唖然!死因の第一位は「医師による治療」…

【医者がストをすると死亡率が低下!?】

私たち、お医者さんを神様の様に思っている日本人にとって、衝撃的なデータがあります。外国のデータなのですが、お医者さんがストをすると死亡率が低下したというのです。

1,973年、イスラエルに医者のストが決行され、診察する患者の数が一日65,000人から、7,000に減らされました。ストは1ヶ月続きましたが、ストの期間中、死亡率が半減したというのです。


・果たして彼らは患者の助けとなっているのか?

1,976年、南米コロンビアの首都で、医者が52日間のストに突入し、緊急医療以外はいっさいの治療が行われなかったそうです。ストの期間中、死亡率が35%も低下したそうです。同じ年、ロサンゼルスでも医者がストライキを決行し、このときの死亡率の低下は18%だったそうです。

カリフォルニア大学の医療行政を研究する教授が、17の主要病院を調査したところ、ストの期間中、手術の件数が60%も減少していたことが明らかになりました。そしてストが終わって医療機器が再び稼働し始めると、死亡率はスト以前と同じ水準に戻ったそうです。以下、「50代からの超健康革命」松田 麻美子著よりご紹介します。

■死因の第一位は「医師による治療」

食事とライフスタイルを徹底的に変えさせることによって、様々な退行性疾患の改善に劇的成功を収め、今日アメリカのメディアで注目されているジョエル・ファーマン医学博士は、次ぎのように述べています。「薬の発明はこの世の最大の悲劇である。」

医者のしていることは、そのそも病気を引き起こしてしまったライフスタイルに対して、継続の許可を与えているようなものだ」言葉を換えれば、「さあ、これが高血圧症を隠してくれますから、これまでしてきたことを続けていても大丈夫ですよ」と言っているのも同然なのです。「但し、心臓発作で亡くなるまでは」という言葉を付け加えてあげたら、もっと親切です。

薬は、自然の警告システムを働かなくし、危険な行為(病気の根本原因である誤った生活習慣)を続けるように仕向けてしまうものです。人々が完全に健康になり、病気が減っていくのであれば話は別ですが、医学がいくら発達し、様々な薬が開発されても、病人は増え、医療費は天文学的にかさんでいく一方です。

実のところ、アメリカの最新の統計によると、医師の治療に起因する死亡者数は、少なく見積もっても年間783,936人にのぼり、心臓病死 699,697人(2,001年)、ガン死  553,251人(2,001年)を抜いて死因第一位に浮上しているといいます。

ちなみにアメリカの医学部の学生たちが薬理学の授業で最初に教えられることは、「すべての薬は有毒である」という教えです。

なお、誤解のないように、薬を使用すべき時もあることを記しておきます。心臓が停止してしまった時、癲癇の発作や骨折の痛みがひどく、眠れない夜が続き修復力が低下してしまった時、内臓破裂などの内出血やひどい喘息で呼吸停止の恐れがある時、バクテリア系の骨髄炎で脳に永久的なダメージの生じる恐れがある時などです。

【出典】「50代からの超健康革命」松田 麻美子著

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサード・リンク



カテゴリー

『カイテキオリゴ』(赤ちゃんページ)

断食は究極のデトックス!

  1. 7. 「糖質を制限してケトン体エネルギーへ」の問題点

    間違った糖質制限食によるケトン体エネルギー産生は非常に危険な行為である。糖質で悪いのは、「ブドウ糖」…
  2. 6. ファスティング(断食)で産生される注目のエネルギー「ケトン体」

    ファスティング(断食)で産生される「ケトン体」3-ヒドロキシ酪酸は血液脳関門を通り、脳のエネルギーに…
  3. 5. ファスティング(断食)中のエネルギー源は何か?

    水しか飲まないファスティング(断食)をした場合、エネルギー源は炭水化物を代謝する解糖系からタンパク質…
  4. 4. 酵素入りファスティング法

    鶴見隆史先生が薦めるファスティングは、最初の6~8日間は「梅干しファスティング」、その後は「梅干し+…
  5. 3. ファスティングの人体への作用と医療効果|⑥ ファスティングによる様々な有効作用

    ファスティング(断食)には、a. 活性酸素の減少 b. ミトコンドリア系エネルギーの産生 c. ガン…

ピックアップ記事

  1. パーマ、ヘアカラーはどちらも毒物。少なくとも近い将来子供を産む予定がある人は、子供の将来のためにもし…
  2. よく噛むことは、全身を活性化させるのに大変重要な働きをしています。このよく噛むことの効用について、学…
  3. 新建材や家具、壁紙、接着剤にはホルムアルデヒド、トルエン、キシレン、メチルベンゼン、木材の保存には有…
  4. アルミニウム調理器具は、西ドイツ、フランス、ベルギー、イギリス、スイス、ハンガリー、ブラジルなどで販…
  5. 口の中の粘膜吸収は経皮吸収のなんと約13倍もの毒物を吸収する。ラウリル硫酸ナトリウムやプロピレングリ…
ページ上部へ戻る