自我が消えたらてんかんも完治していた

■てんかんとは?

大脳の神経細胞(ニューロン)は規則正しいリズムでお互いに調和を保ちながら電気的に活動しています。

この穏やかなリズムを持った活動が突然崩れて、激しい電気的な乱れ(ニューロンの過剰発射)が生じることによって起きるのが、てんかん発作です。

このため、てんかん発作はよく「脳の電気的嵐」に例えられます。

また、てんかん発作は繰り返し起こることが特徴です。

そのため、1回だけの発作では、ふつうはてんかんという診断はつけられません。

てんかんの原因は人によって様々ですが、大きくは症候性てんかんと特発性てんかんに分けれます。

・症候性てんかん

脳に何らかの障害や傷があることによって起こるてんかん

(例)生まれたときの仮死状態や低酸素、脳炎、髄膜炎、脳出血、脳梗塞、脳外傷

・特発性てんかん

様々な検査をしても異常が見つからない原因不明のてんかん

(参考) 社団法人 日本てんかん協会 http://www.jea-net.jp/index.html より

以下、自然療法の大家 東城百合子先生の著書「自然療法が体を変える」(p175~) ”自我が消えたらてんかんも完治していた”よりご紹介します。

tenkan01


■自我が消えたらてんかんも完治していた

私は高校に入学して間もなく、てんかんに発作を起こすようになりました。

私も親もビックリして医者に行き、クスリを貰いました。

よく効くのですが副作用も強いので、漢方薬を飲むようになりました。

でも、目覚しい効果は得られないので、いくらか弱い薬と漢方薬を併用するようになりました。

短大を卒業、就職して働くようになったある日、会社で大発作を起こして退職させられました。

自分は世の中で使い者にならない、という絶望感から、親に反発するようになり、発作は頻繁に起こり、家の中は荒れて最悪の状態でした。

その頃、母が『あなたと健康』誌を読むようになり、自然食を始めました。

私も料理教室に通い、何とか健康になりたいと学び出しました。

でも、家では病気のことや些細なことで喧嘩になって、先生方と相談することもしばしばでした。

見かねた東城先生が、

「家を離れて他の人の中で生活すれば、あなたの強い自我も消えるでしょう」

と言われ、ある方を紹介して頂きました。

わがままで、朝も満足に起きられない私でしたが、六時には起きて心を定め、生かされたいのちに感謝し、生きることは祈りから始まることを生活の中から学びました。

食べ物も、いのちを大切にして手作りし、玄米を有難く頂きます。

料理教室で学んでいましたが、実際の毎日の生活になるとウロウロすることばかりでした。

辛いこともありましたが、ここを逃れていっても、どこも受け入れてくれません。

また、もとの次元に引き戻されてしまいます。

藁をもつかむ思いでした。

でも、玄米食を通して自然の恵みの有難さが、手当のコンニャク湿布、ビワ湿布、ビワ葉温灸を通して働く自然の思いやりが、少しずつ日が経つにつれて判るようになり、生かされているいのちの尊さ、心の大切さを知ることになりました。

それまで、救いを求めて色々な団体に行きましたが、心の安らぎを得られずに空しい思いをし、なかなか目覚めることのできなかった私も、鍛えられるうちに心が開き、楽になっていったのです。

クスリを最低量に抑えても発作が起きなくなり、その後、クスリを全く飲まないで数年になりましたが、もう病気は完全に治っていました。

一生独身で暗い人生を送ってしかるべき者でしたが、結婚させて頂き、今は三人の子にも恵まれ感謝の日々を送っています。

●東城先生コメント

神経が圧迫され、詰まって痙攣を起こす。

出てきた症状には根があって、枝となって現れてきた。

何故詰まったのか。それを追いかけました。

それは自分の中にある。

何かのせいにして逃げて歩いても同じことの繰り返しです。

自分の生活、生き方、考え方を正すことしかない。

何もせず、勉強を大事にして家事手伝いもしないから、料理もできない。

その空白をうめながら温かい人の温もりで満たされていきました。

今は完全にクスリもいらなくなり完治しましたと、ご主人と三人のお子さんと一緒にお元気な姿を見せて下さいました。

【出典】自然療法が「体」を変える 東城 百合子著

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサード・リンク



カテゴリー

『カイテキオリゴ』(赤ちゃんページ)

断食は究極のデトックス!

  1. 7. 「糖質を制限してケトン体エネルギーへ」の問題点

    間違った糖質制限食によるケトン体エネルギー産生は非常に危険な行為である。糖質で悪いのは、「ブドウ糖」…
  2. 6. ファスティング(断食)で産生される注目のエネルギー「ケトン体」

    ファスティング(断食)で産生される「ケトン体」3-ヒドロキシ酪酸は血液脳関門を通り、脳のエネルギーに…
  3. 5. ファスティング(断食)中のエネルギー源は何か?

    水しか飲まないファスティング(断食)をした場合、エネルギー源は炭水化物を代謝する解糖系からタンパク質…
  4. 3. ファスティングの人体への作用と医療効果|⑥ ファスティングによる様々な有効作用

    ファスティング(断食)には、a. 活性酸素の減少 b. ミトコンドリア系エネルギーの産生 c. ガン…
  5. 3. ファスティングの人体への作用と医療効果|⑤ ファスティング中の宿便と好転反応

    ファスティングすると、細胞便秘(毒素細胞=脂肪細胞や重金属、糖化物その他)がアポトーシスして崩壊物と…

ピックアップ記事

  1. 本マグロの可食部はせいぜい60%程度で、脂が一番多くのっているトロは少ないのが普通。最高級のクロマグ…
  2. 殆どのコーヒーフレッシュが菜種油などの植物性油脂を主原料としたもので、決して本物のミルクではないもの…
  3. 食品添加物が増加すると共にガン患者も相当な勢いで増加している。データとグラフで説明。薬品の複合使用は…
  4. 沖縄県民が長寿だった頃は、大豆食品の摂取量は世界一であり、そのためか乳ガン、前立腺ガン、大腸ガン、卵…
  5. BHA(ブチルヒドロキシアニソール)とBHT(ブチルヒドロキシトルエン)は、油脂、バター、魚介乾製品…
ページ上部へ戻る