タグ:砂糖依存症

  • 砂糖中毒・砂糖依存症に御用心|砂糖は現代の麻薬!

    砂糖の甘さは大変刺激的です。その砂糖が曲者なのです。砂糖をとり過ぎると、女性性は劣化し、血液は酸性化しあらゆる病気の温床となり、心も蝕まれてきます。そして何よりも怖いことに、研究により動物実験で、砂糖に麻薬なみの依存性があることが明らかにもなってきました。砂糖(白砂糖など単糖類・二糖類)は正に『現代の魔薬』なのです。
  • 砂糖の代替品で砂糖離れを!

    白砂糖の過剰はビタミン不足、ミネラル不足と共に、細胞にも神経にもマイナスになる。殊に、カルシウムが不足すると、神経をイラつかせ、感情のアンバランスを起こしやすく、また、骨や爪等が脆くなる。砂糖代替糖の黒砂糖やハチミツ、羅漢果糖で砂糖中毒を回避しよう。
  • 砂糖中毒・依存症は深刻|女性性が非常に劣化する

    砂糖中毒・砂糖依存症による弊害は深刻です。女性性が非常に劣化します。 母胎への弊害として、① 子宮、卵巣の発育不良 ② 子宮の収縮力減退 ③ 妊娠期間の延長 ④ 羊水過少症の発現 ⑤ 流産、早産の激増 等が挙げられます。
  • 砂糖中毒・依存症は深刻|砂糖の過食で起こる可能性のある疾患

    砂糖の過食には強酸性として害と極陰性としての害あり、砂糖の過食で起こる可能性のある疾患は、糖尿病・低血糖症 ・ひどい便秘 ・膠原病(リウマチ、SLEその他)・肥満 ・高脂血症・脂肪肝・心臓病 ・ 浮腫・ 子宮筋腫 ・月経困難 ・不妊 ・婦人科疾患 ・冷え性 ・流産 ・めまい ・メニエール氏病・子宮内膜症 ・湿しん(アトピー)・奇形児出現 ・全ての皮膚病 ・アルツハイマー ・老年痴呆・腎臓病、腎障害 ・肝障害、肝炎 ・アレルギー性鼻炎 ・胃炎、腸炎、膵炎、肺炎、胆肝炎・癌・脳卒中・痔・脱疽・高血圧症・関節炎その他全ての痛み・脱毛、白髪・膀胱炎・腎盂炎・胆石、腎石・骨粗鬆症・白内障・緑内障・気管支炎・菌血症・易感染症・水虫(白癬)・歯槽膿漏、虫歯・蓄膿症・中耳炎・外耳炎・耳鳴り・難聴・あらゆる神経疾患・パーキンソン氏病など数え切れない
  • 砂糖中毒・依存症による恐怖の体験談 “シュガーブルース”

    「シュガーブルース」は、著者ダフティが自分自身の体験から、砂糖のとり過ぎ・中毒によって引き起こされる様々な精神的・肉体的苦痛の実体と原因を述べた書籍。砂糖中毒・依存症にかかり、どんなひどい苦しみを味わってきたかを告白てしているものだけに、大変な説得力がある。
  • 砂糖中毒・砂糖依存症からの脱却は白澤式ケトン食朝のジュースから

    砂糖中毒・砂糖依存症からの脱却は白澤式ケトン食朝のジュースから始めましょう。ご紹介する5つのジュースは、どれも血糖値を上昇させにくい割に、必要な糖分や身体に有効な成分はしっかりと補給できる優れたレシピです。アボガドのわかめジュース、グレープフルーツのトマトジュース、オレンジのブルーベリージュース、トマトと麹ジャムのジュース、オレンジ甘酒ジュースがあります。
  • 砂糖病|砂糖は現代の麻薬、砂糖中毒・砂糖依存症の惨禍

    砂糖とり過ぎによる弊害は、肺結核、糖尿病、心臓病一切、冠状動脈硬化症、脳腫瘍、胆嚢炎、壊血病、低血圧、喘息、盲腸炎、骨粗鬆症、発作性頻拍症、各種アレルギー、慢性ジンマシン、神経性皮膚炎、虫歯、テンカン、ヒステリー、腎臓病、便秘、痔、眼病、中耳炎、蓄膿症、歯槽膿漏、うつ病、集中力低下、記憶力低下等数え切れない

スポンサード・リンク



カテゴリー

スポンサード・リンク



ページ上部へ戻る