下ごしらえによる毒だし・デトックス アク抜き、アク取り

1. アク抜き

野菜などに含まれているアクの成分、

・えぐみや渋み
・褐変を起こす色素

などを、水に晒したり茹でるなど、それぞれの材料に適した方法で、アクを抜いていくことを言います。

皮をむいたウド、ゴボウ、レンコン、ヤマイモなどでは、少量の酢を加えた水に漬けるとアクが抜け、変色しません。

アクは調理の際、全部除去すればよいというものではなく、適度なえぐみや渋みは、食品の風味上必要なものです。

全部取り除くと、かえって味が悪くなることもあります。

水に溶けることによって取れる大半のアクは、残留農薬や硝酸塩、一部のダイオキシンを減らすことにも有効です。

mini_101

2. アクを取る(アクを引く)

材料を茹でたり煮たりしていると、表面に泡と共に不純物が浮いてくることがあります。

その不純物を玉じゃくしやアク取りなどですくい取ることを、「アクを取る」または「アクを引く」といいます。

丹念に取らないと、料理の味や煮汁の色が悪くなります。

肉や魚にも野菜と同じようにアクがあります。

こちらのアクは味というよりは不快な臭い成分が主です。

独特の臭みや濁りのない美味しい煮物やスープ類を作るときには、この「アクを取る」ことが大切です。

肉や魚介類を茹でたり煮たりすると、沸騰寸前に濃い泡のようなものが、ドッと浮いてきます。

これがアクですから、煮ながら玉じゃくしですくい取ります。

アクを取ると、煮汁が透明になります。

■アク取りの毒出し・デトックス効果

アクを取ることは、浮いてきた油分も取り除くことになります。

・肉類に含まれている抗生物質や合成抗菌剤、女性ホルモン、ダイオキシン、塩素系農薬

魚介類に含まれている抗菌性物質、ダイオキシン、環境汚染物質(有機水銀、有機スズ化合物、塩素系化合物など)

を減らすことが出来ます。

アクを取ることは、美味しい料理を作るばかりでなく、身体に侵入する毒素を減らすことにもつながるのです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサード・リンク



カテゴリー

『カイテキオリゴ』

断食は究極のデトックス!

  1. 7. 「糖質を制限してケトン体エネルギーへ」の問題点

    間違った糖質制限食によるケトン体エネルギー産生は非常に危険な行為である。糖質で悪いのは、「ブドウ糖」…
  2. 6. ファスティング(断食)で産生される注目のエネルギー「ケトン体」

    ファスティング(断食)で産生される「ケトン体」3-ヒドロキシ酪酸は血液脳関門を通り、脳のエネルギーに…
  3. 5. ファスティング(断食)中のエネルギー源は何か?

    水しか飲まないファスティング(断食)をした場合、エネルギー源は炭水化物を代謝する解糖系からタンパク質…
  4. 3. ファスティングの人体への作用と医療効果|⑥ ファスティングによる様々な有効作用

    ファスティング(断食)には、a. 活性酸素の減少 b. ミトコンドリア系エネルギーの産生 c. ガン…
  5. 3. ファスティングの人体への作用と医療効果|⑤ ファスティング中の宿便と好転反応

    ファスティングすると、細胞便秘(毒素細胞=脂肪細胞や重金属、糖化物その他)がアポトーシスして崩壊物と…

ピックアップ記事

  1. 本マグロの可食部はせいぜい60%程度で、脂が一番多くのっているトロは少ないのが普通。最高級のクロマグ…
  2. 殆どのコーヒーフレッシュが菜種油などの植物性油脂を主原料としたもので、決して本物のミルクではないもの…
  3. 食品添加物が増加すると共にガン患者も相当な勢いで増加している。データとグラフで説明。薬品の複合使用は…
  4. 沖縄県民が長寿だった頃は、大豆食品の摂取量は世界一であり、そのためか乳ガン、前立腺ガン、大腸ガン、卵…
  5. BHA(ブチルヒドロキシアニソール)とBHT(ブチルヒドロキシトルエン)は、油脂、バター、魚介乾製品…
ページ上部へ戻る