3. ファスティングの人体への作用と医療効果|② ファスティングは糖尿病を根本から治す唯一の手段

■ファスティングは糖尿病を根本から治す唯一の手段

糖尿病が2型でインスリン抵抗性ならば、ファスティングないしハーフ・ファスティングをしっかりやるしか完治への道はありません。何故なら、細胞の中にある脂肪細胞(悪玉)や毒素が多過ぎて起こっている病気だからです。それを解除する唯一の方法がファスティングです。

糖尿病患者は、脂肪細胞や重金属の多い細胞がはち切れんばかりで、インスリンは膵臓から正常に分泌されているものの、細胞の入り口のドアはかなり開きにくくなっています。そういったタイプの糖尿病の場合は、何があっても細胞の中の脂肪細胞を排除するしか手段はありません。いわば乗客を速やかに降ろし、電車内の満員状態を緩めることしかないのです。

ファスティングやハーフ・ファスティングをしていくと、脂肪細胞はドンドン抜け落ち、いつの日か細胞は正常化していきます。そうすると、グルット4やグルット2といった糖を中に入れる反応物質が再び作動し、ドアは速やかに開き、糖が速やかに中に入ることが出来るようになります。これが出来る唯一の手段こそファスティングです。薬は全く不要です。



【インスリン注射は糖尿病を悪化させる】
この作業をせず、相変わらず美食を続けていると、治ることが出来ないばかりか、糖尿病は悪化していきます。外からインスリンという駅員を増やしても、はち切れんばかりの乗客は相変わらず車内にいるものだから、インスリン注射でドアが開いたとしても、却って問題をこじらせるだけの因子になるしかありません。

しかし、今の世の中、何故か医師は簡単にインスリンを打ちたがります。何故なのか?恐らく次に挙げる理由からでしょう。

まず、今の糖尿病治療に「原因を解除する」医療体系がないことです(最初にカロリー制限の食事指導はしますが)。次に「目先の有利さ」のみを優先する体系の医療がまかり通っていることです。さらに「インスリン注射をすれば一生患者をつかまえられる」という利益優先の考えがないとは言えないでしょう。

■完治した糖尿病患者(60代、男性)の例

5年前に糖尿病になり、3年前からインスリン注射を打ち始めました。インスリンを打っても血糖は200mg/dL前後でそれほど下がらず、体調もよくありませんでした。目がかすむようになったし、腰は痛いし、風邪はひきやすいし、いつもだるいといった症状が続いていました。

彼は友人の紹介で鶴見クリニックを受診。身長170cm、体重76kg、血糖値265mg/dL、Cペプチド2.0(0.5~2.5までが正常値)、HbA1c値8.6(6.0~4.0の間位が正常値)と高かった。Cペプチドが正常なら、インスリンは自身の膵臓のβ細胞から十分出ています。

そこで私(鶴見隆史先生)は、インスリン注射を中止させ、同時にファスティング・メニューを提示しました。

糖尿病の場合、水分のみのファスティングをやや長くし(但し、梅干しだけは食す)、あとはハーフ・ファスティングにします。また、食物繊維のサプリメントを併用しました(これがないと善玉菌だらけにならないし、便が出にくくなる)。また、水素サプリ(カプセルの中に水素と抗酸化成分が詰まっているもので、この水素は3ヶ月抜けない)やDHA製剤(オメガ3脂肪酸がないと細胞膜はよくならないため)などを併用しました。

彼はみるみるスリムになり、同時に血糖値も全く正常となりました。インスリンは打っていないのに、14日目に早くも80前後の血糖となりました。3ヶ月経っても血糖は80前後でかつHbA1c値は5.6まで下りました。体重は58kgとなりました。また、あれだけ色々とあった不定愁訴も全くなくなっていました。嫌な腰痛や肩コリも消え、だるさもなくなり、眼も急激に良くなっていきました。

初診から1年ほど経過した時点では、体調は絶好調です。インスリン注射を中止してかつ完治した典型的な症例です。

【出典】食物療法大全「食」による病気治しの考証 鶴見隆史著

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサード・リンク



カテゴリー

『カイテキオリゴ』(赤ちゃんページ)

断食は究極のデトックス!

  1. 7. 「糖質を制限してケトン体エネルギーへ」の問題点

    間違った糖質制限食によるケトン体エネルギー産生は非常に危険な行為である。糖質で悪いのは、「ブドウ糖」…
  2. 6. ファスティング(断食)で産生される注目のエネルギー「ケトン体」

    ファスティング(断食)で産生される「ケトン体」3-ヒドロキシ酪酸は血液脳関門を通り、脳のエネルギーに…
  3. 5. ファスティング(断食)中のエネルギー源は何か?

    水しか飲まないファスティング(断食)をした場合、エネルギー源は炭水化物を代謝する解糖系からタンパク質…
  4. 3. ファスティングの人体への作用と医療効果|⑥ ファスティングによる様々な有効作用

    ファスティング(断食)には、a. 活性酸素の減少 b. ミトコンドリア系エネルギーの産生 c. ガン…
  5. 3. ファスティングの人体への作用と医療効果|⑤ ファスティング中の宿便と好転反応

    ファスティングすると、細胞便秘(毒素細胞=脂肪細胞や重金属、糖化物その他)がアポトーシスして崩壊物と…

ピックアップ記事

  1. 砂療法は、砂の中に首だけ出して、ただ入っているだけで、猛烈な毒素が出て素晴らしい効果がある。結核やガ…
  2. 砂療法による毒出し・デットクス効果は断食以上。リウマチや神経痛、慢性病や子宮筋腫、子宮ガンが治ったと…
  3. 砂糖中毒・砂糖依存症の弊害は低血糖症や骨粗鬆症、女性性の劣化に止まりません。胃腸内で真菌が増殖し、胃…
  4. 砂糖も腸壁を膨張させ、透過性を高めてアレルゲン物質を血液中に引き込みやすくする。腸管の透過性が増大し…
  5. 砂糖中毒・砂糖依存症の大きな弊害の一つに骨粗鬆症がある。血液は酸性サイドに傾くと細菌・ウィルスの繁殖…
ページ上部へ戻る