砂糖のとり過ぎは毒、心身の歪みを生む(4) シミ、ソバカス

砂糖や単糖類・二糖類の取り過ぎ、それは肌にも現れてきます。

シミやほくろ、そばかすの多い女性が近頃多いのですが、これは砂糖の取り過ぎにより起こります。

余った糖類を体が外へ出そうとして、それが肌に黒いシミを作っていくのです。

夜のお水の商売の方、お肌にシミが満開で困っておられる方が結構いらっしゃるのではないかと思います。

仕事柄、アルコールをとらない訳にはいきません。

余分な糖類が体の外に押し出されて、お肌のシミとなって表われてきてるのです。

一種の職業病といえましょう。

neon01

しかし、甘いものをやめるのはつらいものです。

それならば、多糖類で甘みをとるようにしてはどうでしょうか。

多糖類の場合は砂糖などと違い、ブドウ糖に分解されるまで長い時間がかかります。

そのため、様々な悪影響がでません。

麦あめ、米あめ、精白していない甜菜糖、精製してない黒糖、メープルシロップなどの多糖類で甘味をとることをお薦めします。

嗜好品として甘味がないのは寂しいものです。

チョコレートやケーキなど、白い砂糖をつかったお菓子もたまならばいいでしょう。

でも、日常では単糖類・二糖類は避け、多糖類を使って甘味を取るようにしたいものです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサード・リンク



カテゴリー

カイテキオリゴ

断食は究極のデトックス!

  1. 2. ファスティング(断食)の効果|海外からの報告

    ガン治療には抗ガン剤や分子標的薬よりも、単に「絶食」した方が効果が高い。ロシアのゴリヤツンスク診療所…
  2. 1. ファスティング(断食)は病気治療の第一ステップ

    食生活が飽食になって細胞内便秘(細胞レベルでの代謝不良)となり、ガンなどあらゆる病気を呼び込んでいる…
  3. 断食は究極のデトックス法 体本来の自然治癒力を呼び覚ます

    人間の体は"生命を維持する"目的で、絶えず、消化、吸収、運搬、代謝、排出というプロセスを繰り返してい…

ピックアップ記事

  1. ガン治療には抗ガン剤や分子標的薬よりも、単に「絶食」した方が効果が高い。ロシアのゴリヤツンスク診療所…
  2. 花粉症は鼻の三大症状だけでなく、目の痒み、涙、充血等を伴う場合が多く、その他にノドや皮膚の痒み、下痢…
  3. 食生活が飽食になって細胞内便秘(細胞レベルでの代謝不良)となり、ガンなどあらゆる病気を呼び込んでいる…
  4. ジャンクフードやファーストフードを毎日食べ続けたときの災いは、次の二点。1. ビタミン、ミネラル、必…
  5. 喘息患者さんの多くは、窒息状態や呼吸困難などの症状を、大抵の場合、夜明けに経験する。ところが、花粉は…
ページ上部へ戻る