米が根本的に持つ消化不良が人々に無意識に拒否反応を起こさせたから、大昔から白米を主食とし、玄米食が根付かなったのではないでしょうか。

玄米は白米と比較して栄養のバランスがとれ生命力があるのですが、正しい調理法で調理しないで食べると消火不良を起こします。

何故、稲作伝来当初から白米を食べていたと考えられるか、歴史的な背景を踏まえ、アブシジン酸やフィチン酸の毒を解除し、発芽毒やアクリルアミドの毒性を避け、玄米の持つ良さを生かすにはどう正しい調理すればよいのか、などをまとめました。

玄米食の利点と欠点①|穀物が人間の主食になった理由
玄米食の利点と欠点②|玄米は高エネルギー食品
玄米食の利点と欠点③|稲作の起源
玄米食の利点と欠点④|食べていたのは最初から白米だった!
玄米食の利点と欠点⑤|玄米飯には毒(アブシジン酸)がある
玄米食の利点と欠点⑥|脚気は白米飯に原因があった
玄米食の利点と欠点⑦|何故、玄米が根付かなかったのか
玄米食の利点と欠点⑧|玄米飯の欠点を解除する方法
玄米食の利点と欠点⑨|玄米焙煎粉について
玄米食の利点と欠点⑩|酵素阻害剤は何故人間や動物にとって毒なのか

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサード・リンク



カテゴリー

『カイテキオリゴ』

断食は究極のデトックス!

  1. 7. 「糖質を制限してケトン体エネルギーへ」の問題点

    間違った糖質制限食によるケトン体エネルギー産生は非常に危険な行為である。糖質で悪いのは、「ブドウ糖」…
  2. 6. ファスティング(断食)で産生される注目のエネルギー「ケトン体」

    ファスティング(断食)で産生される「ケトン体」3-ヒドロキシ酪酸は血液脳関門を通り、脳のエネルギーに…
  3. 5. ファスティング(断食)中のエネルギー源は何か?

    水しか飲まないファスティング(断食)をした場合、エネルギー源は炭水化物を代謝する解糖系からタンパク質…
  4. 3. ファスティングの人体への作用と医療効果|⑥ ファスティングによる様々な有効作用

    ファスティング(断食)には、a. 活性酸素の減少 b. ミトコンドリア系エネルギーの産生 c. ガン…
  5. 3. ファスティングの人体への作用と医療効果|⑤ ファスティング中の宿便と好転反応

    ファスティングすると、細胞便秘(毒素細胞=脂肪細胞や重金属、糖化物その他)がアポトーシスして崩壊物と…

ピックアップ記事

  1. 日本人は1日10g、年間にすると一人当たり3,650g(約4㎏)もの食品添加物の体内にとり込んでいる…
  2. 白砂糖の過剰はビタミン不足、ミネラル不足と共に、細胞にも神経にもマイナスになる。殊に、カルシウムが不…
  3. 砂療法は、砂の中に首だけ出して、ただ入っているだけで、猛烈な毒素が出て素晴らしい効果がある。結核やガ…
  4. 砂療法による毒出し・デットクス効果は断食以上。リウマチや神経痛、慢性病や子宮筋腫、子宮ガンが治ったと…
  5. 砂糖中毒・砂糖依存症の弊害は低血糖症や骨粗鬆症、女性性の劣化に止まりません。胃腸内で真菌が増殖し、胃…
ページ上部へ戻る