甘い物のとり過ぎと減塩食品は最悪の組み合わせ!(1)

私が白砂糖のとり過ぎの弊害について知ったのは、経営コンサルタントの一倉定氏の著書「正食と人体」からでした。

もう十年以上も前のこととなりますが、ある企業の経営に携わっていてその関係で色々な経営関係の書籍を読みました。

経営コンサルタントの方が食と健康に関する書籍を書いているのでどんなもんだろうと興味があって目を通したのですが、

『白砂糖とは、文明が作った危険な食物であり人類を滅ぼすものだ』

と断言されていました。

「正食と人体」では、砂糖の過食で起こる可能性のある疾患を下記のように列記されていました。

・糖尿病、低血糖症

・ひどい便秘 高カリウム血症は腸の蠕動をなくし、ひどい便秘を招く

・膠原病(リウマチ、SLEその他)

・肥満  ・高脂血症  ・脂肪肝

・心臓病 心臓病の殆どは白砂糖による相対的高カリウム血症が問題となる

short-cake07

・浮腫  ・子宮筋腫  ・月経困難症  ・不妊  ・婦人科疾患

・冷え症(微小循環不良) ・流産  ・めまい  ・メニエール氏病

・子宮内膜症  ・湿疹(アトピー) ・奇形児出現  ・全ての皮膚病

・アルツハイマー  ・老年痴呆  ・腎臓病、腎障害  ・肝障害、肝炎

・アレルギー性鼻炎 ・胃炎、腸炎、膵炎、肺炎、胆肝炎  ・ガン

・脳卒中  ・痔  ・脱疽  ・高血圧症

・関節炎その他全ての痛み  ・脱毛、白髪  ・膀胱炎  ・腎盂炎

・胆石、腎石  ・骨粗鬆症 ・白内障  ・緑内障

・気管支炎  ・菌血症  ・易感染症  ・水虫(白癬)

・耳なり  ・難聴  ・あらゆる神経疾患

つまり、砂糖のとり過ぎで以上のような(ありとあらゆる)疾患に結びついてゆくのです。

白砂糖のとり過ぎの弊害について色々な書物を調べていくうち、『白砂糖とは現代の麻薬である』という確信するに至りました。

砂糖、特に白砂糖は殆ど良いところがない、殆どありとあらゆる疾患を引き起こす可能性のある悪しき物質といっても過言ではありません。

ところで、減塩食品が幅を利かせ始めてから随分と時間が経ったように思います。

戦後まもなく発表されたダール博士のとんでもない統計報告とメーネリー博士のいい加減な実験データによって塩が悪者にされてしまったのでした。

現在では減塩食品は私たちの食生活に浸透しています。

また、白砂糖たっぷりの甘味に目のない方も多いことでしょう。

しかし、白砂糖の過多と自然海塩過少の組合せは最悪であり、血液の正常な組成を狂わせ、新陳代謝機能を滅茶苦茶にして、私たちを病苦に苦しませ、社会生活を大きく狂わせてしまうものです。

(つづく)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサード・リンク



カテゴリー

カイテキオリゴ

断食は究極のデトックス!

  1. 7. 「糖質を制限してケトン体エネルギーへ」の問題点

    間違った糖質制限食によるケトン体エネルギー産生は非常に危険な行為である。糖質で悪いのは、「ブドウ糖」…
  2. 6. ファスティング(断食)で産生される注目のエネルギー「ケトン体」

    ファスティング(断食)で産生される「ケトン体」3-ヒドロキシ酪酸は血液脳関門を通り、脳のエネルギーに…
  3. 5. ファスティング(断食)中のエネルギー源は何か?

    水しか飲まないファスティング(断食)をした場合、エネルギー源は炭水化物を代謝する解糖系からタンパク質…
  4. 3. ファスティングの人体への作用と医療効果|⑥ ファスティングによる様々な有効作用

    ファスティング(断食)には、a. 活性酸素の減少 b. ミトコンドリア系エネルギーの産生 c. ガン…
  5. 3. ファスティングの人体への作用と医療効果|⑤ ファスティング中の宿便と好転反応

    ファスティングすると、細胞便秘(毒素細胞=脂肪細胞や重金属、糖化物その他)がアポトーシスして崩壊物と…

ピックアップ記事

  1. 膠原病科や神経内科の「ステロイド漬け医療」に大きな疑問を持っています。ステロイド剤を多用され、若くし…
  2. 薬は全てではないが、酵素阻害作用を利用して薬物効果を発揮するものが多い。酵素阻害作用を持たない薬とさ…
  3. 抗ガン剤の大元は毒ガス(神経ガス)。抗ガン剤を使えば、ガン細胞も死ぬが正常細胞も死んでしまう。余病の…
  4. 人体はピュアな化学物質を受け付けない。西洋薬はピュアな化学物質であり、効く薬も効かない薬も、人体にと…
  5. 食品添加物が増加すると共にガン患者も相当な勢いで増加している。データとグラフで説明。薬品の複合使用は…
ページ上部へ戻る