砂糖ゼロ、肉類ゼロで暴走族が良い青年に!

テレビを見ていると、ドキュメンタリー番組で暴走族の取り締まりに奮闘している警察官の活躍の場面が流れることがあります。私の住んでいるところは田舎なので、暴走族が暴れまわっている光景に出くわすことは滅多にありませんが、迷惑ですよねぇ。

また、都会の河川敷で花火やバーベキューなどをし、カセットCDで音楽を流し、ランチキ騒ぎをしている若者たちの迷惑な光景がテレビの画面に映し出されることもあります。これらの迷惑行為も実は食べ物が大いに影響しています。砂糖と肉のとり過ぎです。

青少年の指導育成の立場にある方は、このような事実をしっかりと認識して欲しいものです。心身の健全な育成は、先ず食生活を正すことからです。


後藤美基というクリスチャンの歯科医が、「聖書の食事法」という、大変興味深い書物を書いておられます。その中で、いわゆる「暴走族」と呼ばれるような青少年たちが、「保護観察」ということで、3ヶ月間ある山の中で共同生活をした際の驚くべき変化について報告されているのです。

これらの青少年たちには、この期間中、甘いものが全く与えられなかったのです。当然のことですが、コカ・コーラを始めとする一切の缶ジュースや清涼飲料水は与えられませんでしたし、チューインガムにいたるまで菓子類も全く与えられませんでした。そして食事は、麦飯と野菜オンリーで、肉類も与えられなかったのです。

これらの青少年たちは、以前は、粗暴で落ち着きがなく、自分さえ良ければ他の人がどうなっても構わないといった態度を持っていたのですが、甘いもの全くなし、肉類なし、麦飯と野菜オンリーの食事をとり続けて1ヶ月ほど経つと、すっかり落ち着きを取り戻してきたのです。そして3ヶ月経った頃には、以前とはまるで正反対の態度を示す青少年たちに変わってしまったのです。

これまであげてきた多くの例にも言えることですが、大量の砂糖と肉類がなどが、いかに心身に恐ろしい影響を与えるかが判るでしょう。

【出典】「砂糖は体も心も狂わせる」高尾利数著

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサード・リンク



カテゴリー

『カイテキオリゴ』

断食は究極のデトックス!

  1. 7. 「糖質を制限してケトン体エネルギーへ」の問題点

    間違った糖質制限食によるケトン体エネルギー産生は非常に危険な行為である。糖質で悪いのは、「ブドウ糖」…
  2. 6. ファスティング(断食)で産生される注目のエネルギー「ケトン体」

    ファスティング(断食)で産生される「ケトン体」3-ヒドロキシ酪酸は血液脳関門を通り、脳のエネルギーに…
  3. 5. ファスティング(断食)中のエネルギー源は何か?

    水しか飲まないファスティング(断食)をした場合、エネルギー源は炭水化物を代謝する解糖系からタンパク質…
  4. 3. ファスティングの人体への作用と医療効果|⑥ ファスティングによる様々な有効作用

    ファスティング(断食)には、a. 活性酸素の減少 b. ミトコンドリア系エネルギーの産生 c. ガン…
  5. 3. ファスティングの人体への作用と医療効果|⑤ ファスティング中の宿便と好転反応

    ファスティングすると、細胞便秘(毒素細胞=脂肪細胞や重金属、糖化物その他)がアポトーシスして崩壊物と…

ピックアップ記事

  1. 砂療法は、砂の中に首だけ出して、ただ入っているだけで、猛烈な毒素が出て素晴らしい効果がある。結核やガ…
  2. 砂療法による毒出し・デットクス効果は断食以上。リウマチや神経痛、慢性病や子宮筋腫、子宮ガンが治ったと…
  3. 砂糖中毒・砂糖依存症の弊害は低血糖症や骨粗鬆症、女性性の劣化に止まりません。胃腸内で真菌が増殖し、胃…
  4. 砂糖も腸壁を膨張させ、透過性を高めてアレルゲン物質を血液中に引き込みやすくする。腸管の透過性が増大し…
  5. 砂糖中毒・砂糖依存症の大きな弊害の一つに骨粗鬆症がある。血液は酸性サイドに傾くと細菌・ウィルスの繁殖…
ページ上部へ戻る