ガンによる死亡者数比率はアメリカより日本の方が高い

このようなガンの増加傾向を続けている国は、世界の先進国の中で日本が突出しています。欧米諸国では毎年約1%程度、ガンによる死亡者数が減っているのです。ガンによる死亡率を日米で比較したものが次のグラフです。これはWHOが発表しているガンに関するデータより作成したものです。

これによると、人口10万人当たりの粗死亡率では、1,960年の時点では男女ともにアメリカの方が高かったものが、男性は1,990年に、女性は2,005年に逆転して、以後、日本人のガン死亡率はずっとアメリカを上回っています。

しかし、これは考慮していない粗死亡率なので、高齢化率がアメリカよりも高い日本の方が(2,015年時点でアメリカ14.8%、日本26.7%)ガンの罹患率や死亡率が高いのは当然としても、年齢調整後においても、男性は2,000年に日米逆転して、日本人男性のガン死亡率はアメリカを上回っています。これに対して、かつては病人大国の筆頭だったアメリカは、「マクガバン報告」を境に、少しずつ良くなってきました。

■医療技術は進歩しても増える病人

日本におけるガンによる死亡者数は下記のグラフ「日本人の主要死因の推移」にあるように、1,970年代から増加し始め、2,001年には30万人を突破。

2,015年には37万340人、35年で2.7倍に増加しました。健康診断や人間ドッグの普及によってガンが発見されることが多くなり、病名が明確になったこともあるでしょうが、これはどう見ても異常な増加です。また、ガンなどの生活習慣病以外の疾病についても増え続けているものが少なくありません。これらのデータを見ると驚くべき状況です。

技術の進歩と共に人間の生活は改善されていくのが普通ですが、医療については、真逆のことが起こっているようです。

【出典】食物療法大全「食」による病気治しの考証 鶴見隆史著

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサード・リンク



カテゴリー

『カイテキオリゴ』(赤ちゃんページ)

断食は究極のデトックス!

  1. 7. 「糖質を制限してケトン体エネルギーへ」の問題点

    間違った糖質制限食によるケトン体エネルギー産生は非常に危険な行為である。糖質で悪いのは、「ブドウ糖」…
  2. 6. ファスティング(断食)で産生される注目のエネルギー「ケトン体」

    ファスティング(断食)で産生される「ケトン体」3-ヒドロキシ酪酸は血液脳関門を通り、脳のエネルギーに…
  3. 5. ファスティング(断食)中のエネルギー源は何か?

    水しか飲まないファスティング(断食)をした場合、エネルギー源は炭水化物を代謝する解糖系からタンパク質…
  4. 3. ファスティングの人体への作用と医療効果|⑥ ファスティングによる様々な有効作用

    ファスティング(断食)には、a. 活性酸素の減少 b. ミトコンドリア系エネルギーの産生 c. ガン…
  5. 3. ファスティングの人体への作用と医療効果|⑤ ファスティング中の宿便と好転反応

    ファスティングすると、細胞便秘(毒素細胞=脂肪細胞や重金属、糖化物その他)がアポトーシスして崩壊物と…

ピックアップ記事

  1. 慢性病の増加は食事の変化が主原因である。欧米人がアフリカを侵略して後、圧倒的に慢性病が増加していった…
  2. 日本人の戦後の食生活の変貌は正に革命的。大変化をまとめると①高タンパク質(特に動物性) ② 高脂肪 …
  3. 糖尿病および糖尿病を強く疑われる人が2,000万人と60年間で400倍に激増している。食事には少しも…
  4. 欧米諸国では毎年約1%程度、ガンによる死亡者数が減っているが、日本では増え続け、ガンによる死亡者数比…
  5. 日本では医療技術・サービス体制が充実し高度化しているにも拘らず、糖尿病、脂質異常症、高血圧症、悪性新…
ページ上部へ戻る