過去の記事一覧

  • 甘い物のとり過ぎと減塩食品は最悪の組み合わせ!

    白砂糖の過多と自然海塩過少の組合せは最悪であり、血液の正常な組成を狂わせ、新陳代謝機能を滅茶苦茶にして、私たちを病苦に苦しませ、社会生活を大きく狂わせてしまう。
  • 砂糖中毒・砂糖依存症に御用心|砂糖は現代の麻薬!

    砂糖の甘さは大変刺激的です。その砂糖が曲者なのです。砂糖をとり過ぎると、女性性は劣化し、血液は酸性化しあらゆる病気の温床となり、心も蝕まれてきます。そして何よりも怖いことに、研究により動物実験で、砂糖に麻薬なみの依存性があることが明らかにもなってきました。砂糖(白砂糖など単糖類・二糖類)は正に『現代の魔薬』なのです。
  • リフレクソロジー(手足のつぼマッサージ)による毒だし・デトックス

    リフレクソロジーとは、手や足に全身の器官、臓器が反射投影されており、反射区を刺激することにより身体の本来持つ自然治癒力をたかめる健康法である。リフレクソロジーを受ける際の注意事項もまとめた。
  • 牛乳は果たして健康食品か?|牛乳神話について考える

    牛乳は非常に良いカルシウム源だから、骨を丈夫にするために牛乳を沢山飲みなさいと言われます。しかし、牛乳を飲むと骨が丈夫になるというのは全くのウソです。乳製品業界に宣伝に洗脳されて、ウッカリと牛乳を飲み続けると、アレルギーをはじめとして鼻炎、消化不良、片頭痛、乳ガン、前立腺ガン、大腸ガン、慢性関節リウマチなど様々な病気に悩まされることになります。牛乳の弊害についてまとめました。
  • 治りにくい病気は生活習慣病

    治りにくい病気は生活習慣病であり、日々の食生活の積み上げによるもの。日頃頂く食べ物についても、酸とアルカリ、陰と陽といった両者の調和が崩れると、病気となる。病気は不幸ではなく、むしろ不自然な生活や生き方に気づかせてくれたのだから、幸せを育てるための、またとないチャンスと捉えることも出来る。
  • 細胞が活発になれば、病気は治る|決め手は日頃の食生活

    細胞の働きが鈍くなると、毒素も排出できなければ、栄養補給もできなくなり、病気となる。細胞の動きを活発にするには血液サラサラが不可欠。食生活が欧米化し、日本人の血液はドロドロの方が多くなっている。
  • 「食品添加物が安全」は本当か?

    食品添加物には、発ガン性やアレルギー性などの危険性を伴うものが少なからずあり、私たちが日頃口にする食品、歯磨きやシャンプー、石鹸などの日用品に非常に幅広く使われています。日本は世界的に見ても食品添加物に対する規制が緩く、政府は「私たち国民一人一人の身体を使って、食品添加物に対する影響を検証するために、壮大な人体実験を行っている」という見方も出来ます。食品添加物に関する安全性上の問題点、避けたい食品添加物とそれらの危険性、食品添加物の危険から身を守るポイントについてまとめました。
  • 毒だし・デトックスするとこんな体が実現

    毒だし・デトックスの様々なメリット、効率よくダイエットができる、シワを伸ばして肌をよみがえらせる、生活習慣病を予防する、活性酸素を除去し、免疫力を向上させる、ホルモンバランスが改善される、腸が元気になる=体は常に快調 について簡単にまとめました。
  • タンパク質のとり過ぎは腸内腐敗の大元!

    余剰なタンパク質は、フェノール、硫化水素、アンモニア、アミン、ヒスタミン、インドール、スカトール、活性酸素といった発ガン性の高い毒物となって全身に吸収され、各臓器や組織に非常に悪影響を与える。アレルギーや肩凝り、腰痛、膝痛の原因となる。血液は酸性化し、中和のために体内のカルシウムが消費され、骨粗鬆症や腎尿路結石の原因となる。
  • ブラックジンガー玄米の抜群の毒だし・デトックス力

    黒炒り玄米は無農薬の玄米を黒く炒ったもので、玄神とか玄心とか呼ばれています。細胞に活力をつけ酸素も廻しますから神経も楽になり、活発に働き出し、心臓病、肝臓病、腎臓病、糖尿病、リウマチ、神経痛、膠原病、冷え性、内臓下垂、ガンなど、難病にも大きな助けをしてくれるといわれています。この黒炒り玄米が豊蔵康博氏の開発したホロニックス・テクノロジーとよばれる特殊製法でブラックジンガー玄米として製品化されました。

スポンサード・リンク



カテゴリー

スポンサード・リンク



断食は究極のデトックス!

  1. 7. 「糖質を制限してケトン体エネルギーへ」の問題点

    間違った糖質制限食によるケトン体エネルギー産生は非常に危険な行為である。糖質で悪いのは、「ブドウ糖」…
  2. 6. ファスティング(断食)で産生される注目のエネルギー「ケトン体」

    ファスティング(断食)で産生される「ケトン体」3-ヒドロキシ酪酸は血液脳関門を通り、脳のエネルギーに…
  3. 5. ファスティング(断食)中のエネルギー源は何か?

    水しか飲まないファスティング(断食)をした場合、エネルギー源は炭水化物を代謝する解糖系からタンパク質…
  4. 4. 酵素入りファスティング法

    鶴見隆史先生が薦めるファスティングは、最初の6~8日間は「梅干しファスティング」、その後は「梅干し+…
  5. 3. ファスティングの人体への作用と医療効果|⑥ ファスティングによる様々な有効作用

    ファスティング(断食)には、a. 活性酸素の減少 b. ミトコンドリア系エネルギーの産生 c. ガン…

ピックアップ記事

  1. パーマ、ヘアカラーはどちらも毒物。少なくとも近い将来子供を産む予定がある人は、子供の将来のためにもし…
  2. よく噛むことは、全身を活性化させるのに大変重要な働きをしています。このよく噛むことの効用について、学…
  3. 新建材や家具、壁紙、接着剤にはホルムアルデヒド、トルエン、キシレン、メチルベンゼン、木材の保存には有…
  4. アルミニウム調理器具は、西ドイツ、フランス、ベルギー、イギリス、スイス、ハンガリー、ブラジルなどで販…
  5. 口の中の粘膜吸収は経皮吸収のなんと約13倍もの毒物を吸収する。ラウリル硫酸ナトリウムやプロピレングリ…
ページ上部へ戻る