農薬は自然環境破壊の元凶の一つと見られています。

大地の撒かれた農薬は食物連鎖を巡り巡って最終的には私たちの体内に蓄積されます。

農薬による健康に対する影響は、食品添加物によるものよりも影響が大きいと言われる方もいます。

私たちの身体は、食品添加物や農薬や白砂糖、様々な合成化学品などを体内にとり込んで、毒素を排出しきれず、これらの毒素に対する抵抗力が落ちてきているのだろうと考えるのです。

お母さんの体質は胎盤を通して赤ちゃんに受け継がれていきます。

近年、アトピー性皮膚炎やアレルギーで悩む方が増えていますが、便利さ、楽さを追求し過ぎた結果、その跳ね返りが大人や子供の不健康となって現れているのです。

私たちは便利さ、楽さを追求し過ぎて、私たちの命のみならず、子供たちの命まで粗末に扱う結果となっているのです。

以下、散布された除草剤で苦しむ児童たちについて朝日新聞の記事よりご紹介したいと思います。

josouzai01

■シックスクール 除草剤散布校4割に

「先生、引き算ができない」

2年前の夏休みのある日、渋川市内の学習塾で女子児童が塾教師に訴えた。

分数の練習をしていたが、指折りしても分からなくなつた。

教師は

「いつもスラスラできるのにどうしたのかしら。暑さのせいか」

と思ったが、何げなく尋ねた。

「お宅で最近、何かまかなかった」

「お父さんが庭で除草剤をまいた」

と児童は答えた。

以前は1時間半でも勉強に集中できたのに、5分と集中力が続かなくなった。

頭が痛い、気持ちが悪いと訴えた。

突然、高笑いしたり、おしゃべりしたり、きれたりした。

顔など体中に湿疹もできた。

●体中に湿疹

昨年夏、別の女子児童の学力が急に落ちた。

だるそうに横になり、真っ赤な湿疹ができた。

母親に聞くと

「私が庭に除草剤をまいた」

と言った。

教室で普段よりも子どもたちが騒ぐ日、集中しない日、頭が痛いという日があった。

聴くと

「学校で校庭に除草剤をまいていたよ」

と言った。

除草剤をまくと、必ず休む男子児童がいた。

頭が痛い、熱が出ると連絡してくる。

「どこかでまいたかな」

と思っていると、数日して通学路わきの雑草が茶色に枯れた。

塾教師も昨年7月、突然「全身がぐるぐる回るような」激しいめまいと吐き気に襲われ、病院で解毒剤の点滴を受けた。

一週間後、散歩に出ると、自宅そばの休耕田の雑草が茶色に枯れていた。

sick-school02

●地域で格差

県内の小中学校の事務職員有志でつくる「スクールエコロジー研究会」が昨年秋、シツクスクール問題のひとつとして、除草剤の使用を調べた。

県内各地域の学校から84校を選び、アンケートを送った。

84校のうち、4割の35校で除草剤を散布していた。

回数は、年一回7校、年2回9校、毎学期13校、毎月5校で、月2回以上が1校だった。

除草剤の便用は、田園都市や自然が多い地域の学校が多かった。

理由について、「人手では草の成長に追いつかない」という回答もあつた。

一方、除草剤を使わない学校のほとんどは市街地や住宅街。

「重度の過敏症の生徒がいるので、除章剤や殺虫剤は絶対に便用できない」

と回答した学校もあった。

●幼稚園でも

幼稚園でも除草剤をめぐる問題が起きている。

群馬町の主婦(34)は昨春、長男(4)を入園させた。

すぐに頭が痛い、息苦しいと訴えた。

主婦も5年前、町内に引っ越してきてから、化学物質過敏症となった。

長男は生後すぐ、アトピーになった。

長男は2年前、友人宅に泊まった。

「頭がおかしい」

と叫び悲鳴をあげて家中を走り回った。

におった。

聞くと、その家の主婦は

「朝、庭に農薬をまいた」

と言った。

長男の顔は真っ青になり、ワナワナと震えて眠れなかった。

体験を園長に話し、園での対応を求めた。

だが、

「5月の運休中に除草剤をまく」

と言われた。

親たちの草取りを提案したが、園長からは

「長年やってきたことなので、散布は変えない」

と言われた。

長男は2日通園しただけで5月末に退園した。

「子どもが正常でない、と言われたのが一番辛かった」

と主婦。

悩みは1年半後の小学校入学だ。

「幼稚園のことで役場に相談したが、『農薬は無関係だから』と言われた。

このままだと行く学校がない」

新興住宅地の自宅周辺には畑が入り組む。

道路わきや空き地で再三、除草剤がまかれる。

ある農家は苦々しげに言った。

「あそこは、庭でも畑でも草取りをするのを見たことがない。根まで殺す強力な除草剤をまいている」。

【出典】2004/09朝日新聞

関連記事

コメント

    • 金城 富子
    • 2017年 6月 13日

    住まいの近くで、除草剤がまかれ
    顔が赤く、カサカサになり
    まかれた 日は分からす日がたつと
    雑草がカラカラに枯れていて、気がつく
    何か、顔が赤く、カサカサにならない
    方法があれば教えて下さい
    除草剤まいている人はまだ確認とれず
    こまとてます。ひどくなると咳き込みます

      • detox88
      • 2017年 7月 12日

      コメントありがとうございます。ご返事遅くなりすみません。申し訳ないのですが、私はお医者さんじゃありませんので、適切なアドバイスは出来ません。皮膚科のお医者さんに診てもらってはいかがでしょうか。除草剤に対する苦情は、皮膚科のお医者さんに診断書を書いて貰って、市役所に相談されてはいかがでしょうか。あまりお役に立てずにすみません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサード・リンク



カテゴリー

カイテキオリゴ

ピックアップ記事

  1. プロポリスほど総合的な栄養素を含む健康食品は珍しいと言われてるが、健康食品に関する国民健康センターへ…
  2. ローヤルゼリーは、人間が飲んだからといって寿命が伸びたり若返ったりする根拠は今のない。高カロリー食な…
  3. プルーンの鉄分は言われるほど多くはなく、国立健康・栄養研究所の「『健康食品』の安全性・有効性情報」の…
  4. ブルーベリーの青い色は目を休めるような気がしないでもありませんが、日本に導入されてから半世紀近くが経…
  5. クロレラは大きな市場を持つ一方で、各地の消費者センターに寄せられるトラブル、苦情件数も健康食品の中で…
  6. トクホの飲料は色々あり、確かに何らかの効果は認められるのだろうが、その効果の程度は甚だ疑問で、実質的…
  7. イチョウ葉エキスはギンコール酸が除去されたものを選ぶことがポイント。ギンコール酸はアレルギーの元とな…
  8. 食肉志向が、世界の飢餓に拍車を駆けている。食肉1kgの生産に必要な穀物量は、牛肉の場合 8kg。アメ…
  9. アメリカの排泄される牛の排泄物は年間10億トンにも達し、糞尿による河川や地下水の汚染は、国内にある全…
  10. アメリカの肉牛生産工場フィードロットの牛たちは、ビタミン剤入りの濃厚飼料を食べさせられ、加えて抗生物…
ページ上部へ戻る