亜硝酸ナトリウム(発色剤) 発ガン物質ニトロソアミンを作り、急性毒性も強い

■亜硝酸ナトリウム

【用途】
食肉製品(ハム・ベーコン・サラミ・ウインナーソーセージなど)、鯨肉ベーコン、魚肉ソーセージ、魚肉ハム、イクラ、スジコ、タラコ(明太子を含む)などに発色剤として使用されます。肉製品や魚卵などが黒ずむのを防ぎ、ピンクの状態に保ちます。

肉は空気中に放置しておくと変色してしまいます。色の悪いハムやソーセージでは売れないだろうという大手メーカー側の勝手な考えで、この亜硝酸ナトリウムが添加されています。発色剤としてこの亜硝酸塩を肉に含まぜると、いつまでたってもピンク色のままになるのです。

【注意点】
食品添加物の中では、急性毒性が非常に強く、魚肉・魚卵・食肉などに含まれるアミンと胃の中で結合して、発がん性物質のニトロソアミンに変化します。日本人に胃がんが多いのは、ニトロソアミンが原因ではないかとの指摘もあるほどです。

hamu02


中毒例を元に人に対する致死量を推定すると、0.18~0.25gとなります。猛毒の青酸カリの人に対する致死量は0.15gなので、仮に亜硝酸ナトリウムの致死量を0.18gとした場合、猛毒の青酸カリウムと同じレベルの毒性を持つことになります。

食物に青酸カリウムが含まれると言われたら、たとえ微量でも果たして口にするでしょうか?医師の証言からも、アレルギー体質を持つ人の中には、重症の気管支喘息を発症する物質だと言われています。特に乳児は敏感で、そのためアメリカではベビー食品への使用は禁止されています。

【硝酸ナトリウム、硝酸カリウムも危険】
硝酸ナトリウム、硝酸カリウムも食肉製品(ハム・ベーコン・サラミ・ウインナーソーセージなど)や鯨肉ベーコンなどに発色剤として用いられ、肉製品の色が黒ずむのを防止し、ピンク色に保ちます。硝酸カリウムが体内で亜硝酸カリウムに変化し、アミンと結合してニトロソアミンができると発がんの危険性が高まります。硝酸ナトリウムについては、人間が1g以上摂取すると中毒症状を起こし、8g以上摂取すると死亡する人が現れるとされています。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサード・リンク



カテゴリー

カイテキオリゴ

断食は究極のデトックス!

  1. 7. 「糖質を制限してケトン体エネルギーへ」の問題点

    間違った糖質制限食によるケトン体エネルギー産生は非常に危険な行為である。糖質で悪いのは、「ブドウ糖」…
  2. 6. ファスティング(断食)で産生される注目のエネルギー「ケトン体」

    ファスティング(断食)で産生される「ケトン体」3-ヒドロキシ酪酸は血液脳関門を通り、脳のエネルギーに…
  3. 5. ファスティング(断食)中のエネルギー源は何か?

    水しか飲まないファスティング(断食)をした場合、エネルギー源は炭水化物を代謝する解糖系からタンパク質…
  4. 4. 酵素入りファスティング法

    鶴見隆史先生が薦めるファスティングは、最初の6~8日間は「梅干しファスティング」、その後は「梅干し+…
  5. 3. ファスティングの人体への作用と医療効果|⑥ ファスティングによる様々な有効作用

    ファスティング(断食)には、a. 活性酸素の減少 b. ミトコンドリア系エネルギーの産生 c. ガン…

ピックアップ記事

  1. 小児喘息の子供さんが自然療法で治った方の治癒体験談。子の病の根は親にある。…
  2. 関節リウマチは、自己の免疫が主に手足の関節を侵し、これにより関節痛、関節の変形が生じる代表的な膠原病…
  3. 脳卒中が自然療法で治った方の治癒体験談。脳卒中で倒れた時は、豆腐パスターをすれば後遺症なく治ります。…
  4. 糖尿病、狭心症が自然療法で治った方の治癒体験談。苦しみは深いほど、人生は深く心を養う。…
  5. 有害化学物質であるホルムアルデヒドや有機フッ素化合物、有機塩素系殺虫剤等の弊害について簡単にまとめま…
ページ上部へ戻る