輸入柑橘類に発がん性がある防カビ剤 OPP、OPP-Na 

OPP(オルトフェニルフェノール)、OPP-Na は海外から輸入される

・レモン、グレープフルーツ、オレンジ

などに塗布されている防カビ剤で、アメリカなどから船で輸送されてくる輸入柑橘類の腐敗とカビの発生を防ぐため、果実の表面に塗布されます。

本来は農薬であり、米国からの政治的圧力により食品添加物として使用が認められたものです。

以下、注意すべきポイントや人体への影響や危険性について “食品添加物の危険度がわかる事典”(p32) 渡辺 雄二著 “OPP、OPP-Na”よりご紹介します。

【注意すべきポイント】

OPP(オルトフェニルフェノール)は、本来農薬であり、1,955年農林省に登録され、殺菌剤としての使用は認められていたが、1,969年に登録は失効し、農薬としての使用は禁止された。

ところが、1,977年に厚生省は食品添加物としての使用を認めたのです。

背景にはアメリカからの圧力があります。

grape-fr02

1,975年、農林省の試験場が、アメリカから輸入されたグレープフルーツを検査した処、防カビ剤のOPPが検出され、当時OPPは食品に使うことは認められておらず、厚生省は港の倉庫に保管されていたグレープフルーツ、レモン、オレンジを業者に命じて海に廃棄させました。

日米の貿易不均衡に苦しんでいたアメリカは、柑橘類の輸出で解消をしようとした出鼻をくじかれ激怒。

アメリカ農務省の長官や大統領までもが日本を訪れ、OPPの使用許可を迫り、日本政府は圧力に抗し切れず1,977年に厚生省は食品添加物としての使用を認めたのです。

【人体への影響】

東京都立衛生研究所は、OPPの人体への影響に懸念を抱き、独自に毒性試験を行ないました。

OPP1.25%を含む飼料をラットに食べさせた結果、83%に膀胱がんが発生。

OPP-Naについては、0.5~4%の濃度で、ラットに経口投与したところ、2%の投与群で、膀胱や腎臓に95%という高い割合で、がんが発生。

厚生省は、国立衛生試験所などで、OPPについて実験を行い、その結果、発がん性は認められず、厚生省はOPPの使用を禁止せず、現在も使われています。

動物実験で、OPPやOPP-Naに発がん性が認められたのは間違いのない事実で、OPPやOPP-Naは、柑橘類の皮ばかりでなく、果肉にも残留していることが解っており、それらを食べ続けると、がんになる危険性は間違いなく高まります。

(出典) 食品添加物の危険度がわかる事典、渡辺雄二著

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサード・リンク



カテゴリー

カイテキオリゴ

断食は究極のデトックス!

  1. 7. 「糖質を制限してケトン体エネルギーへ」の問題点

    間違った糖質制限食によるケトン体エネルギー産生は非常に危険な行為である。糖質で悪いのは、「ブドウ糖」…
  2. 6. ファスティング(断食)で産生される注目のエネルギー「ケトン体」

    ファスティング(断食)で産生される「ケトン体」3-ヒドロキシ酪酸は血液脳関門を通り、脳のエネルギーに…
  3. 5. ファスティング(断食)中のエネルギー源は何か?

    水しか飲まないファスティング(断食)をした場合、エネルギー源は炭水化物を代謝する解糖系からタンパク質…
  4. 3. ファスティングの人体への作用と医療効果|⑥ ファスティングによる様々な有効作用

    ファスティング(断食)には、a. 活性酸素の減少 b. ミトコンドリア系エネルギーの産生 c. ガン…
  5. 3. ファスティングの人体への作用と医療効果|⑤ ファスティング中の宿便と好転反応

    ファスティングすると、細胞便秘(毒素細胞=脂肪細胞や重金属、糖化物その他)がアポトーシスして崩壊物と…

ピックアップ記事

  1. 膠原病科や神経内科の「ステロイド漬け医療」に大きな疑問を持っています。ステロイド剤を多用され、若くし…
  2. 薬は全てではないが、酵素阻害作用を利用して薬物効果を発揮するものが多い。酵素阻害作用を持たない薬とさ…
  3. 抗ガン剤の大元は毒ガス(神経ガス)。抗ガン剤を使えば、ガン細胞も死ぬが正常細胞も死んでしまう。余病の…
  4. 人体はピュアな化学物質を受け付けない。西洋薬はピュアな化学物質であり、効く薬も効かない薬も、人体にと…
  5. 食品添加物が増加すると共にガン患者も相当な勢いで増加している。データとグラフで説明。薬品の複合使用は…
ページ上部へ戻る