ナチュラル・ハイジーンは、薬を使わずに体に本来備わっている自然治癒力を最大限に生かすために19世紀のアメリカの医師達が考案した科学的な超健康法です。

究極の毒だし、デトックス健康法であり、身につけば、毒素をとり込むことも皆無となります。

あなたの決断さえあれば、お金もかからず、手軽に誰でも出来ます。

■グルメ大好きは要注意

お肉とかお魚とか甘い物やファースト・フード、アルコールなどが大好きな方はご自分の健康に要注意です。

私たちの体液は通常に弱アルカリ性に保たれています。

これらの食品は体液を酸性サイドに傾けさせるので、体内の骨や歯などからカルシウム分を奪い、体液を弱アルカリ性に戻すように働きます。

体内のカルシウム分が少なくなってくると、骨が脆くなる、爪が割れやすくなる、イライラしやすくなるなどの障害が出てきます。

グルメ大流行の昨今ですが、グルメを自認しているタレントさんは、言いたくないけど、死に急いでいるのです。

以下、以下、「ガンに至る病気の七段階レベル」について、「50代からの超健康革命」松田麻美子著よりご紹介したいと思います。

2. 毒血症

排泄し切れなかった有害物質(毒素)が、血液やリンパ、そして組織の中で飽和状態になっています。

この状態を『毒血症』と呼びます。

hy13.jpg

・http://blog.goo.ne.jp/schuleabe より


毒血症(または自家中毒)では、腸が便秘のために有害物質で飽和状態になっているばかりか、

・腺、細胞と細胞の間、血液循環やリンパ組織の中

など、全身が毒素の飽和状態になっています。

そのためナチュラル・ハイジーンでは毒血症を『細胞の便秘』とも呼びます。

この細胞を取り囲んでいる体液が老廃物で飽和状態になってしまうと、細胞は酸素や栄養を取り入れることが出来なくなるばかりか、細胞の中の老廃物を外へ運び出してもらうことも出来なくなります。

細胞は老化し、突然変異を起こしたり、正しく働くことが出来なくなり、やがて死んでいきます。

このような細胞で構成された組織には異変が生じてきます。

超健康を目指すには、私たちは細胞が浸されている体液を絶えず清潔に保っておく必要があるのです。

アレキシス・カレル博士は鶏の心臓から取り出した細胞を、アルカリ性の溶液に浸して保存し、毎日その液を新しいものに取り替え続けることによって、その溶液を取り替えるのを止める迄の28年間、心臓の細胞を生き続けさせたという実験を行なっています。

私たちの体液は弱アルカリ性です。

動物性食品や精製穀物、加工食品などの酸性形成食品が中心の食事では、体液は酸性に傾くばかりか、その有害な代謝副産物が体液を汚染させ、毒血症を引き起こし、細胞を便秘状態にさせてしまうのです。

細胞の便秘が続いていると、次の状態に移行します。

【出典】「50代からの超健康革命」松田麻美子著

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサード・リンク



カテゴリー

『カイテキオリゴ』(赤ちゃんページ)

断食は究極のデトックス!

  1. 7. 「糖質を制限してケトン体エネルギーへ」の問題点

    間違った糖質制限食によるケトン体エネルギー産生は非常に危険な行為である。糖質で悪いのは、「ブドウ糖」…
  2. 6. ファスティング(断食)で産生される注目のエネルギー「ケトン体」

    ファスティング(断食)で産生される「ケトン体」3-ヒドロキシ酪酸は血液脳関門を通り、脳のエネルギーに…
  3. 5. ファスティング(断食)中のエネルギー源は何か?

    水しか飲まないファスティング(断食)をした場合、エネルギー源は炭水化物を代謝する解糖系からタンパク質…
  4. 3. ファスティングの人体への作用と医療効果|⑥ ファスティングによる様々な有効作用

    ファスティング(断食)には、a. 活性酸素の減少 b. ミトコンドリア系エネルギーの産生 c. ガン…
  5. 3. ファスティングの人体への作用と医療効果|⑤ ファスティング中の宿便と好転反応

    ファスティングすると、細胞便秘(毒素細胞=脂肪細胞や重金属、糖化物その他)がアポトーシスして崩壊物と…

ピックアップ記事

  1. 日本人は1日10g、年間にすると一人当たり3,650g(約4㎏)もの食品添加物の体内にとり込んでいる…
  2. マーガリン、ショートニング、ファットスプレッド等に含まれるトランス脂肪酸は殆んどプラスティックと同様…
  3. コーヒー浣腸など腸洗浄を薦めないのは、酵素阻害剤以上に大量の酵素を失い、その為寿命が縮む。全身のビタ…
  4. タバコの病気へのリスクというのは、直接煙を吸引する肺が機能低下したり、血流を阻害するだけでなく、一番…
  5. アブシジン酸などの酵素阻害物質は膵臓を過度に働かせ、その結果膵臓は疲弊し、やがてガン化していく。膵臓…
ページ上部へ戻る