牛乳飲んで骨粗鬆…牛乳は重要なカルシウム源!?(3) 良質なCaが体外流出

「骨粗しょう症の予防には牛乳」という話を聞きますが、実は大きな間違いと言えそうです。

牛乳を飲むと、牛乳に含まれる悪いカルシウムが人体に必要な良質のカルシウムを連れ出して体外に流出させてしまいます。

そのため、ミルクや牛乳を飲めば飲むほど体内のカルシウムが不足して虫歯や複雑骨折が多く見られるようになります。

実際、牛乳を大量に飲んでいる北欧の人たちほど、骨粗しょう症に悩まされている人が多いそうです。(フィンランド、スウェーデン、オランダ、イギリス、アメリカなど)

bokujou02

アメリカでは、牛乳はいまや不健康食品として「健康のために」というコマーシャルは一切禁止されています。

元々、牛乳は不飽和脂肪酸が多くカロリーが高いので、肥満促進飲料なのです。

牛乳を飲みましょうとこれだけ推進されているにも関わらず骨がもろく肥満ぎみの子供たちが増えています。

これはこういう理由も背景にある訳です。

牛乳を飲まなくても、他に良い食べ物は沢山あります。

タンパク質については、玄米などの穀類に豊富に含まれています。

また、カルシウムを取りたければ、ひじきやわかめなどの海藻類がいいでしょう。

こうした食材には牛乳よりもはるかに多くのカルシウムが、人に使える形で含まれているのです。

現代に増えてきた病気のいくつかは、乳製品が日常的に取られるようになったことにその一因があります。

健康で美しく楽しくいきるためには、牛乳や乳製品を取る習慣は見直した方がいいようです。

【出典】 久司道夫のマクロビオティック入門編

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサード・リンク



カテゴリー

カイテキオリゴ

断食は究極のデトックス!

  1. 7. 「糖質を制限してケトン体エネルギーへ」の問題点

    間違った糖質制限食によるケトン体エネルギー産生は非常に危険な行為である。糖質で悪いのは、「ブドウ糖」…
  2. 6. ファスティング(断食)で産生される注目のエネルギー「ケトン体」

    ファスティング(断食)で産生される「ケトン体」3-ヒドロキシ酪酸は血液脳関門を通り、脳のエネルギーに…
  3. 5. ファスティング(断食)中のエネルギー源は何か?

    水しか飲まないファスティング(断食)をした場合、エネルギー源は炭水化物を代謝する解糖系からタンパク質…
  4. 3. ファスティングの人体への作用と医療効果|⑥ ファスティングによる様々な有効作用

    ファスティング(断食)には、a. 活性酸素の減少 b. ミトコンドリア系エネルギーの産生 c. ガン…
  5. 3. ファスティングの人体への作用と医療効果|⑤ ファスティング中の宿便と好転反応

    ファスティングすると、細胞便秘(毒素細胞=脂肪細胞や重金属、糖化物その他)がアポトーシスして崩壊物と…

ピックアップ記事

  1. 本マグロの可食部はせいぜい60%程度で、脂が一番多くのっているトロは少ないのが普通。最高級のクロマグ…
  2. 殆どのコーヒーフレッシュが菜種油などの植物性油脂を主原料としたもので、決して本物のミルクではないもの…
  3. 食品添加物が増加すると共にガン患者も相当な勢いで増加している。データとグラフで説明。薬品の複合使用は…
  4. 沖縄県民が長寿だった頃は、大豆食品の摂取量は世界一であり、そのためか乳ガン、前立腺ガン、大腸ガン、卵…
  5. BHA(ブチルヒドロキシアニソール)とBHT(ブチルヒドロキシトルエン)は、油脂、バター、魚介乾製品…
ページ上部へ戻る