容器包装に入れられた加工食品では、原則として、使用したすべての添加物名を、容器包装の見やすい場所に記載する必要があります。(JAS法では、一括表示の原材料欄に、食品添加物以外の原材料と食品添加物に区分し、重量の割合の多い順に使用したすべての原材料を記載することになっています。)

表示方法については、必要なことを、できるだけわかりやすく表示するために、様々な工夫がなされています。また、栄養強化の目的で使用されるもの、加工助剤、キャリーオーバー(加工に使用した原材料からの持ち込み)については、表示が免除されています。


1. 物質名で表示する

食品添加物は、原則として物質名を表示することになっています。しかし、添加物の化学名では馴染みが無く、逆にわかりにくくなる場合もあります。

例えば、ビタミンCの化学物質名は「L-アスコルビン酸」ですが、一般には、「ビタミンC」や「V.C」と書いた方がわかりやすいでしょう。そこで、添加物の品名(名称及び別名)、簡略名及び類別名を定め、添加物を表示する場合は、これらの名前を使用することとしました。

このリストは、食品衛生法施行規則「別表第1」、「既存添加物名簿」及び「食品衛生法に基づく添加物の表示等について(平成22年10月消食表第377号 消費者庁次長通知)」に記載されています。
(例)化学物質名  L-アスコルビン酸
  簡略名  アスコルビン酸、V.C

分からないことはないのですが、簡略名で表示されると化学的に合成された食品添加物が、天然由来のナチュラルな添加物であると勘違いされることがあります。

2. 用途名を併記する

保存料や甘味料など8種類の用途に使われるものは、消費者の選択に役立つ情報として、その用途名を併せて表示することになっています。この場合は、「保存料(ソルビン酸K)」、「甘味料(ステビア)」のように、用途名と物質名を表示しています。

用途名を併記する添加物(食品衛生法施行規則別表第5)

1 甘味料  甘味料、人工甘味料又は合成甘味料 
 2 着色料  着色料又は合成着色料
 3 保存料 保存料又は合成保存料 
 4 増粘剤

安定剤

ゲル化剤又は糊料 
主として増粘の目的で使用される場合にあっては増粘剤又は糊料

主として安定の目的で使用される場合にあっては安定剤又は糊料

主としてゲル化の目的で使用する場合にあってはゲル化剤又は糊料 
 5 酸化防止剤  酸化防止剤 
 6 発色剤  発色剤
 7 漂白剤 漂白剤 
 8 防かび剤又は防ばい剤  防かび剤又は防ばい剤 

3. 一括名で表示できる

添加物表示は個々の物質名を表示するのが原則ですが、次の14種類の用途で使用する場合には、使用の目的を表す「一括名」で表示することが認められています。例えば、微量の物質を調合して作られる食品用香料は、配合した物質全てを表示するよりも、「香料」と表示した方がわかりやすくなります。

 一括名で表示できる添加物(平成23年内閣府令第45号別表第5関係)
イーストフード 塩化アンモニウム、塩化マグネシウム、グルコン酸カリウムほか 
ガムベース エステルガム、グリセリン脂肪酸エステル、酢酸ビニル樹脂ほか
かんすい  炭酸カリウム(無水)、炭酸ナトリウム、炭酸水素ナトリウムほか
4 苦味料  イソアルファー苦味酸、カフェイン(抽出物)、ホップ抽出物ほか 
5 酵素  アガラーゼ、アクチニジン、アクロモペプチダーゼほか 
光沢剤 オウリキュウリロウ、カルナウバロウ、カンデリラロウほか
7 香料又は合成香料 アセト酢酸エチル、アセトフェノンほか(及び天然香料) 
8 酸味料  アジピン酸、クエン酸、クエン酸三ナトリウムほか
9 軟化剤(チューインガム軟化剤)  グリセリン、プロピレングリコール、ソルビトール
10 調味料(その構成成分に応じて種類別を表示)

 調味料(アミノ酸)、調味料(アミノ酸等)

 調味料(核酸)、調味料(核酸等)

 調味料(有機酸)、調味料(有機酸等)

 調味料(無機塩)、調味料(無機塩等) 
アミノ酸:L-アスパラギン酸ナトリウム、DL-アラニンほか

核酸:5′-イノシン酸二ナトリウム、5′-ウリジル酸二ナトリウムほか

有機酸:クエン酸カルシウム、クエン酸三ナトリウムほか

無機塩:塩化カリウム、リン酸三カリウムほか
11 豆腐用凝固剤又は凝固剤  塩化カルシウム、塩化マグネシウム、グルコノデルタラクトンほか 
12 乳化剤  グリセリン脂肪酸エステル、ショ糖脂肪酸エステルほか
13 水素イオン濃度調整剤又はpH調整剤  アジピン酸、クエン酸、クエン酸三ナトリウムほか 
14 膨脹剤、膨張剤、

ベーキングパウダー、ふくらし粉 
アジピン酸、L-アスコルビン酸、塩化アンモニウムほか

4. 表示が免除される

栄養強化の目的で使用される添加物と、加工助剤、キャリーオーバーに該当する添加物は、表示が免除されています。

hyouji_menjo01

【出典】 東京都の食品安全情報サイトより

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサード・リンク



カテゴリー

『カイテキオリゴ』

断食は究極のデトックス!

  1. 7. 「糖質を制限してケトン体エネルギーへ」の問題点

    間違った糖質制限食によるケトン体エネルギー産生は非常に危険な行為である。糖質で悪いのは、「ブドウ糖」…
  2. 6. ファスティング(断食)で産生される注目のエネルギー「ケトン体」

    ファスティング(断食)で産生される「ケトン体」3-ヒドロキシ酪酸は血液脳関門を通り、脳のエネルギーに…
  3. 5. ファスティング(断食)中のエネルギー源は何か?

    水しか飲まないファスティング(断食)をした場合、エネルギー源は炭水化物を代謝する解糖系からタンパク質…
  4. 3. ファスティングの人体への作用と医療効果|⑥ ファスティングによる様々な有効作用

    ファスティング(断食)には、a. 活性酸素の減少 b. ミトコンドリア系エネルギーの産生 c. ガン…
  5. 3. ファスティングの人体への作用と医療効果|⑤ ファスティング中の宿便と好転反応

    ファスティングすると、細胞便秘(毒素細胞=脂肪細胞や重金属、糖化物その他)がアポトーシスして崩壊物と…

ピックアップ記事

  1. 砂療法は、砂の中に首だけ出して、ただ入っているだけで、猛烈な毒素が出て素晴らしい効果がある。結核やガ…
  2. 砂療法による毒出し・デットクス効果は断食以上。リウマチや神経痛、慢性病や子宮筋腫、子宮ガンが治ったと…
  3. 砂糖中毒・砂糖依存症の弊害は低血糖症や骨粗鬆症、女性性の劣化に止まりません。胃腸内で真菌が増殖し、胃…
  4. 砂糖も腸壁を膨張させ、透過性を高めてアレルゲン物質を血液中に引き込みやすくする。腸管の透過性が増大し…
  5. 砂糖中毒・砂糖依存症の大きな弊害の一つに骨粗鬆症がある。血液は酸性サイドに傾くと細菌・ウィルスの繁殖…
ページ上部へ戻る