砂糖をとり過ぎは毒!流産や早産、奇形の発生率の増大が…

砂糖を大量にとることが恒常化すると流産しやすいことは以前ご紹介しましたが、流産はまだ良い方かも知れません。

恐ろしいことに、砂糖のとり過が続くと、流産や早産、奇形の発生率の増大のリスクがたかくなるのです。

砂糖のとり過ぎが日常化してくると、赤ちゃんに恵まれた場合でも、その赤ちゃんが、非常に辛い人生を送る恐れが高くなります。

折角恵まれた赤ちゃんに、『生れて来なきゃ良かった』、こんな思いはさせたくないし、自分もしたくないものです。

砂糖のとり過ぎが大切な胎児に与える悪影響について「砂糖は体も心も狂わせる」(p89~) 高尾 利数著 “毒砂糖の胎児に与える影響”からご紹介しましょう。

short-cake04.jpg

・甘味のとり過ぎは程々に…

後藤美基氏はその著書の中で、毒砂糖が胎児に与える恐るべき影響のいくつかを報告しています。

まず、母胎に表われる変化として

① 子宮、卵巣の発育不良
② 子宮の収縮力減退
③ 妊娠期間の延長
④ 羊水過少症の発現
⑤ 流産。早産の激増

をあげています。

胎児に対する影響としては、

① 体重が妊娠の各時期に著しく減少し、しかも、妊娠の回数を重ねるにしたがって、次第にその強度を増すこと。

② 骨格、特に頭蓋骨への影響が大きく、頭蓋骨は前後径が短縮し、頭頂部が高くなる。

甚だしいときには、生後2、3日で頭頂部がふくれ、先天性脳水腫を発症する。

いずれも妊娠回数に正比例して増大する。

③ 奇形の発生率が増大する。

ある収容施設での片瀬教授の調査によると、白痴・変質者・非行少年の助骨下縁の角度(みずおちの上で山形になっている助骨弓のひろがり)つまり上膜角が全員90度以下で、ひどい場合には60度以下があったそうです。

普通の人は90度以上で、強健で正常な人ほど広いのです。

こういうケースを見ると、母親が普段、とりわけ妊娠中に毒砂糖を食べ続けたり、煙草を吸い、酒を飲み、肉食などをし過ぎると、実に恐ろしい結果に至ることが判ると思います。

(出典) 砂糖は体も心も狂わせる 高尾 利数著

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサード・リンク



カテゴリー

『カイテキオリゴ』(赤ちゃんページ)

断食は究極のデトックス!

  1. 2. ファスティング(断食)の効果|海外からの報告

    ガン治療には抗ガン剤や分子標的薬よりも、単に「絶食」した方が効果が高い。ロシアのゴリヤツンスク診療所…
  2. 1. ファスティング(断食)は病気治療の第一ステップ

    食生活が飽食になって細胞内便秘(細胞レベルでの代謝不良)となり、ガンなどあらゆる病気を呼び込んでいる…
  3. 断食は究極のデトックス法 体本来の自然治癒力を呼び覚ます

    人間の体は"生命を維持する"目的で、絶えず、消化、吸収、運搬、代謝、排出というプロセスを繰り返してい…

ピックアップ記事

  1. ガン治療には抗ガン剤や分子標的薬よりも、単に「絶食」した方が効果が高い。ロシアのゴリヤツンスク診療所…
  2. 花粉症は鼻の三大症状だけでなく、目の痒み、涙、充血等を伴う場合が多く、その他にノドや皮膚の痒み、下痢…
  3. 食生活が飽食になって細胞内便秘(細胞レベルでの代謝不良)となり、ガンなどあらゆる病気を呼び込んでいる…
  4. ジャンクフードやファーストフードを毎日食べ続けたときの災いは、次の二点。1. ビタミン、ミネラル、必…
  5. 喘息患者さんの多くは、窒息状態や呼吸困難などの症状を、大抵の場合、夜明けに経験する。ところが、花粉は…
ページ上部へ戻る