果菜の下ごしらえのポイント(1) キュウリ、ピーマン、トマト

毒出し・デトックス健康法.com > 毒素から身を守るには? > 下ごしらえを丁寧に! > 果菜の下ごしらえのポイント(1) キュウリ、ピーマン、トマト

果菜の下ごしらえのポイント(1) キュウリ、ピーマン、トマト

1. キュウリ

安心のためには板ずりすることです。

流水でよくこすり洗いをし、表皮について殺菌剤やダイオキシンなどを落とします。

それからまな板にのせて塩をふり、両手で軽く転がします。

塩でキュウリに傷がつき、表皮の下に染み込んでいた殺虫剤も出てきます。

そのあとで再びキュウリを流水で洗って塩を落とします。

ita-zuri01

2. ピーマン

使う前に千切りにして茹でこぼすと安心です。

まず、流水でしっかりとこすって洗い、表皮の残留農薬やダイオキシンを落とします。

千切りにしたら沸騰した湯で30秒くらいサッと茹で、冷水で冷まします。

これでクチクラ層に残留している不安物質も減らせます。

肉詰めするときも、半分に切ってからサッと茹でこぼしてから使うようにします。

ピーマンはハウスやトンネルでの栽培が多く、農薬が多くなりがちなため、ひと手間かけて安心したいものです。

3. トマト

病害虫に弱い野菜なので、農薬をかける回数が多くなります。

特にハウス物は殺菌剤や殺虫剤の残留が心配です。

そこで是非湯むきする週間をつけたいものです。

煮たり炒めたりするときだけでなく、サラダなどに使う場合も必ず皮をむいてから、というのが安心のための原則です。

まず、流水で30秒くらい手でこすり洗いをし、表皮に残留した農薬などを除去します。

ヘタの反対側に包丁で浅く十文字に切れ目を入れます。

穴じゃくしに乗せるかフォークなどで刺して、沸騰した湯の中に15秒くらいつけると、切れ目から皮がはじけてきます。

すぐに冷水に入れて冷まし、皮をむきます。

これで水洗いでは落ちなかったクチクラ層に浸透した農薬などが除けます。

【出典】家庭でできる食品添加物・農薬を落とす方法 増尾 清著

スポンサード・リンク



関連情報

  1. 果菜の下ごしらえのポイント(2) ナス、オクラ、カボチャ
  2. 根菜の下ごしらえのポイント(3) カブ、レンコン
  3. 根菜の下ごしらえのポイント(2) 人参、ゴボウ、大根
  4. 根菜の下ごしらえのポイント(1) 玉ねぎ、ジャガイモ
  5. 下ごしらえによる毒だし・デトックス さらす、板ずり
  6. 下ごしらえによる毒だし・デトックス アク抜き、アク取り
  7. 野菜や果物の残留農薬の落とし方色々
  8. 肉類の下ごしらえのポイント(3) 鶏肉、ひき肉 、レバー
  9. 肉類の下ごしらえのポイント(2) 豚肉
  10. 肉類の下ごしらえのポイント(1) 牛肉


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

■猛烈に毒だしする砂療法

砂療法の絶大な毒だし効果


砂の中に首だけ出して、ただ入っているだけで、猛烈な毒素が出て素晴らしい効果をもたらします。


結核やガンなどで治りにくいものでも、大変効果があります。 その他、
・神経痛、リウマチ、腰や肩の痛み 
特に皮膚病にも効果てきめんです。 どんな病気でもよくないというものはなく、非常に安全な療法です。


■断食は究極のデトックス!

断食は体本来の自然治癒力を呼び覚ます


現代人は悪い食事や環境汚染によって多くの有害物質が体内に蓄積しています。


解毒・排泄の仕事を担当する腸や肝臓などの臓器はオーバーワークを繰り返して疲労困憊の様相を呈しています。


断食することによってリセットされた内臓は、確実に機能がアップします。 解毒力が向上し栄養素の吸収力も高まっていきます。


オーストラリアFX