果菜の下ごしらえのポイント(2) ナス、オクラ、カボチャ

毒出し・デトックス健康法.com > 毒素から身を守るには? > 下ごしらえを丁寧に! > 果菜の下ごしらえのポイント(2) ナス、オクラ、カボチャ

果菜の下ごしらえのポイント(2) ナス、オクラ、カボチャ

4. ナス

切ったら水につけてアク抜きしますが、これで同時にクチクラ層に残留している殺虫剤やダイオキシンの不安解消にもつながります。

ナスは病害虫に強く、比較的早く育つため、農薬の不安はさほどではありませんが、美味しさを増す折角の手順なので、アク抜きは省略せずしっかりとしましょう。

流水で30秒くらいこすり洗いをし、切ったらすぐ水につけて水が黒ずんでくるまでアク抜きをします。

なお、薄切りにするほど不安物質除去の効果は高くなります。

nasu01

5. オクラ

安心のポイントは、板ずりです。

流水で30秒くらい洗ったら、オクラをまな板の上に三~四本乗せ、塩をふって手の平で転がすようにして塩を全体にまぶしつけます。

この板ずりでうぶ毛を取ると同時に、表皮についた傷から残留農薬やダイオキシンが溶け出しやすくなります。

あとは、そのまま熱湯に入れて1分ほど湯がいてザルにとり、冷まします。

元々残留農薬の少ない野菜なので、これで除去できます。

6. カボチャ

流水でタワシかスポンジを使って、皮をゴシゴシこすって洗います。

30秒くらい洗うことで、表皮の残留農薬やダイオキシンが除かれます。

カボチャを煮るとき、かすりむきをしてから切り分けるのが先人の知恵ですが、安心のためにも欠かせないポイントです。

かすりむきは、切り分けやすくなったり、味が染み込みやすいなどの意味がありますが、同時に表皮下に溜まっている不安物質がお湯の中に溶け出します。

いっそのこと、皮を全部むいてしまったらと思うかもしれませんが、それではドロドロに煮崩れしてしまいます。

元々国内産のカボチャは病害虫に強く、農薬の心配はさほどないので、かすりむきで十分です。

輸入物は、かすりむきの下ごしらえを丁寧にしましょう。

【出典】家庭でできる食品添加物・農薬を落とす方法 増尾 清著

スポンサード・リンク



関連情報

  1. 果菜の下ごしらえのポイント(1) キュウリ、ピーマン、トマト
  2. 根菜の下ごしらえのポイント(3) カブ、レンコン
  3. 根菜の下ごしらえのポイント(2) 人参、ゴボウ、大根
  4. 根菜の下ごしらえのポイント(1) 玉ねぎ、ジャガイモ
  5. 下ごしらえによる毒だし・デトックス さらす、板ずり
  6. 下ごしらえによる毒だし・デトックス アク抜き、アク取り
  7. 野菜や果物の残留農薬の落とし方色々
  8. 肉類の下ごしらえのポイント(3) 鶏肉、ひき肉 、レバー
  9. 肉類の下ごしらえのポイント(2) 豚肉
  10. 肉類の下ごしらえのポイント(1) 牛肉


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

■猛烈に毒だしする砂療法

砂療法の絶大な毒だし効果


砂の中に首だけ出して、ただ入っているだけで、猛烈な毒素が出て素晴らしい効果をもたらします。


結核やガンなどで治りにくいものでも、大変効果があります。 その他、
・神経痛、リウマチ、腰や肩の痛み 
特に皮膚病にも効果てきめんです。 どんな病気でもよくないというものはなく、非常に安全な療法です。


■断食は究極のデトックス!

断食は体本来の自然治癒力を呼び覚ます


現代人は悪い食事や環境汚染によって多くの有害物質が体内に蓄積しています。


解毒・排泄の仕事を担当する腸や肝臓などの臓器はオーバーワークを繰り返して疲労困憊の様相を呈しています。


断食することによってリセットされた内臓は、確実に機能がアップします。 解毒力が向上し栄養素の吸収力も高まっていきます。


オーストラリアFX