玄米はどんな体質の人でも、体質改善の効果がある

玄米はどんな体質の人が、どの季節に食べても、体質改善の効果を確実に現わします。

慢性病や病的症状は、体質の偏りによって生まれるので、どんな障害も生命力に満ち溢れた玄米を食べることで快方に向かうのは当然で、公害も流してくれます。

玄米がどれほど素晴らしい力を持っているかは、白米と比較してみれば解ることです。

玄米と白米を成分的に比較してみると、下図のようになります。

玄米の果皮と種皮は、脂肪、タンパク質、セルロース(繊維素)などの大切な成分を含有しています。

特にセルロースは、それ自体では消化しにくい成分ですが、他の食物の消化吸収を助け、腸の働きを促進し、便秘を解消します。

しかも、セルロースの一部は腸内細菌の作用を助け、ビタミンA、B1、B2、B12などに生合成されるという大きな効果があり、整腸作用を助け、病気を予防します。

また、糊粉層と胚芽には脂肪、タンパク質、ビタミン類、ミネラル、カリウム、マグネシウムなどが含まれています。

特に胚芽は、米の生命が宿っている最も重要な部分で、ビタミンA、B1、B2、B12、ニコチン酸、パントテン酸、ビタミンEなどを含む天然の栄養素の宝庫です。

genmai-hakumai-hikaku051

これにひきかえ白米は、大切な果皮も種皮も糊粉層も胚芽も除かれてしまい、ただカロリーがあるだけの胚乳がその主成分となっています。

胚乳は殆どデンプンですが、ミネラルもビタミンも持っていませんから、燃焼した後、消化分解しない部分が残り、焦性ブドウ酸や乳酸という中間代謝物を出します。

これらはこのままでは体に害を与える物質で、血液を酸性化し、色々な障害を起こします

ところがこれらの焦性ブドウ酸や乳酸は、玄米の果皮、種皮、糊粉層、胚芽などに含まれる色々な成分の作用を受けると、水と二酸化炭素に変えられてしまいます。

玄米が健康的な食品で、白米とは本質的に違うという一つの理由がここにある訳です。

【出典】食生活が人生を変える 東城百合子著

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサード・リンク



カテゴリー

『カイテキオリゴ』(赤ちゃんページ)

断食は究極のデトックス!

  1. 7. 「糖質を制限してケトン体エネルギーへ」の問題点

    間違った糖質制限食によるケトン体エネルギー産生は非常に危険な行為である。糖質で悪いのは、「ブドウ糖」…
  2. 6. ファスティング(断食)で産生される注目のエネルギー「ケトン体」

    ファスティング(断食)で産生される「ケトン体」3-ヒドロキシ酪酸は血液脳関門を通り、脳のエネルギーに…
  3. 5. ファスティング(断食)中のエネルギー源は何か?

    水しか飲まないファスティング(断食)をした場合、エネルギー源は炭水化物を代謝する解糖系からタンパク質…
  4. 3. ファスティングの人体への作用と医療効果|⑥ ファスティングによる様々な有効作用

    ファスティング(断食)には、a. 活性酸素の減少 b. ミトコンドリア系エネルギーの産生 c. ガン…
  5. 3. ファスティングの人体への作用と医療効果|⑤ ファスティング中の宿便と好転反応

    ファスティングすると、細胞便秘(毒素細胞=脂肪細胞や重金属、糖化物その他)がアポトーシスして崩壊物と…

ピックアップ記事

  1. 本マグロの可食部はせいぜい60%程度で、脂が一番多くのっているトロは少ないのが普通。最高級のクロマグ…
  2. 殆どのコーヒーフレッシュが菜種油などの植物性油脂を主原料としたもので、決して本物のミルクではないもの…
  3. 食品添加物が増加すると共にガン患者も相当な勢いで増加している。データとグラフで説明。薬品の複合使用は…
  4. 沖縄県民が長寿だった頃は、大豆食品の摂取量は世界一であり、そのためか乳ガン、前立腺ガン、大腸ガン、卵…
  5. BHA(ブチルヒドロキシアニソール)とBHT(ブチルヒドロキシトルエン)は、油脂、バター、魚介乾製品…
ページ上部へ戻る