食の常識、「朝はしっかり食べろ」「三食しっかり食べろ」は大間違い!(2)

■目が覚めてすぐは、内臓その他の臓器が活動していない

身体がよく活動し始めるのは起きて3~5時間経ってからです。それ故、目が覚めてすぐ栄養のあるものをしっかり食べたら、ただただ内臓(胃腸のみならず肝、腎、心臓まで)は疲れ果ててしまいます。そして、ホルモン系も自律神経系も異常をきたしてしまうことになります。

「頭脳は朝起きてから3時間経ってしっかりと活動する」という話をテレビや学校などで聞いたことはないでしょうか?私は中学生の時に先生から次のように言われたものです。「お前ら、明日はテストだ。9時からだから、たまには朝6時に起きろよな。人間の頭は3時間経たないとよく働かないからな」と。

先生の言葉は全くその通りです。3時間経って活動するのは頭だけではありません。胃も腸も腎臓も肝臓も、すべて起床してから3時間後に活動を始めるのです。

そういう生理的特徴のある人間が朝しっかり食べたら、消化不良を起こすのは当たり前です。朝は酵素がしっかりあって消化の良いフルーツがベストなのはこのような理由からです。

■中国では時間と病気(経絡)の関係が明示されている

下の図は、「各経絡が弱る時刻」ということを表しています。例えば午前2時なら肝経が、午前4時なら肺経が弱るということです。

これは不思議なほどよく当たります。肝硬変の人なら午前2時頃悪化するし、喘息患者なら午前4時頃発作が起こりやすいのです。そして、午前6時は大腸経、午前8時は胃経、午前10時は脾経となり、内臓特に胃腸が最も弱るのは午前中にしぼられます。(この図でいうい脾経は現在の脾臓ではなく、膵臓や腸の消化力=腸の絨毛を表しています。ちなみに小腸経の小腸は水はけを表します)

したがって中国では、午前中は胃腸が弱るため、朝に大食や美食をするのは禁忌とされていました。

■一日二食で消化器系が休息できる

一日二食ならば、胃と腸と肝その他の消化器系臓器が働く頻度が少なくなり、それらの臓器の休息につながります。三食では働かせ過ぎで、内臓が疲れ果てて弱ってしまい、それは病気の遠因となります。

消化器系は意思で働く器官ではありません。「休みなさい」と命じても休んでくれません。だからこそ、しっかり休めるように食物を適切に摂る必要があるのです。

【出典】食物療法大全「食」による病気治しの考証 鶴見隆史著

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサード・リンク



カテゴリー

『カイテキオリゴ』

断食は究極のデトックス!

  1. 7. 「糖質を制限してケトン体エネルギーへ」の問題点

    間違った糖質制限食によるケトン体エネルギー産生は非常に危険な行為である。糖質で悪いのは、「ブドウ糖」…
  2. 6. ファスティング(断食)で産生される注目のエネルギー「ケトン体」

    ファスティング(断食)で産生される「ケトン体」3-ヒドロキシ酪酸は血液脳関門を通り、脳のエネルギーに…
  3. 5. ファスティング(断食)中のエネルギー源は何か?

    水しか飲まないファスティング(断食)をした場合、エネルギー源は炭水化物を代謝する解糖系からタンパク質…
  4. 3. ファスティングの人体への作用と医療効果|⑥ ファスティングによる様々な有効作用

    ファスティング(断食)には、a. 活性酸素の減少 b. ミトコンドリア系エネルギーの産生 c. ガン…
  5. 3. ファスティングの人体への作用と医療効果|⑤ ファスティング中の宿便と好転反応

    ファスティングすると、細胞便秘(毒素細胞=脂肪細胞や重金属、糖化物その他)がアポトーシスして崩壊物と…

ピックアップ記事

  1. 砂糖中毒・砂糖依存症の弊害は低血糖症や骨粗鬆症、女性性の劣化に止まりません。胃腸内で真菌が増殖し、胃…
  2. 砂糖も腸壁を膨張させ、透過性を高めてアレルゲン物質を血液中に引き込みやすくする。腸管の透過性が増大し…
  3. 砂糖中毒・砂糖依存症の大きな弊害の一つに骨粗鬆症がある。血液は酸性サイドに傾くと細菌・ウィルスの繁殖…
  4. 朝食を抜いて一日二食に慣れてきたら、次は一日一食にチャレンジしよう。但し、急いではダメ!頭では考ええ…
  5. 一日二食になったら、食事の質を変えていくことを始めよう。肉食を控えて、徐々に野菜中心の食事にしていく…
ページ上部へ戻る