果物の下ごしらえのポイント(1) イチゴ、リンゴ

1. イチゴ
イチゴは病害虫に弱いため、農薬の使用が多い上、表面がデコボコしているので農薬が残留しやすい果物です。下ごしらえのポイントは、洗い方です。ゴシゴシ洗うわけにはいかないので、次のようにします。まず、流水に五分ほど浸けておきます。その後ザルに入れたまま五回ほどふり洗いします。こうして表面の農薬やダイオキシンを減らします。

なお、ヘタは洗ってから取りましょう。洗う前に取ってしまうと、水に溶け出した農薬やダイオキシンが、そこから再びイチゴの中に入ってしまいます。

ichigo03.jpg


2. リンゴ
まずはしっかり水洗いします。スポンジを使い、流水で30秒くらいこすります。これで表皮の農薬やダイオキシンが除去できます。皮をむけば表皮下層ごと除去出来るので、ここの残留している農薬やダイオキシンの心配もなくなります。

切り分けたリンゴを塩水に浸けるのも良い方法です。褐色になるのを防ぐだけでなく、万一、果肉までしみ込んだ農薬やダイオキシンがあっても、塩水が引き出してくれるので、安心のためにもお薦めです。

【参考】家庭でできる食品添加物・農薬を落とす方法 増尾 清著

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサード・リンク



カテゴリー

カイテキオリゴ

断食は究極のデトックス!

  1. 7. 「糖質を制限してケトン体エネルギーへ」の問題点

    間違った糖質制限食によるケトン体エネルギー産生は非常に危険な行為である。糖質で悪いのは、「ブドウ糖」…
  2. 6. ファスティング(断食)で産生される注目のエネルギー「ケトン体」

    ファスティング(断食)で産生される「ケトン体」3-ヒドロキシ酪酸は血液脳関門を通り、脳のエネルギーに…
  3. 5. ファスティング(断食)中のエネルギー源は何か?

    水しか飲まないファスティング(断食)をした場合、エネルギー源は炭水化物を代謝する解糖系からタンパク質…
  4. 4. 酵素入りファスティング法

    鶴見隆史先生が薦めるファスティングは、最初の6~8日間は「梅干しファスティング」、その後は「梅干し+…
  5. 3. ファスティングの人体への作用と医療効果|⑥ ファスティングによる様々な有効作用

    ファスティング(断食)には、a. 活性酸素の減少 b. ミトコンドリア系エネルギーの産生 c. ガン…

ピックアップ記事

  1. パーマ、ヘアカラーはどちらも毒物。少なくとも近い将来子供を産む予定がある人は、子供の将来のためにもし…
  2. よく噛むことは、全身を活性化させるのに大変重要な働きをしています。このよく噛むことの効用について、学…
  3. 新建材や家具、壁紙、接着剤にはホルムアルデヒド、トルエン、キシレン、メチルベンゼン、木材の保存には有…
  4. アルミニウム調理器具は、西ドイツ、フランス、ベルギー、イギリス、スイス、ハンガリー、ブラジルなどで販…
  5. 口の中の粘膜吸収は経皮吸収のなんと約13倍もの毒物を吸収する。ラウリル硫酸ナトリウムやプロピレングリ…
ページ上部へ戻る