食物の糖化(外因性糖化と内因性糖化)について

糖化には「外因性糖化」と「内因性糖化」があります。

■外因性糖化とは?

外因性糖化とは、初めから糖化してしまっている食物で、具体的には高GI食品(GI=グリセリック・インデックス)です。高GI食は、高血糖 → 低血糖 → 高血糖 → 低血糖を繰り返しますが、同時に血中で糖化を起こし、その結果、ルロー(赤血球連銭形状)になるなど、様々な問題を起こします。

外因性糖化は、焼く、炒める、揚げる(天ぷら、フライ等)ことで起こります。加工肉(ハム、ウィンナー、ソーセージ、ベーコン、サラミ)や小麦粉製品(パン、パスタ、うどん、ラーメン)でも起こります。蒸す、茹でる、煮ることによっては、糖化は殆んど起こりません。

■内因性糖化とは?

内因性の糖化とは、体内でメイラード反応を起こして糖化することです。具体的には、糖質の食物を多く摂取すると、血中のヘモグロビンと反応してHbAIC(糖化ヘモグロビン)が多量に発生し、これが糖尿病の原因物質となります。

糖化物質を食べると、大半は消化のプロセスの過程で分解され便になって出ていきますが、10%は分解されず吸収します。吸収されたうち0.7%は細胞に吸収されて沈着します。

この量は0.7%ぐらいですから大したことはなさそうですが、積もり積もれば相当な量になります。年間1,000回食事をしAGEを貯めると大変な量が細胞に沈着していることになるからです。しかも、一度細胞に入ってしまうとそれを排泄する手段は極めて少ないとされています。

【出典】食物療法大全「食」による病気治しの考証 鶴見隆史著

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサード・リンク



カテゴリー

『カイテキオリゴ』

断食は究極のデトックス!

  1. 7. 「糖質を制限してケトン体エネルギーへ」の問題点

    間違った糖質制限食によるケトン体エネルギー産生は非常に危険な行為である。糖質で悪いのは、「ブドウ糖」…
  2. 6. ファスティング(断食)で産生される注目のエネルギー「ケトン体」

    ファスティング(断食)で産生される「ケトン体」3-ヒドロキシ酪酸は血液脳関門を通り、脳のエネルギーに…
  3. 5. ファスティング(断食)中のエネルギー源は何か?

    水しか飲まないファスティング(断食)をした場合、エネルギー源は炭水化物を代謝する解糖系からタンパク質…
  4. 3. ファスティングの人体への作用と医療効果|⑥ ファスティングによる様々な有効作用

    ファスティング(断食)には、a. 活性酸素の減少 b. ミトコンドリア系エネルギーの産生 c. ガン…
  5. 3. ファスティングの人体への作用と医療効果|⑤ ファスティング中の宿便と好転反応

    ファスティングすると、細胞便秘(毒素細胞=脂肪細胞や重金属、糖化物その他)がアポトーシスして崩壊物と…

ピックアップ記事

  1. 砂糖中毒・砂糖依存症の弊害は低血糖症や骨粗鬆症、女性性の劣化に止まりません。胃腸内で真菌が増殖し、胃…
  2. 砂糖も腸壁を膨張させ、透過性を高めてアレルゲン物質を血液中に引き込みやすくする。腸管の透過性が増大し…
  3. 砂糖中毒・砂糖依存症の大きな弊害の一つに骨粗鬆症がある。血液は酸性サイドに傾くと細菌・ウィルスの繁殖…
  4. 朝食を抜いて一日二食に慣れてきたら、次は一日一食にチャレンジしよう。但し、急いではダメ!頭では考ええ…
  5. 一日二食になったら、食事の質を変えていくことを始めよう。肉食を控えて、徐々に野菜中心の食事にしていく…
ページ上部へ戻る