タグ:安全

  • 「食品添加物が安全」は本当か?

    食品添加物には、発ガン性やアレルギー性などの危険性を伴うものが少なからずあり、私たちが日頃口にする食品、歯磨きやシャンプー、石鹸などの日用品に非常に幅広く使われています。日本は世界的に見ても食品添加物に対する規制が緩く、政府は「私たち国民一人一人の身体を使って、食品添加物に対する影響を検証するために、壮大な人体実験を行っている」という見方も出来ます。食品添加物に関する安全性上の問題点、避けたい食品添加物とそれらの危険性、食品添加物の危険から身を守るポイントについてまとめました。
  • 「食品添加物が安全」は本当か?

    一つは、検査期間が短過ぎること。期間は28日、90日、長くても1年間の三種類のデータだけで何年も何十年も摂取し続けた場合のことは解っていないこと。もう一つの懸念は、すべての検査が単品で行なわれていること。薬品の複合使用は思いもよらぬ毒性を発揮することがあるから。

スポンサード・リンク



カテゴリー

スポンサード・リンク



断食は究極のデトックス!

  1. 7. 「糖質を制限してケトン体エネルギーへ」の問題点

    間違った糖質制限食によるケトン体エネルギー産生は非常に危険な行為である。糖質で悪いのは、「ブドウ糖」…
  2. 6. ファスティング(断食)で産生される注目のエネルギー「ケトン体」

    ファスティング(断食)で産生される「ケトン体」3-ヒドロキシ酪酸は血液脳関門を通り、脳のエネルギーに…
  3. 5. ファスティング(断食)中のエネルギー源は何か?

    水しか飲まないファスティング(断食)をした場合、エネルギー源は炭水化物を代謝する解糖系からタンパク質…
  4. 4. 酵素入りファスティング法

    鶴見隆史先生が薦めるファスティングは、最初の6~8日間は「梅干しファスティング」、その後は「梅干し+…
  5. 3. ファスティングの人体への作用と医療効果|⑥ ファスティングによる様々な有効作用

    ファスティング(断食)には、a. 活性酸素の減少 b. ミトコンドリア系エネルギーの産生 c. ガン…

ピックアップ記事

  1. パーマ、ヘアカラーはどちらも毒物。少なくとも近い将来子供を産む予定がある人は、子供の将来のためにもし…
  2. よく噛むことは、全身を活性化させるのに大変重要な働きをしています。このよく噛むことの効用について、学…
  3. 新建材や家具、壁紙、接着剤にはホルムアルデヒド、トルエン、キシレン、メチルベンゼン、木材の保存には有…
  4. アルミニウム調理器具は、西ドイツ、フランス、ベルギー、イギリス、スイス、ハンガリー、ブラジルなどで販…
  5. 口の中の粘膜吸収は経皮吸収のなんと約13倍もの毒物を吸収する。ラウリル硫酸ナトリウムやプロピレングリ…
ページ上部へ戻る