鶏肉と卵のとり過ぎは毒…

鶏肉と卵のとり過ぎは毒…

私たちが日頃よく食べているものに卵があります。

鶏肉は肉類の中では一番安いので、比較的食べる方です。

人は「その人が日頃食べているものの如くなる」と言われます。

ある食べ物を食べるということは、そのものが持っている固有の波動を自分の体にとり込んでいくということになります。

鶏の鳴き声は甲高くけたたましいですし、卵には硬い殻があります。

鶏肉と卵をとり過ぎるとどういうことになるのでしょうか?

以下、「THE マクロビオティック」(p59~)久司 道夫著 “両極端な食べ物の作用 鶏肉と卵”よりご紹介します。

● 鶏肉

鶏肉は、カラダを堅く引き締め硬直させ、中でも筋肉・骨・神経に影響を与えます。

背中上部が丸まって、肩甲骨が引き締まって堅くなり、喉や首の部分に脂肪が溜まり、甲状腺疾患の原因となります。

末端部の硬直が進行し、関節の腫れと痛みが起こり、やがて手足の指がくの字状に変形し、関節炎を引き起こします。

長期間に渡って鶏肉を食べると、よろよろした細い足・過剰なまばたき・とがった鼻・チック症状・痙攣といった発作的動作が頻繁に見られるようになります。

niwatori01

鶏肉を食べると、精神面では、夫を尻に敷き、物事の詳細や取るに足らないことにこだわり、人生観が狭く断片的になるなどの影響が見られます。

●卵

卵は、人間が口にする食べ物の中で、最も濃縮されたものの一つで、極度の収縮性エネルギーを持っています。

卵を食べ過ぎると、卵巣・前立腺・肝臓・その他の生命維持に不可欠な臓器を硬化させ、嚢胞・腫瘍・がんになる危険性をもたらします。

エネルギー的観点からは、卵を沢山食べる人は、自分の周囲に振動性の殻を張り巡らせ、他人との意思疎通が下手となります。

卵を食べ過ぎると、丁度ヒナが卵をくちばしで叩いて割るように、発疹などが噴出してくることもあります。

卵は、左脳に強力な分析的・理性的能力をもたらすので、科学者・数学者・チェスする人は、一般に頭でっかち(卵頭)と呼ばれています。

スポンサード・リンク


関連情報

  1. 肉類のとり過ぎは、高血圧や心臓病、脳卒中やガンを惹き起こす
  2. 肉食、脂肪のとり過ぎは要注意
  3. 肉のとり過ぎはガンなど生活習慣病を引き寄せる
  4. タンパク質のとり過ぎは腸内腐敗の大元!
  5. 人間より体温の高い動物の肉は血を汚す(2)
  6. 人間より体温の高い動物の肉は血を汚す(1)
  7. 脂肪はあなたを早く老化させる
  8. タンパク質は不足していない–ガン・心臓病の最大の原因とは?
  9. タンパク質は植物性がベター(4) 動物性蛋白質は獣性をとり込む…
  10. タンパク質は植物性がベター(3) 玄米は栄養と生命力の宝庫


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

■猛烈に毒だしする砂療法

砂療法の絶大な毒だし効果


砂の中に首だけ出して、ただ入っているだけで、猛烈な毒素が出て素晴らしい効果をもたらします。


結核やガンなどで治りにくいものでも、大変効果があります。 その他、
・神経痛、リウマチ、腰や肩の痛み 
特に皮膚病にも効果てきめんです。 どんな病気でもよくないというものはなく、非常に安全な療法です。


■断食は究極のデトックス!

断食は体本来の自然治癒力を呼び覚ます


現代人は悪い食事や環境汚染によって多くの有害物質が体内に蓄積しています。


解毒・排泄の仕事を担当する腸や肝臓などの臓器はオーバーワークを繰り返して疲労困憊の様相を呈しています。


断食することによってリセットされた内臓は、確実に機能がアップします。 解毒力が向上し栄養素の吸収力も高まっていきます。


オーストラリアFX