牛乳飲んで骨粗鬆…牛乳は重要なカルシウム源!?(3) 良質なCaが体外流出

毒出し・デトックス健康法.com > 気付かない?身近にある毒素 > 牛乳飲んで骨粗鬆・乳ガン… > 牛乳飲んで骨粗鬆…牛乳は重要なカルシウム源!?(3) 良質なCaが体外流出

牛乳飲んで骨粗鬆…牛乳は重要なカルシウム源!?(3) 良質なCaが体外流出

「骨粗しょう症の予防には牛乳」という話を聞きますが、実は大きな間違いと言えそうです。

牛乳を飲むと、牛乳に含まれる悪いカルシウムが人体に必要な良質のカルシウムを連れ出して体外に流出させてしまいます。

そのため、ミルクや牛乳を飲めば飲むほど体内のカルシウムが不足して虫歯や複雑骨折が多く見られるようになります。

実際、牛乳を大量に飲んでいる北欧の人たちほど、骨粗しょう症に悩まされている人が多いそうです。(フィンランド、スウェーデン、オランダ、イギリス、アメリカなど)

bokujou02

アメリカでは、牛乳はいまや不健康食品として「健康のために」というコマーシャルは一切禁止されています。

元々、牛乳は不飽和脂肪酸が多くカロリーが高いので、肥満促進飲料なのです。

牛乳を飲みましょうとこれだけ推進されているにも関わらず骨がもろく肥満ぎみの子供たちが増えています。

これはこういう理由も背景にある訳です。

牛乳を飲まなくても、他に良い食べ物は沢山あります。

タンパク質については、玄米などの穀類に豊富に含まれています。

また、カルシウムを取りたければ、ひじきやわかめなどの海藻類がいいでしょう。

こうした食材には牛乳よりもはるかに多くのカルシウムが、人に使える形で含まれているのです。

現代に増えてきた病気のいくつかは、乳製品が日常的に取られるようになったことにその一因があります。

健康で美しく楽しくいきるためには、牛乳や乳製品を取る習慣は見直した方がいいようです。

【出典】 久司道夫のマクロビオティック入門編

スポンサード・リンク


関連情報

  1. 骨粗鬆症の本当の原因–ハーバード大学VS牛乳メーカー
  2. 牛乳飲んで骨粗鬆…牛乳は重要なカルシウム源!?(2) カゼイン等は人体に不要
  3. 牛乳飲んで骨粗鬆…牛乳は重要なカルシウム源!?(1) 牛乳は子牛育牛用


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

■猛烈に毒だしする砂療法

砂療法の絶大な毒だし効果


砂の中に首だけ出して、ただ入っているだけで、猛烈な毒素が出て素晴らしい効果をもたらします。


結核やガンなどで治りにくいものでも、大変効果があります。 その他、
・神経痛、リウマチ、腰や肩の痛み 
特に皮膚病にも効果てきめんです。 どんな病気でもよくないというものはなく、非常に安全な療法です。


■断食は究極のデトックス!

断食は体本来の自然治癒力を呼び覚ます


現代人は悪い食事や環境汚染によって多くの有害物質が体内に蓄積しています。


解毒・排泄の仕事を担当する腸や肝臓などの臓器はオーバーワークを繰り返して疲労困憊の様相を呈しています。


断食することによってリセットされた内臓は、確実に機能がアップします。 解毒力が向上し栄養素の吸収力も高まっていきます。


オーストラリアFX