私たちが日頃よく食べているものに卵があります。

鶏肉は肉類の中では一番安いので、比較的食べる方です。

人は「その人が日頃食べているものの如くなる」と言われます。

ある食べ物を食べるということは、そのものが持っている固有の波動を自分の体にとり込んでいくということになります。

鶏の鳴き声は甲高くけたたましいですし、卵には硬い殻があります。

鶏肉と卵をとり過ぎるとどういうことになるのでしょうか?

以下、「THE マクロビオティック」(p59~)久司 道夫著 “両極端な食べ物の作用 鶏肉と卵”よりご紹介します。

● 鶏肉

鶏肉は、カラダを堅く引き締め硬直させ、中でも筋肉・骨・神経に影響を与えます。

背中上部が丸まって、肩甲骨が引き締まって堅くなり、喉や首の部分に脂肪が溜まり、甲状腺疾患の原因となります。

末端部の硬直が進行し、関節の腫れと痛みが起こり、やがて手足の指がくの字状に変形し、関節炎を引き起こします。

長期間に渡って鶏肉を食べると、よろよろした細い足・過剰なまばたき・とがった鼻・チック症状・痙攣といった発作的動作が頻繁に見られるようになります。

niwatori01

鶏肉を食べると、精神面では、夫を尻に敷き、物事の詳細や取るに足らないことにこだわり、人生観が狭く断片的になるなどの影響が見られます。

●卵

卵は、人間が口にする食べ物の中で、最も濃縮されたものの一つで、極度の収縮性エネルギーを持っています。

卵を食べ過ぎると、卵巣・前立腺・肝臓・その他の生命維持に不可欠な臓器を硬化させ、嚢胞・腫瘍・がんになる危険性をもたらします。

エネルギー的観点からは、卵を沢山食べる人は、自分の周囲に振動性の殻を張り巡らせ、他人との意思疎通が下手となります。

卵を食べ過ぎると、丁度ヒナが卵をくちばしで叩いて割るように、発疹などが噴出してくることもあります。

卵は、左脳に強力な分析的・理性的能力をもたらすので、科学者・数学者・チェスする人は、一般に頭でっかち(卵頭)と呼ばれています。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサード・リンク



カテゴリー

『カイテキオリゴ』

断食は究極のデトックス!

  1. 7. 「糖質を制限してケトン体エネルギーへ」の問題点

    間違った糖質制限食によるケトン体エネルギー産生は非常に危険な行為である。糖質で悪いのは、「ブドウ糖」…
  2. 6. ファスティング(断食)で産生される注目のエネルギー「ケトン体」

    ファスティング(断食)で産生される「ケトン体」3-ヒドロキシ酪酸は血液脳関門を通り、脳のエネルギーに…
  3. 5. ファスティング(断食)中のエネルギー源は何か?

    水しか飲まないファスティング(断食)をした場合、エネルギー源は炭水化物を代謝する解糖系からタンパク質…
  4. 3. ファスティングの人体への作用と医療効果|⑥ ファスティングによる様々な有効作用

    ファスティング(断食)には、a. 活性酸素の減少 b. ミトコンドリア系エネルギーの産生 c. ガン…
  5. 3. ファスティングの人体への作用と医療効果|⑤ ファスティング中の宿便と好転反応

    ファスティングすると、細胞便秘(毒素細胞=脂肪細胞や重金属、糖化物その他)がアポトーシスして崩壊物と…

ピックアップ記事

  1. 本マグロの可食部はせいぜい60%程度で、脂が一番多くのっているトロは少ないのが普通。最高級のクロマグ…
  2. 殆どのコーヒーフレッシュが菜種油などの植物性油脂を主原料としたもので、決して本物のミルクではないもの…
  3. 食品添加物が増加すると共にガン患者も相当な勢いで増加している。データとグラフで説明。薬品の複合使用は…
  4. 沖縄県民が長寿だった頃は、大豆食品の摂取量は世界一であり、そのためか乳ガン、前立腺ガン、大腸ガン、卵…
  5. BHA(ブチルヒドロキシアニソール)とBHT(ブチルヒドロキシトルエン)は、油脂、バター、魚介乾製品…
ページ上部へ戻る