サイトの主旨(何故、毒出し・デトックス)

現代社会では、わたしたちの日常生活には心身の健康を脅かす害あるものに溢れています。

車の排気ガスや塩素消毒された水道水、残留農薬入りの野菜や有害金属、ダイオキシンなどの有害化学物質や食品添加物満載の加工食品など…。

さらに最近は、女性のみならず男性もたしなむ化粧品等。しかし、それらばかしではありません。

私たちが日頃慣れ親しんでいる食習慣の中にも、実は、心身の健康を脅かすものがあります。

肉のとり過ぎるとガンなどの生活習慣病にかかりやすくなります。また、牛乳のとり過ぎは骨粗鬆症につながります。精製された砂糖をとり過ぎると女性性が著しく劣化するなど、数え切れない弊害があります。マーガリンなどの硬化油もよくありませんが、これらのことが話題に上ることはごく稀です。

病気は一つ。細胞レベルでの新陳代謝不良が色々な病気を引き起こすと言われています。(毒血症理論)細胞レベルの新陳代謝不良には食生活の及ぼす影響が大きいのです。

毒だし・デトックス健康法.comでは、

1. 健康を害する毒素にはどんなものがあるか?
2. それらの毒素による弊害は?
3. それらから健康を守るための毒だし・デトックス法

について、色々な書籍などを基に情報発信します。

『三つ子の魂、百までも』と言います。小さい頃に慣れ親しんだ味覚が大人になってから美味しいと感じる味覚になります。私たちの脳裏に沁み込んだ味覚から自由になるには、意志力と忍耐力が必要です。

このサイトが皆さんの心身の健康増進に役立つことを心から願っております。

スポンサード・リンク



カテゴリー

スポンサード・リンク



断食は究極のデトックス!

  1. 7. 「糖質を制限してケトン体エネルギーへ」の問題点

    間違った糖質制限食によるケトン体エネルギー産生は非常に危険な行為である。糖質で悪いのは、「ブドウ糖」…
  2. 6. ファスティング(断食)で産生される注目のエネルギー「ケトン体」

    ファスティング(断食)で産生される「ケトン体」3-ヒドロキシ酪酸は血液脳関門を通り、脳のエネルギーに…
  3. 5. ファスティング(断食)中のエネルギー源は何か?

    水しか飲まないファスティング(断食)をした場合、エネルギー源は炭水化物を代謝する解糖系からタンパク質…
  4. 3. ファスティングの人体への作用と医療効果|⑥ ファスティングによる様々な有効作用

    ファスティング(断食)には、a. 活性酸素の減少 b. ミトコンドリア系エネルギーの産生 c. ガン…
  5. 3. ファスティングの人体への作用と医療効果|⑤ ファスティング中の宿便と好転反応

    ファスティングすると、細胞便秘(毒素細胞=脂肪細胞や重金属、糖化物その他)がアポトーシスして崩壊物と…

ピックアップ記事

  1. 本マグロの可食部はせいぜい60%程度で、脂が一番多くのっているトロは少ないのが普通。最高級のクロマグ…
  2. 殆どのコーヒーフレッシュが菜種油などの植物性油脂を主原料としたもので、決して本物のミルクではないもの…
  3. 食品添加物が増加すると共にガン患者も相当な勢いで増加している。データとグラフで説明。薬品の複合使用は…
  4. 沖縄県民が長寿だった頃は、大豆食品の摂取量は世界一であり、そのためか乳ガン、前立腺ガン、大腸ガン、卵…
  5. BHA(ブチルヒドロキシアニソール)とBHT(ブチルヒドロキシトルエン)は、油脂、バター、魚介乾製品…
ページ上部へ戻る