薬は毒!|副腎皮質ステロイド剤の恐怖

抗ガン剤も怖いし抗生物質も怖いけれど、致命的になるのはステロイド剤の多用です。現代の医療は不思議なほどこのステロイド剤を多用しています。

【喘息患者(40歳代・男性の例)】

この人は30歳代で喘息が出現しました。沢山の薬を病院で処方されていましたが、彼はステロイド剤だけは飲まずに捨てていました。彼の喘息はよくも悪くもならず一進一退でしたが、日常生活は出来ていました。

45歳の時、鶴見クリニックを受診。水素サプリメントを多用し、食事内容を大幅に変える指導をしたところ、症状は急速に改善。1年もしないうちに完治しました。

この患者さんは次のように証言しました。「病院の外来で知り合った仲間が5人いました。全員喘息患者で、メールをやり取りして励まし合っていました。彼らはみなステロイド剤を飲み続けていましたが、この5年以内に5人とも亡くなりました。全員40歳代の若さでした。自分はステロイド剤を飲まずにいて助かった」

ステロイド剤を多用し続けると副作用が色々出てきます。最悪の副作用は脳症、骨粗鬆症、胃潰瘍、白内障、そして急死することもあります。

【多発硬化症患者(30歳代・女性)】

私(鶴見隆史先生)は多発性硬化症の患者を3人完治させています。もちろん薬を一切使わずにです。最近は最高の水素サプリメント(抗酸化作用がある)が出てきたので、比較的早く治るようになったのは嬉しい限りです。

3人の多発硬化症の患者さんは、大学病院で薬漬けにされて、眼も見えにくくなっていたほどでしたが、私のところでよくなり、完治するまで持っていけました。実際の治療法「断食」→「食養生」→「適切なサプリメント」→「ホルミシス遠赤外岩盤浴」の威力は凄いと実感しています。

【ステロイド剤の副作用で手遅れだった方も…】

一方、若いうちから大学病院でステロイドを含む免疫抑制剤を多用され、副作用だらけになってやって来た多発硬化症の女性患者は悲惨でした。まだ30歳代前半だったにも拘わらず、大腿骨頭壊死により車椅子で私のところに来たのです。眼は白内障になっており、近々手術する予定だと言います。大腿骨も手術予定で、胃潰瘍にもなり、薬で治したそうです。これはすべてステロイド剤の副作用です。

しかし、「もう薬は止められない」と彼女は言いました。また家族もこの方針で”良し”としていたので、私の治療は全くやらないということで帰ってもらったのでした。

ここまで来るともう薬漬けでやってもらうしかありませんが、病気というよりも、薬で悪化させていることは誰の目にも明白です。この人のその後は知りませんが、もう生きていないかも知れません。しかし、こういった方でも、もっと早ければ、しかも副作用が出る前なら、どこまでも良くなっただろうと思います。

■膠原病科や神経内科の「ステロイド漬け医療」に大きな疑問が…

私は膠原病科や神経内科の「ステロイド漬け医療」に大きな疑問を持っています。ステロイド剤を多用され、若くして急死しているケースが多いからです。こういった病気はそれこそ「腸」から治せば完治にまで持っていけるのにとつくづく思います。喘息も同様です。

【出典】食物療法大全「食」による病気治しの考証 鶴見隆史著

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサード・リンク



カテゴリー

カイテキオリゴ

断食は究極のデトックス!

  1. 7. 「糖質を制限してケトン体エネルギーへ」の問題点

    間違った糖質制限食によるケトン体エネルギー産生は非常に危険な行為である。糖質で悪いのは、「ブドウ糖」…
  2. 6. ファスティング(断食)で産生される注目のエネルギー「ケトン体」

    ファスティング(断食)で産生される「ケトン体」3-ヒドロキシ酪酸は血液脳関門を通り、脳のエネルギーに…
  3. 5. ファスティング(断食)中のエネルギー源は何か?

    水しか飲まないファスティング(断食)をした場合、エネルギー源は炭水化物を代謝する解糖系からタンパク質…
  4. 3. ファスティングの人体への作用と医療効果|⑥ ファスティングによる様々な有効作用

    ファスティング(断食)には、a. 活性酸素の減少 b. ミトコンドリア系エネルギーの産生 c. ガン…
  5. 3. ファスティングの人体への作用と医療効果|⑤ ファスティング中の宿便と好転反応

    ファスティングすると、細胞便秘(毒素細胞=脂肪細胞や重金属、糖化物その他)がアポトーシスして崩壊物と…

ピックアップ記事

  1. 砂療法は、砂の中に首だけ出して、ただ入っているだけで、猛烈な毒素が出て素晴らしい効果がある。結核やガ…
  2. 砂療法による毒出し・デットクス効果は断食以上。リウマチや神経痛、慢性病や子宮筋腫、子宮ガンが治ったと…
  3. 砂糖中毒・砂糖依存症の弊害は低血糖症や骨粗鬆症、女性性の劣化に止まりません。胃腸内で真菌が増殖し、胃…
  4. 砂糖も腸壁を膨張させ、透過性を高めてアレルゲン物質を血液中に引き込みやすくする。腸管の透過性が増大し…
  5. 砂糖中毒・砂糖依存症の大きな弊害の一つに骨粗鬆症がある。血液は酸性サイドに傾くと細菌・ウィルスの繁殖…
ページ上部へ戻る