砂糖をとり過ぎは毒!流産や早産、奇形の発生率の増大が…

砂糖を大量にとることが恒常化すると流産しやすいことは以前ご紹介しましたが、流産はまだ良い方かも知れません。

恐ろしいことに、砂糖のとり過が続くと、流産や早産、奇形の発生率の増大のリスクがたかくなるのです。

砂糖のとり過ぎが日常化してくると、赤ちゃんに恵まれた場合でも、その赤ちゃんが、非常に辛い人生を送る恐れが高くなります。

折角恵まれた赤ちゃんに、『生れて来なきゃ良かった』、こんな思いはさせたくないし、自分もしたくないものです。

砂糖のとり過ぎが大切な胎児に与える悪影響について「砂糖は体も心も狂わせる」(p89~) 高尾 利数著 “毒砂糖の胎児に与える影響”からご紹介しましょう。

short-cake04.jpg

・甘味のとり過ぎは程々に…

後藤美基氏はその著書の中で、毒砂糖が胎児に与える恐るべき影響のいくつかを報告しています。

まず、母胎に表われる変化として

① 子宮、卵巣の発育不良
② 子宮の収縮力減退
③ 妊娠期間の延長
④ 羊水過少症の発現
⑤ 流産。早産の激増

をあげています。

胎児に対する影響としては、

① 体重が妊娠の各時期に著しく減少し、しかも、妊娠の回数を重ねるにしたがって、次第にその強度を増すこと。

② 骨格、特に頭蓋骨への影響が大きく、頭蓋骨は前後径が短縮し、頭頂部が高くなる。

甚だしいときには、生後2、3日で頭頂部がふくれ、先天性脳水腫を発症する。

いずれも妊娠回数に正比例して増大する。

③ 奇形の発生率が増大する。

ある収容施設での片瀬教授の調査によると、白痴・変質者・非行少年の助骨下縁の角度(みずおちの上で山形になっている助骨弓のひろがり)つまり上膜角が全員90度以下で、ひどい場合には60度以下があったそうです。

普通の人は90度以上で、強健で正常な人ほど広いのです。

こういうケースを見ると、母親が普段、とりわけ妊娠中に毒砂糖を食べ続けたり、煙草を吸い、酒を飲み、肉食などをし過ぎると、実に恐ろしい結果に至ることが判ると思います。

(出典) 砂糖は体も心も狂わせる 高尾 利数著

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサード・リンク



カテゴリー

カイテキオリゴ

ピックアップ記事

  1. プロポリスほど総合的な栄養素を含む健康食品は珍しいと言われてるが、健康食品に関する国民健康センターへ…
  2. ローヤルゼリーは、人間が飲んだからといって寿命が伸びたり若返ったりする根拠は今のない。高カロリー食な…
  3. プルーンの鉄分は言われるほど多くはなく、国立健康・栄養研究所の「『健康食品』の安全性・有効性情報」の…
  4. ブルーベリーの青い色は目を休めるような気がしないでもありませんが、日本に導入されてから半世紀近くが経…
  5. クロレラは大きな市場を持つ一方で、各地の消費者センターに寄せられるトラブル、苦情件数も健康食品の中で…
  6. トクホの飲料は色々あり、確かに何らかの効果は認められるのだろうが、その効果の程度は甚だ疑問で、実質的…
  7. イチョウ葉エキスはギンコール酸が除去されたものを選ぶことがポイント。ギンコール酸はアレルギーの元とな…
  8. 食肉志向が、世界の飢餓に拍車を駆けている。食肉1kgの生産に必要な穀物量は、牛肉の場合 8kg。アメ…
  9. アメリカの排泄される牛の排泄物は年間10億トンにも達し、糞尿による河川や地下水の汚染は、国内にある全…
  10. アメリカの肉牛生産工場フィードロットの牛たちは、ビタミン剤入りの濃厚飼料を食べさせられ、加えて抗生物…
ページ上部へ戻る