砂糖のとり過ぎは毒、心身の歪みを生む(4) シミ、ソバカス

砂糖や単糖類・二糖類の取り過ぎ、それは肌にも現れてきます。

シミやほくろ、そばかすの多い女性が近頃多いのですが、これは砂糖の取り過ぎにより起こります。

余った糖類を体が外へ出そうとして、それが肌に黒いシミを作っていくのです。

夜のお水の商売の方、お肌にシミが満開で困っておられる方が結構いらっしゃるのではないかと思います。

仕事柄、アルコールをとらない訳にはいきません。

余分な糖類が体の外に押し出されて、お肌のシミとなって表われてきてるのです。

一種の職業病といえましょう。

neon01

しかし、甘いものをやめるのはつらいものです。

それならば、多糖類で甘みをとるようにしてはどうでしょうか。

多糖類の場合は砂糖などと違い、ブドウ糖に分解されるまで長い時間がかかります。

そのため、様々な悪影響がでません。

麦あめ、米あめ、精白していない甜菜糖、精製してない黒糖、メープルシロップなどの多糖類で甘味をとることをお薦めします。

嗜好品として甘味がないのは寂しいものです。

チョコレートやケーキなど、白い砂糖をつかったお菓子もたまならばいいでしょう。

でも、日常では単糖類・二糖類は避け、多糖類を使って甘味を取るようにしたいものです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサード・リンク



カテゴリー

『カイテキオリゴ』(赤ちゃんページ)

断食は究極のデトックス!

  1. 7. 「糖質を制限してケトン体エネルギーへ」の問題点

    間違った糖質制限食によるケトン体エネルギー産生は非常に危険な行為である。糖質で悪いのは、「ブドウ糖」…
  2. 6. ファスティング(断食)で産生される注目のエネルギー「ケトン体」

    ファスティング(断食)で産生される「ケトン体」3-ヒドロキシ酪酸は血液脳関門を通り、脳のエネルギーに…
  3. 5. ファスティング(断食)中のエネルギー源は何か?

    水しか飲まないファスティング(断食)をした場合、エネルギー源は炭水化物を代謝する解糖系からタンパク質…
  4. 3. ファスティングの人体への作用と医療効果|⑥ ファスティングによる様々な有効作用

    ファスティング(断食)には、a. 活性酸素の減少 b. ミトコンドリア系エネルギーの産生 c. ガン…
  5. 3. ファスティングの人体への作用と医療効果|⑤ ファスティング中の宿便と好転反応

    ファスティングすると、細胞便秘(毒素細胞=脂肪細胞や重金属、糖化物その他)がアポトーシスして崩壊物と…

ピックアップ記事

  1. 膠原病科や神経内科の「ステロイド漬け医療」に大きな疑問を持っています。ステロイド剤を多用され、若くし…
  2. 薬は全てではないが、酵素阻害作用を利用して薬物効果を発揮するものが多い。酵素阻害作用を持たない薬とさ…
  3. 抗ガン剤の大元は毒ガス(神経ガス)。抗ガン剤を使えば、ガン細胞も死ぬが正常細胞も死んでしまう。余病の…
  4. 人体はピュアな化学物質を受け付けない。西洋薬はピュアな化学物質であり、効く薬も効かない薬も、人体にと…
  5. 食品添加物が増加すると共にガン患者も相当な勢いで増加している。データとグラフで説明。薬品の複合使用は…
ページ上部へ戻る