砂糖のとり過ぎは毒、心身の歪みを生む|シミ、ソバカスが満開に…

砂糖や単糖類・二糖類の取り過ぎ、それは肌にも現れてきます。シミやほくろ、そばかすの多い女性が近頃多いのですが、これは砂糖やアルコールなどのとり過ぎにより起こります。余った糖類を体が外へ出そうとして、それが肌に黒いシミを作っていくのです。

夜のお水の商売の方、お肌にシミが満開で困っておられる方が結構いらっしゃるのではないかと思います。仕事柄、アルコールをとらない訳にはいきません。余分な糖類が体の外に押し出されて、お肌のシミとなって表われてきてるのです。一種の職業病といえましょう。

しかし、甘いものをやめるのはつらいものです。それならば、多糖類で甘みをとるようにしてはどうでしょうか。多糖類の場合は砂糖などと違い、ブドウ糖に分解されるまで長い時間がかかります。そのため、様々な悪影響がでません。

麦あめ、米あめ、精白していない甜菜糖、精製してない黒糖、メープルシロップなどの多糖類で甘味をとることをお薦めします。嗜好品として甘味がないのは寂しいものです。チョコレートやケーキなど、白い砂糖をつかったお菓子もたまならばいいでしょう。でも、日常では単糖類・二糖類は避け、多糖類を使って甘味を取るようにしたいものです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサード・リンク



カテゴリー

『カイテキオリゴ』(赤ちゃんページ)

断食は究極のデトックス!

  1. 7. 「糖質を制限してケトン体エネルギーへ」の問題点

    間違った糖質制限食によるケトン体エネルギー産生は非常に危険な行為である。糖質で悪いのは、「ブドウ糖」…
  2. 6. ファスティング(断食)で産生される注目のエネルギー「ケトン体」

    ファスティング(断食)で産生される「ケトン体」3-ヒドロキシ酪酸は血液脳関門を通り、脳のエネルギーに…
  3. 5. ファスティング(断食)中のエネルギー源は何か?

    水しか飲まないファスティング(断食)をした場合、エネルギー源は炭水化物を代謝する解糖系からタンパク質…
  4. 4. 酵素入りファスティング法

    鶴見隆史先生が薦めるファスティングは、最初の6~8日間は「梅干しファスティング」、その後は「梅干し+…
  5. 3. ファスティングの人体への作用と医療効果|⑥ ファスティングによる様々な有効作用

    ファスティング(断食)には、a. 活性酸素の減少 b. ミトコンドリア系エネルギーの産生 c. ガン…

ピックアップ記事

  1. 興奮毒性とは、グルタミン酸ナトリウムやアスパルテームなどの興奮性のある神経伝達物質による過剰な刺激に…
  2. 果菜であるキュウリ、ピーマン、トマト、ナス、オクラ、カボチャの下ごしらえのポイントについて簡単にまと…
  3. 下ごしらえによる毒だし・デトックスの方法(アク抜き、アク取り、さらす、板ずり)、効果について簡単にま…
  4. TBZ(チアベンダゾール)は、海外から輸入されるグレープフルーツ、レモン、オレンジ、バナナなどの輸入…
  5. 青梅の絞り汁を濃縮した梅肉エキスは、消化器いっさいの妙薬です。強力な働きをもっており、昔からの家庭薬…
ページ上部へ戻る