下ごしらえによる毒だし・デトックス アク抜き、アク取り

毒出し・デトックス健康法.com > 毒素から身を守るには? > 下ごしらえを丁寧に! > 下ごしらえによる毒だし・デトックス アク抜き、アク取り

下ごしらえによる毒だし・デトックス アク抜き、アク取り

1. アク抜き

野菜などに含まれているアクの成分、

・えぐみや渋み
・褐変を起こす色素

などを、水に晒したり茹でるなど、それぞれの材料に適した方法で、アクを抜いていくことを言います。

皮をむいたウド、ゴボウ、レンコン、ヤマイモなどでは、少量の酢を加えた水に漬けるとアクが抜け、変色しません。

アクは調理の際、全部除去すればよいというものではなく、適度なえぐみや渋みは、食品の風味上必要なものです。

全部取り除くと、かえって味が悪くなることもあります。

水に溶けることによって取れる大半のアクは、残留農薬や硝酸塩、一部のダイオキシンを減らすことにも有効です。

mini_101

2. アクを取る(アクを引く)

材料を茹でたり煮たりしていると、表面に泡と共に不純物が浮いてくることがあります。

その不純物を玉じゃくしやアク取りなどですくい取ることを、「アクを取る」または「アクを引く」といいます。

丹念に取らないと、料理の味や煮汁の色が悪くなります。

肉や魚にも野菜と同じようにアクがあります。

こちらのアクは味というよりは不快な臭い成分が主です。

独特の臭みや濁りのない美味しい煮物やスープ類を作るときには、この「アクを取る」ことが大切です。

肉や魚介類を茹でたり煮たりすると、沸騰寸前に濃い泡のようなものが、ドッと浮いてきます。

これがアクですから、煮ながら玉じゃくしですくい取ります。

アクを取ると、煮汁が透明になります。

■アク取りの毒出し・デトックス効果

アクを取ることは、浮いてきた油分も取り除くことになります。

・肉類に含まれている抗生物質や合成抗菌剤、女性ホルモン、ダイオキシン、塩素系農薬

魚介類に含まれている抗菌性物質、ダイオキシン、環境汚染物質(有機水銀、有機スズ化合物、塩素系化合物など)

を減らすことが出来ます。

アクを取ることは、美味しい料理を作るばかりでなく、身体に侵入する毒素を減らすことにもつながるのです。

スポンサード・リンク



関連情報

  1. 果菜の下ごしらえのポイント(2) ナス、オクラ、カボチャ
  2. 果菜の下ごしらえのポイント(1) キュウリ、ピーマン、トマト
  3. 根菜の下ごしらえのポイント(3) カブ、レンコン
  4. 根菜の下ごしらえのポイント(2) 人参、ゴボウ、大根
  5. 根菜の下ごしらえのポイント(1) 玉ねぎ、ジャガイモ
  6. 下ごしらえによる毒だし・デトックス さらす、板ずり
  7. 野菜や果物の残留農薬の落とし方色々
  8. 肉類の下ごしらえのポイント(3) 鶏肉、ひき肉 、レバー
  9. 肉類の下ごしらえのポイント(2) 豚肉
  10. 肉類の下ごしらえのポイント(1) 牛肉


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

■猛烈に毒だしする砂療法

砂療法の絶大な毒だし効果


砂の中に首だけ出して、ただ入っているだけで、猛烈な毒素が出て素晴らしい効果をもたらします。


結核やガンなどで治りにくいものでも、大変効果があります。 その他、
・神経痛、リウマチ、腰や肩の痛み 
特に皮膚病にも効果てきめんです。 どんな病気でもよくないというものはなく、非常に安全な療法です。


■断食は究極のデトックス!

断食は体本来の自然治癒力を呼び覚ます


現代人は悪い食事や環境汚染によって多くの有害物質が体内に蓄積しています。


解毒・排泄の仕事を担当する腸や肝臓などの臓器はオーバーワークを繰り返して疲労困憊の様相を呈しています。


断食することによってリセットされた内臓は、確実に機能がアップします。 解毒力が向上し栄養素の吸収力も高まっていきます。


オーストラリアFX