葉野菜の下ごしらえのポイント(1) キャベツ、レタス、サニーレタス

1. キャベツ
キャベツの下ごしらえのポイントは、一番外側の葉を取り除くことです。巻きの外側ほど古い葉ですから、外側の葉は最初に出てきて長い間農薬を浴び、残留農薬の多い部分で、ダイオキシン付着の不安も大きいのです。この一番外側の一枚を除いてしまえば、不安がグーンと減ります。除いた葉はもったいないと思っても捨ててしまいましょう。

なお、生で食べる場合、千切り、短冊切りなど、切ってから水にさらせば、残っている農薬やダイオキシン、硝酸塩があっても切り口から水に溶け出し、減らすことが出来ます。ロールキャベツは、キャベツの葉をサッと湯でこぼしてから巻くため、有害物質(毒素)がお湯に溶け出してくれます。炒め物の場合も、30秒くらい湯でこぼしてから使うといいでしょう。

kyabetu01

2. レタス
レタスの場合も下ごしらえのポイントは、一番外側の葉を取り除くことです。農薬やダイオキシンは、殆どが外葉に残留しているからです。レタスは害虫に弱く、農薬をかける回数が多いのですが、外葉を取り除けば不安は殆ど解消されます。

3. サニーレタス
サニーレタスはレタスと違って、病害虫に強いのが特徴です。農薬をあまり使わないので、しっかり洗えば不安は殆どありません。外側の葉を捨てる必要はありません。葉を一枚ずつはがしてボウルに入れ、水を流しながら5分ほど浸けて置きます。その後、5回ほどふり洗いします。この下ごしらえで、表皮に農薬やダイオキシンがあっても除かれます。サニーレタスは硝酸塩の不安はありません。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサード・リンク



カテゴリー

カイテキオリゴ

断食は究極のデトックス!

  1. 7. 「糖質を制限してケトン体エネルギーへ」の問題点

    間違った糖質制限食によるケトン体エネルギー産生は非常に危険な行為である。糖質で悪いのは、「ブドウ糖」…
  2. 6. ファスティング(断食)で産生される注目のエネルギー「ケトン体」

    ファスティング(断食)で産生される「ケトン体」3-ヒドロキシ酪酸は血液脳関門を通り、脳のエネルギーに…
  3. 5. ファスティング(断食)中のエネルギー源は何か?

    水しか飲まないファスティング(断食)をした場合、エネルギー源は炭水化物を代謝する解糖系からタンパク質…
  4. 4. 酵素入りファスティング法

    鶴見隆史先生が薦めるファスティングは、最初の6~8日間は「梅干しファスティング」、その後は「梅干し+…
  5. 3. ファスティングの人体への作用と医療効果|⑥ ファスティングによる様々な有効作用

    ファスティング(断食)には、a. 活性酸素の減少 b. ミトコンドリア系エネルギーの産生 c. ガン…

ピックアップ記事

  1. 興奮毒性とは、グルタミン酸ナトリウムやアスパルテームなどの興奮性のある神経伝達物質による過剰な刺激に…
  2. 果菜であるキュウリ、ピーマン、トマト、ナス、オクラ、カボチャの下ごしらえのポイントについて簡単にまと…
  3. 下ごしらえによる毒だし・デトックスの方法(アク抜き、アク取り、さらす、板ずり)、効果について簡単にま…
  4. TBZ(チアベンダゾール)は、海外から輸入されるグレープフルーツ、レモン、オレンジ、バナナなどの輸入…
  5. 青梅の絞り汁を濃縮した梅肉エキスは、消化器いっさいの妙薬です。強力な働きをもっており、昔からの家庭薬…
ページ上部へ戻る