玄米食が苦手な人への応用編

玄米食が苦手な人への応用編

1. 分づき米、胚芽米を利用する

精米の度合いによって、玄米に近い方から二分づき米、三分づき米、五分づき米、七分づき米……とあります。

分づき米、胚芽米でも、白米よりはミネラル、ビタミンを残していますので、食べやすいものから始めて、徐々に玄米に近づけてみて下さい。

2. 胚芽米に押麦(精米していないもの)や押ハト麦、雑穀(アワ、ヒエ、キビ)を一割くらい混ぜて炊き、すりゴマのふりかけをかけてカルシウム不足を補います。

これらの粒の小さい穀類は、

・松の実、ゴマ、ハスの実、ギンナン、落花生
・カボチャの種、カヤの実、ヒマワリの種、麻の実

など食用になる種実類と同様に、分析では出てこない生命力を持っています。

脂肪分は多いが悪玉コレステロールを除く作用があるので、動脈硬化や高血圧予防の働きもします。

タンパク質も多く、動物性タンパク質と違ってアルカリ性でミネラル分も多いので、血液を汚さない長所を持っています。

デンプン質のエネルギー化に必要なビタミンB1も多くあります。

また、生殖に欠かせないビタミンEが非常に多く、不妊症だった人が玄米食やゴマ、木の実を食べて赤ちゃんに恵まれるのも、このビタミンEによる働きが多いのです。

ほかにも、日本人に不足しているビタミンが多くあります。

kabocha-tane01

・http://www.seimeiken.com/total-health/food-power/18.html  より

松の実やアーモンドなどは、糖害を防ぎ、虚弱者を元気付け、老人や妊婦の便秘に良く、煙草吸い過ぎによる害を防ぐと言われています。

カボチャの種など捨てる人が多いのですが、炒って殻を割って中の仁を食べると、せき、利尿、産前産後のむくみによく効き、血圧も下げてくれます。

グルタミン酸が多いので脳細胞に活力を与え、頭の働きを良くします。

但し、植物の実や種は、虚弱者に力を与える精力剤となるものですから、食べ過ぎないように注意しましょう。

3. 玄米餅、アワ餅、キビ餅、ヨモギ餅などを利用する

玄米は炊きにくくとも、お餅になると意外に抵抗なく、しかも手軽に利用できます。

玄米餅米粉で自家製で作るのが最高ですが、自然食品店にも売っています。

4. 玄米粉を団子にしたり、オートミールのようにして食べます。

春にはヨモギの新芽を摘んで草団子にすると、美味しい主食になります。

5. 小さい、かわいいおにぎり

梅干し、ノリ、ゴマ、ユカリ、青菜漬などを巻いて作ったおにぎりは、玄米嫌いの人でもつい食べてしまいます。

味噌をつけてフライパンに油をひき、コンガリと焼いてもよく、焼いてゴマ味噌をつけても美味しい。

6. 炊いた玄米を温かい内に五平餅のようにすり鉢で少しついて、ゴマ味噌をつけても美味しい。

子供の健康的なおやつとして最適です。

【出典】食生活が人生を変える 東城百合子著

スポンサード・リンク



関連情報

  1. 玄米に含まれる自然のビタミンの効力
  2. 玄米はどんな体質の人でも、体質改善の効果がある
  3. 老廃物や毒素を体の外に出す玄米の力
  4. 原爆(放射能)に勝った玄米と味噌汁
  5. ブラックジンガー玄米の抜群の毒だし・デトックス力(2)
  6. ブラックジンガー玄米の抜群の毒だし・デトックス力(1)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

■猛烈に毒だしする砂療法

砂療法の絶大な毒だし効果


砂の中に首だけ出して、ただ入っているだけで、猛烈な毒素が出て素晴らしい効果をもたらします。


結核やガンなどで治りにくいものでも、大変効果があります。 その他、
・神経痛、リウマチ、腰や肩の痛み 
特に皮膚病にも効果てきめんです。 どんな病気でもよくないというものはなく、非常に安全な療法です。


■断食は究極のデトックス!

断食は体本来の自然治癒力を呼び覚ます


現代人は悪い食事や環境汚染によって多くの有害物質が体内に蓄積しています。


解毒・排泄の仕事を担当する腸や肝臓などの臓器はオーバーワークを繰り返して疲労困憊の様相を呈しています。


断食することによってリセットされた内臓は、確実に機能がアップします。 解毒力が向上し栄養素の吸収力も高まっていきます。


オーストラリアFX