■日本人の殆んど(90~95%)は乳糖不耐症

牛乳を一気に飲んでお腹がゴロゴロした経験は、日本人の殆どが持っているかも知れません。牛乳の乳糖を消化できない体質の人を「乳糖不耐症」と言いますが、日本人の殆んど(90~95%)は乳糖不耐症です。

これは民族差がハッキリしていて、一般に遊牧民族は牛乳を飲んでも平気ですが、日本人は体質的にも牛乳は合いません。このことも日本人にとって特に牛乳がよくない理由の一つです。日本人は乳糖を分解する酵素の一つであるラクターゼが、離乳つまり乳離れをすると同時に腸から失われてしまっているのです。


【出典】https://www.fizz-di.jp/ より

ただ下痢をするだけならどうということはないように思われますが、下痢の時に乳糖と一緒に大切なカルシウムも流れ出てしまうから問題なのです。また、ミネラルやビタミンも大幅に失われてしまいます。同時に大切な酵素も出ていってしまいます。

【出典】食物療法大全「食」による病気治しの考証 鶴見隆史著

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサード・リンク



カテゴリー

カイテキオリゴ
ページ上部へ戻る